【礼二郎のつぶやき】

想う日々

思考が絡まって胸焼けに似た感覚がずっと続いている。不用意に触れられると飛び上がるぐらい痛みに似た感覚を覚える。何をしている間もぼんやりとしているのではなく常に濃厚な多種の思考に取り巻かれて不意に現実が戻るとかなりの長距離を歩いていたことに気付く。

しかしそんな異常な時間もあと2ヶ月足らずで終わってしまう。

終わらせたい、と願う気持ちと、終わらせたくない気持ちが葛藤している。

絶えず新しい刺激が訪れて、そんなものに甘んじてはならないと背中をグイグイと押す。ならばと気を入れ立ち向かおうとすると、遥か彼方で理想は嘲るようにヒラヒラと舞う。

誰に頼まれた訳でもなく、自らの意志でそうしようと決めたのに、どうしてこんなことをやっているのか馬鹿らしくなることが一日に何度もある。

まだまだ弱いなぁ…と情けなくなり、こんな弱音を吐かずしてクールを装っていとも簡単にサラリと80分の大作が産み出せたら相当カッコいいな…と憧れるが、残念ながらその境地は生きてる間には辿り着けないだろうなぁと分かっている。

今はリハーサルで頑張ってくれているメンバーの真摯な在り方と楽しみにして下さっているお客様の声と日々の仕事でのささやかな達成感だけが心の支え。

とは言うけど、それだけあれば十分。どころかとても幸せなこと。

先日、公演に出演して下さる御方の舞台を観てきて、この堂々巡りの思考に良い意味で喝が入った。前作があまりにも音楽的色彩的で心地好く台詞の意味を噛み締めずとも夢見心地で鑑賞できたのに対して、今回の作品はお芝居直球勝負。日頃台詞を追うことに慣れていない耳には少々辛い1時間15分。夢見心地でなんて鑑賞できないけれど深々と降り積もる雪のように種々雑多な感覚が心の底に沈着していった。

初日の後で相当お疲れだと思うのに主宰がその日の夜電話をくれた。歯に衣着せず言いたいことを伝えた。彼の想い、僕の想い、人が違うのだから相容れなくて当たり前。しかし、幾つもの共通点を見出だせて非常に興奮した。

どうして彼はあの作品を手掛けたのか、そして僕はどうしてこの作品を創っているのか、ようやくトンネルの先に光が見えてきた。

やはり僕は幸せだ。そう確信した。
a0052916_17140578.jpg


by reijiro_kaneko | 2018-04-22 17:13
<< PV公開! 5月のジャズダンスは >>



ダンサー兼インストラクター『金子礼二郎』が気ままに呟いています。
カテゴリ
タグ
最新のコメント
うーん、怪我ですか。心配..
by Annie at 14:33
yukiさん ほん..
by reijiro_kaneko at 12:10
慣れです、慣れ。 がんば..
by yuki at 11:49
ハニョポンタさん ..
by reijiro_kaneko at 22:59
昨夜アバターを観てきまし..
by ハニョポンタ at 13:29
ふぁるさん 初めま..
by reijiro_kaneko at 12:41
初めましてです。 私も..
by ふぁる at 02:15
ひさえさん おー!..
by reijiro_kaneko at 23:54
H先生、以前カザミアで受..
by ひさえ at 15:03
美保子さん とても..
by reijiro_kaneko at 11:23
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧