【礼二郎のつぶやき】

シンクロニシティ

最後の蓋がようやく開いた。

長いこと鍵穴にこれで間違いないと信じてた鍵を突っ込んでガチャガチャ回していたのに惜しい感じで鍵が開かなかったのが、ひょっとした瞬間にカチリと嵌まってカチャというどんな素敵な音楽よりも気持ちの良い音がして鍵が回る、そんな感覚だった。

『オー!ファーザー』を読み始めて一ヶ月。今日やっとクライマックスに到達。その数ページを読んでいる時に味わった感覚。

たかが小説だが、不思議なことに必要な時に必要な内容の小説に出逢い、そこで体験した通りの出来事が実際に起こったり、塞ぎこんでいた気分がパアッと明るくなり色んなことがスムーズに運ぶようになったりすることがよくある。

まさに、『シンクロニシティ』と『自己啓発』。

蓋が開いた、とは別に人生に対して悟りを開いたとかの壮大な話ではなく、公演体勢に入ってからというもの日常業務にも支障をきたすほどの異常な精神状態に長らく陥っていたけれど、それもこれも愉しいからやっているはずのことなのに本末転倒して変な義務感や焦燥感ばかりが気持ちの殆どを占め、周りから『大変でしょう』『お忙しいでしょう』『お疲れのところ』と労いの言葉を掛けられれば掛けられるほど『そうだよな、大変なんだよな、どうしよう、、、
』と自己暗示にかかり、絶えずヒリヒリとした痛みに似た感覚に苛まれるようになっていた。

『それが、どうした?悲劇のヒロインぶってる人ほど周りから見て痛々しい存在はいないぞ、愉しいからやってるんだったら楽しんでやれよ!ま、自分だけが楽しくて済むんだったら楽しんでやれよ、の忠告だけで良いけど、関わる人達も楽しんでもらい観に来て下さるお客様に満足して頂くためだったら、沢山の犠牲や苦労は当たり前だろうが!何を甘えてるんだ!』ともう一人の自分が開いた蓋の中でワアワア叫んでいた。

小説自体はそんな内容では無いのに、おそらく主人公の少年の心の葛藤が文章化されていることが多かったのがこんな示唆に繋がったのだろう。

今回のプロジェクトは、本当に沢山の気付きや自分の中での淘汰が多い。長らく一貫性の無さをコンプレックスに感じているのにも関わらず直せずに居たが、これを機にどうしても直したく手始めに振付を始めてから曲を絶対に変更しないという誓いを立て、それを現状頑なに守っている。メンバーからは『どうせまた気が変わって曲変えるんでしょ?』と声が上がったりするけれど、『そうかもね』と答えつつ心の中では『期待を裏切ってごめんなさい。絶対に変えませんからこの曲に全力を注ぎ込んでくださいね。』と考えている。

そもそも、曲を選ぶに際し、従来の『一人っ子にありがちな自分の中だけでの閃き』を優先していないことが、曲を変更しない大きな理由の一つでもある。その曲を踊るメンバー一人一人の顔を思い出し動きの癖を反芻しながら一つのナンバーを決める前に10曲以上の候補曲を聴き込んでから決めているので変更することの方がおかしいのだ。

前日徹夜で振付を考えてリハに臨むというケースも殆ど無いことも進歩の一つ。早め早めに構成・振付を考え、いざ振付する場では普段のレッスンを進行している時と同じような精神状態でメンバーに振りを渡せる。

まぁ、そうやって効率良く準備をしていても知らず知らず疲れが溜まってイッパイイッパイになってしまうのは仕方のないことなんだろうけれど、そこは一人っ子の特権『駄目な自分への羞恥心が異常に高い』(言い換えるとただのエエカッコしいw)のお陰で今回のような気付きを自ら手繰り寄せる結果になる。

幼い頃から『他人を変えようと思うな。どうしても他人を変えたいのならまずは自分が変われ。しかし、そうやって自分が変わったって何一つ偉くはない。それをいつも肝に命じて生きてゆきなさい。』と教えを受けてきたので、人生の殆どが自己解決で成り立っていると言っても過言ではない。

ただ、理想はその自己解決をこうやって文章化し、『お父さん、お母さん、僕こんなこと出来るようになったよ!』と逐一報告しておるような幼さを早く卒業したいのだが。

まだまだ道は遠い。



今日はなんだかエッセイのような文体になってしまいました。内容もお恥ずかしい限りです。でもこんな風に自分を整理できる長距離移動dayの金曜日を有り難く感じています。皆様、愉しい週末をお過ごし下さい。

画像は現在Bunkamuraで開催されている展覧会。来週やっと行けるのが今から楽しみです。
a0052916_16074760.jpg


by reijiro_kaneko | 2017-03-24 15:54
<< 『あるキング』 4月のstudio CASTの振付は >>



ダンサー兼インストラクター『金子礼二郎』が気ままに呟いています。
カテゴリ
タグ
最新のコメント
うーん、怪我ですか。心配..
by Annie at 14:33
yukiさん ほん..
by reijiro_kaneko at 12:10
慣れです、慣れ。 がんば..
by yuki at 11:49
ハニョポンタさん ..
by reijiro_kaneko at 22:59
昨夜アバターを観てきまし..
by ハニョポンタ at 13:29
ふぁるさん 初めま..
by reijiro_kaneko at 12:41
初めましてです。 私も..
by ふぁる at 02:15
ひさえさん おー!..
by reijiro_kaneko at 23:54
H先生、以前カザミアで受..
by ひさえ at 15:03
美保子さん とても..
by reijiro_kaneko at 11:23
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧