人気ブログランキング |

【礼二郎のつぶやき】

アマルコルド

a0052916_21493362.jpg

フェリーニ、という人を僕はあまり知りません。独特の映画を何本も撮ったイタリア人映画監督、ぐらいの認識しかありません。

何故、今、彼の後期作品『アマルコルド』を観ようと思ったのか。特に興味がある作品でもないのに何故吸い寄せられるようにこの映画のBlu-rayを取り寄せたのか。

やはり、見えざる手の仕業としか言い様がありません。

観終わって呆然としています。

欠けていたピースがまた一つ埋まりました。

映画の感想?そんなものは語りたくありません。万人のお茶の間でウケる映画でもありませんし、映画オタクの皆さんの中で絶讚・酷評真っ二つに分かれてやいのやいの言ってるのも白けた目で見てしまいます。

映画も舞台も絵画も、明確な感想が出てくるものは所詮娯楽の域を抜け出ないものだと思います。言葉を失わせてこそ、不明瞭ながら腹立たしく腑に落ちる何かを感じさせてこそ、芸術だと思い知らされた、とだけお伝えしておきましょう。

烏滸がましくて、僕もそこを目指している、などとは口が割けても言えませんが、単なる娯楽作品には絶対にしたくないという強い気持ちはずっと抱いています。だからと言って誰も理解が出来ない作品を創り上げて鼻高々にもなりたくありません。

ただひとつ言えることは、この作品で皆さんを泣かせようなどとは全く考えていない。むしろ、ふと肩の荷が降りて微笑んで帰路に着いて頂けたら、それだけを考えて最後の演出に取り掛かっています。

本日、音楽の編集作業に立ち会ってきました。去年の『Hotel』に引き続き音響スタッフを引き受けて下さったKさんにどんな舞台か説明し、いざ編集に取り掛かってみると以前はただ並べていただけの音楽達がみるみる息づき色彩豊かになっていく様を目の前で見せられ、ここでもまた欠けていたピースが音を立てて嵌まりました。

彼の言葉がまだ頭の中で鳴り響いています。

『悲劇を創るならちゃんと悲劇を創ってくださいね。上澄みだけを掬って創ると安い涙は簡単に引き出せます。でもきちんと創られた悲劇は逆に爽快ですから。』



by reijiro_kaneko | 2018-05-22 21:23
<< 完売御礼m(__)m 腹括りました >>



ダンサー兼インストラクター『金子礼二郎』が気ままに呟いています。
カテゴリ
タグ
最新のコメント
うーん、怪我ですか。心配..
by Annie at 14:33
yukiさん ほん..
by reijiro_kaneko at 12:10
慣れです、慣れ。 がんば..
by yuki at 11:49
ハニョポンタさん ..
by reijiro_kaneko at 22:59
昨夜アバターを観てきまし..
by ハニョポンタ at 13:29
ふぁるさん 初めま..
by reijiro_kaneko at 12:41
初めましてです。 私も..
by ふぁる at 02:15
ひさえさん おー!..
by reijiro_kaneko at 23:54
H先生、以前カザミアで受..
by ひさえ at 15:03
美保子さん とても..
by reijiro_kaneko at 11:23
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧