【礼二郎のつぶやき】

32年間、有り難う御座いました

a0052916_08355426.jpg


昨日、32年間のダンス人生に清々しく楽しく幕を引くことが出来ました。見守って下さった皆様、エールを送って下さった皆様、有り難う御座いました。

色々思うところはあるのですが、皆様から続々とお寄せ頂く感想メールがどれも『どうしてそこまで僕の深い内面まで理解して下さるのだろう…』と驚くものばかりでして、これは引用して載せた方が自身の言葉よりも上手く伝えられると判断し、とあるお二人の感想を載せます。

まずはまだとても若いダンサーからの言葉。

【礼二郎さんの踊り手からの引退ということを考えながらというよりは、フラットに見ようと心では思っていたのですが、まず思ってた以上にあの場所であれだけステキな照明と環境をつくりあげられることにまず感動し…全く自分の中で引っかかることなくスーッと流れるお2人の絡みと流れが本当に心地良くて。

最後大黒が開いて光が差し込んだ時、あぁ…この儚いようで美しいこの光景が終わってほしくないと何故か思ったら凄く込み上げるものがあってその光が水のように視界もウルウルと。

でもそこからの展開が何故か終わって欲しくないという思いより、希望なのかこれからの未来なのか、はたまた過去なのかもう前向きにしか考えられなくて、私の未来も視界も良好です〜!!って言ってるようにしかみえなくて。

礼二郎さん自身が決めた引退って寂しいとか何だか複雑な思いでしたけど、そんなことないんだなぁと、、またこうして続いて新たなものが広がっていくんだなぁと。

そこでまた私は改めて、あ〜この空間にいれたこと、礼二郎さんに出会えたこと、全てに感謝だなとすごく嬉しくなりました。

最初のシーンに戻り、見終わってすごく言葉にならない美しさと何でしょうか…なんとも言えないこのポッカリ感。入り込んでしまいすぎて、全て礼二郎さんと真奈さんに吸収されてしまったようなそんな気がしてました。

終わってから本物の礼二郎さんとお会いして、またこれも礼二郎さんの優しさで、しんみりしないこの明るさ…いやもうしんみりさせてくださいと言いたいくらいの優しすぎる愛情が、もう。】

そして、大学の先輩のお言葉。終演後、号泣してくれる方々を前に本人は全く泣くどころかとても嬉しくてずっとニコニコしてましたが、帰宅してからこの方の文章を読み、一気に何かが決壊し一時間ぐらいショボショボしておりました。

【今日は本当にありがとう。「ありがとう」などという、簡単な言葉で言っていいものか。

礼二郎くんの現役のダンサーとしての舞台が、D館であったこと、そしてその空間に私も居られたということ、本当に言葉では言い表せないものが、胸に湧き起こりました。
礼二郎くんのダンスは、鍛え抜かれた美しい流れの中にも、自然のごつごつとした岩山や、草原を渡る風や、そうした自然の rawな生き生きしたエネルギーが溢れ出るように表れていました。更にその自然のなかに置かれた人間である私たちの営みの関係性が、儚さや、悲しさ、柔らかさ、という側面を通して一つのストーリーとなって、舞台の上に表現されていました。
そして、礼二郎くんの完成されたスタイルはオリジナルであるのに、あくまでモダンダンスで、懐かしさも感じられたことがとても嬉しかったです。
また、途中後ろの幕が上がったことも非常に象徴的でした。ありのままのD館の中で踊るという、私が感じたrawな感じの演出だと、全てが収斂した終盤だったと思います。

田舎の公立高校からICUに入り東京の文化に圧倒されていた私が、モダダンに入って、ダンスに出会うことで、初めて自分を見つけました。初めて人に誇れるものを見つけることができました。もしダンスに出会っていなかったら、今の私はなかったと、しみじみ思います。礼二郎くんのレベルとは段違いですが、今でも踊るたびに、自分の中の何かが動き出すのを感じます。
そんな私の芯の部分を作ってくれたのが、D館での定期公演や、音楽のライブや、演劇でした。その客席に30年ちかい時を経て、また魂を揺さぶれる体験ができたこと、本当に感謝です。

最後にもう一度、今日は本当にありがとう。そして、長い間お疲れ様でした。】

本当なら頂いた感想すべて此処に並べたかったのですが、本を出版出来るぐらいの長さになってしまいWeb上での読む限界を越えてしまうので割愛させて頂きました。でも、ちゃんと皆さんの言葉は僕の心の中に大切にしまいました。

最後になりましたが、Instagramに『四大元素』のクライマックスパートの動画を載せましたので、どうぞご覧下さい。





[PR]
by reijiro_kaneko | 2018-11-12 08:21
<< 逆上がり、出来ないんです 11日の最終ご案内です >>



ダンサー兼インストラクター『金子礼二郎』が気ままに呟いています。
カテゴリ
タグ
最新のコメント
うーん、怪我ですか。心配..
by Annie at 14:33
yukiさん ほん..
by reijiro_kaneko at 12:10
慣れです、慣れ。 がんば..
by yuki at 11:49
ハニョポンタさん ..
by reijiro_kaneko at 22:59
昨夜アバターを観てきまし..
by ハニョポンタ at 13:29
ふぁるさん 初めま..
by reijiro_kaneko at 12:41
初めましてです。 私も..
by ふぁる at 02:15
ひさえさん おー!..
by reijiro_kaneko at 23:54
H先生、以前カザミアで受..
by ひさえ at 15:03
美保子さん とても..
by reijiro_kaneko at 11:23
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧