【礼二郎のつぶやき】

『清濁併せ呑む』

以前にも似たような内容の投稿はした覚えがありますが、舞台ラッシュが一段落して改めて実感することが相次いだのでまた書き記しておきます。

『清濁併せ呑む』ということわざがありますが、自分の最も尊い信念としつつも人間ですから心乱れ疑心暗鬼に陥ることは少なくなく、そんな時にひょっとしたことで此処に還る経験を今までに幾度となく繰り返しています。

この数年でこの信念も少しずつ捉え方が変わってきているのも事実です。以前は『世の中に悪いものなんてない、全て善きもののはずだ。だから悪しきものは必ずどこかで浄化されて善きものと一緒に海へと流れていくのだ。』と信じきっていまして、それが故に多大なるストレスを感じることも多かったのです。

しかし、最近は『どうしたって悪しきものは存在し、聖人のように心広く全てを受け入れることなんて悟りを開いている訳でもない自分には到底無理。生理的に受け入れられないものや善きものとして解釈出来ないものを無理矢理消化して身体が悪影響を受けるぐらいなら、嫌いなものは嫌いと明確に断言することは何ら罪ではない。』と考えるようになりました。

可笑しいですよね…どこまで完璧主義・理想主義だったのでしょう。『嫌いなもの』を『嫌い』と言うことが罰当たりだと信じて疑わなかったのですから。

ましてや、こんな教える立場にある人間が『好き』だの『嫌い』だの浅はかに発言してしまって、教えを乞う方々に悪影響を与えてはいけない、という思いもありましたから、随分と僕の中での『清濁』の概念はねじ曲がったものだったのです。

長年僕を知ってくれている方々ほど、最近の僕の歯に衣を着せない物言いには『あれっ?』と感じて下さっているのではないでしょうか?

ただ、好き放題に『好き』『嫌い』を連発している訳ではありません。

『好き』と感じる対象の中にも必ず受け入れられない要素はありますし、『嫌い』と感じる物事の中に尊敬の念を抱かざるを得ないものが存在することも多いのです。

世の中は二律背反で満ちています。『好き』の裏側には必ず『嫌い』が在るし、『嫌い』な裏側には『とても好き』が潜んでいます。それらを漠然とオブラートに包んだ感情で受け入れるのではなく、ハッキリとした意識で感知する方が『清濁併せ呑む』の真意を理解することに繋がるのではないか、と現状では感じています。

画像は内容とは全く関係ない『昔の郵便配達人』です。先日の『en vol.2』にカメオ出演した時の僕の衣装はこのデザイン画が元になりました。
a0052916_15540759.jpg


[PR]
by reijiro_kaneko | 2018-10-05 15:52
<< 11/11(日)の詳細です! 10月のstudio CASTは >>



ダンサー兼インストラクター『金子礼二郎』が気ままに呟いています。
カテゴリ
タグ
最新のコメント
うーん、怪我ですか。心配..
by Annie at 14:33
yukiさん ほん..
by reijiro_kaneko at 12:10
慣れです、慣れ。 がんば..
by yuki at 11:49
ハニョポンタさん ..
by reijiro_kaneko at 22:59
昨夜アバターを観てきまし..
by ハニョポンタ at 13:29
ふぁるさん 初めま..
by reijiro_kaneko at 12:41
初めましてです。 私も..
by ふぁる at 02:15
ひさえさん おー!..
by reijiro_kaneko at 23:54
H先生、以前カザミアで受..
by ひさえ at 15:03
美保子さん とても..
by reijiro_kaneko at 11:23
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧