【礼二郎のつぶやき】

亥年に向けて

2018年も残すところあと二日、となりました。

今年は戌年だったのだなぁと年末になって気付く有り様(笑)

そういえば『戌』という字を書くけど、戌年ってどんななの?とふと疑問に思って調べてみました。

すると、『戌』はもともと『滅』と表記され草木などが枯れる様を表していたけれど当て字として『戌』が使われるようになったのだとか。

そして、『戌』はお産が軽いので安産祈願は戌の日を吉日として祈念される云々を知り、道理で多産の一年になったのか…と妙に納得。

ちなみに来年の干支『亥』はもともと『閡({門<亥})』と書かれ、草木の生命力が種の中に閉じ込められている状態を表しているのだそうです。

猪突猛進、というぐらいですから亥年はグイグイゴウゴウ更に邁進なんだろうなぁと思っていたのに、何故か年末になって古き良きスタイルの振付家に心を奪われることが続き、ゴウゴウ邁進も良いけどキチンと基礎を大切に積み上げる美学を世に問いたいと思い始め、やたら量産することよりも一つ一つの作品に真摯に向かい合いたいと思うに至りました。

そんなキッカケとなった二人の振付家をご紹介します。

まずはMark Meismer氏。
a0052916_08081449.jpeg
Instagramで彼が発信してくる動画はどれも新体操上がりの身体能力抜群な超絶技巧のダンサー達ばかり。

御本人はおなかがポッチャリした人の好いおじちゃま。しかし、指導は熱血型。ダンサーの至近距離で発破をかける姿は最初こそ笑ってしまいましたが何度も観ているとその的確なタイミングと愛情深い在り方に次第に感動するようになってきました。


この動画を観て、彼が決してグニャグニャグルグルグルグルな人間離れしたダンサーだけを育てている訳ではないと気付きました。

冒頭の彼女は勿論素晴らしいのですが、2本目のブラックの彼は柔軟性やプロポーションこそ1本目の彼女には劣りますが、彼の本来の持ち味である力強く情熱的な表現力は同じ振付ながら存分に発揮されています。Mark氏はそれらを正しく尊重しているのです。

Markさんとは完璧に対照的ではありますが、Al Blackstone氏という御方もご紹介してみましょう。
a0052916_08083301.jpeg
YouTubeの関連動画として流れてきたこちらの映像を観てすっかりファンになりました。
a0052916_08090418.jpeg

彼の他の作品も徹底的に観てみましたが、どれもTheater Jazzを丁寧に踏襲し、色っぽくどこかコミカルで人間愛に溢れた作品ばかり。

SYTYCDというオーディション番組でも幾つも小作品を提供していて、流行りの暴力的かつ機械的なムーブメントや疎外感とは一線を画したオールドスタイルな観ていてホッとする作風を貫いています。中でもこちらの天才少年ダンサーJT ChurchをフィーチャーしたMr.Bojanglesは秀逸です。

僕としては珍しくどちらもアメリカの振り付け師に今回は惹かれています。『アメリカ人という人種はどいつもこいつも雑で大味で派手で力任せで大嫌いだ』という先入観を頑固に持ち続けてきましたが、それを実に軽く打ち砕いてくれたお二人に感謝です。

まだ見ぬ可能性を秘めた種の年である2019年、先入観も捨て去りパーソナルトレーニングでどんどん変わっていく身体を愛でつつ、Olmpic Yearの2020年に何らかの形で花開く結果を出せるように猪突猛進はひとまず置いておいて丹精に丁寧に在りたい、そんな抱負を抱くに至りました。

今年よりも更に手厳しいことを散々口にするかと思いますが、それもこれもダンスをこよなく愛する皆さんが表面的にチャラチャラ踊って満足を得るのではなく例え綺麗に踊れなくても言われたことに真摯に向かい合って下さったら必ず良い結果が出るように導きたいという僕の心の底からの願い故のことなので、どうぞご容赦ください。

2018年は本当に沢山の皆様に支えられて充実極まりない一年となりました。有り難う御座いました。

2019年はその恩返しの一年とさせて頂きたいと思います。
a0052916_08084665.jpeg

[PR]
by reijiro_kaneko | 2018-12-30 07:12
<< 本年も宜しくお願いいたします 使い分けるセンス >>



ダンサー兼インストラクター『金子礼二郎』が気ままに呟いています。
カテゴリ
タグ
最新のコメント
うーん、怪我ですか。心配..
by Annie at 14:33
yukiさん ほん..
by reijiro_kaneko at 12:10
慣れです、慣れ。 がんば..
by yuki at 11:49
ハニョポンタさん ..
by reijiro_kaneko at 22:59
昨夜アバターを観てきまし..
by ハニョポンタ at 13:29
ふぁるさん 初めま..
by reijiro_kaneko at 12:41
初めましてです。 私も..
by ふぁる at 02:15
ひさえさん おー!..
by reijiro_kaneko at 23:54
H先生、以前カザミアで受..
by ひさえ at 15:03
美保子さん とても..
by reijiro_kaneko at 11:23
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧