人気ブログランキング |

【礼二郎のつぶやき】

シンクロニシティ

またしても糸井氏とシンクロニシティが起こり、嬉し恥ずかししている金子です。

このところ、周りの皆さんの士気が高まっているせいもあるのか、「こんなにも出来ていなかったことに愕然としました。でも落ち込んでる暇はありませんよね。やると決めたからには四の五の言ってないで死ぬ気で頑張ります!」という言葉を異口同音に拝聴しています。

毎回動画を撮られて間髪入れず見せられて米粒に字を書く職人レベルでの細かいtutorial動画も見せられて、それでも気付けなかったらきっとその方は1ステージ¥1,000,000超えのギャラのプロダンサーなんだと思います。そんな方がスポーツクラブの僕のようなしがないインストラクターのクラスに来て下さって本当に光栄極まりない思いです。

なんて嫌味はまず口にしなくて良いほどほぼ全員が撃沈してくださっています。そういう素直で真摯で客観的な目を持っている方々に囲まれて僕は幸せです。

そんな皆さんに僕は恩返しをしたいのです。

日々のレッスンの中で毎回何かしら気付きがあったり、発表会に出演する方々は本番当日にこの上なく楽しく充実した時間を過ごせたり、ダンスが上手になることも勿論大切ですがそれよりもまず毎日の生活にハリが出たり身体の調子が整ったりという変化が出るように、僕なりに全身全霊で取り組もうと考えています。

そして、その「変化」という一つのゴールに辿り着くための手段は多種多様あれど、金子礼二郎という選択肢を手段として選んで下さった皆さんが選んだことを後悔されないよう、あざとい計算や偏った常識の押し付けなどで皆さんを「低脳の烏合の衆」に貶めないように多少泥臭いやり方になろうとも誠心誠意をもって手を尽くそう、と思うのです。

そりゃあねぇ、物凄く高いレベルから見てダンスが桁外れに上達して下さったりしたらこちらも嬉しくない訳がありません。でもね、専制君主に徹してパッと見とても上手に見えるハリボテダンサーを育てられたとしても全く嬉しくないのです。

同じことを何度も繰り返し表現を変えて申し上げておりますが、これで最後にしますね。

折角自主的に気付いてご自分の至らなさをまざまざと実感しそれでも頑張ろうとしている皆さんに向かって、更なる平手打ちを罵声と共に喰らわせることなどしようものならそれこそ恐怖で自由を縛るDVや独裁国家になってしまいます。

僕はそんなことはしません。

でもね、非常に良く斬れる高性能のカッターで気付かれないようにスッと傷を付けるという秘技は割と頻繁に活用しています。

ええ、大抵の人は気付かないんです、その傷に。血が出ませんからね。

しかし、今までにない動き方をしたり僕から伝えられたイメージを忠実に再現しようとしたりした瞬間に皮膚が引っ張られて傷が露出しジワ〜と出血します。その血を見て初めて、「ああ、こういうことだったのか…」と理解できるのです。

大丈夫です、大量出血して失血死しないように程度は弁えていますから。ご安心ください。

そんなことを書いてたら今日の糸井氏のエッセイはこんな内容でした。ふんわりとした在り方を装っていらっしゃいますが、中身は策士にして狡猾。おまけにユーモアのセンスも持ち合わせていらっしゃる。

「あいつ、いなければいいのに!」の一文にはしてやられました。

あ、ちなみに彼のエッセイは過去に遡ってバックナンバーを読むことは出来ません。一日も休まず書いているのに毎日消えていってしまうというなんとも潔い掲載の仕方をとっています。

(以下引用)
ーーーーーーーーーーーーーーーー
・「あなたがするようには、わたしはしない。」ということがある。行きたい先は同じだとしても、あなたのような方法では、行かない。ということがいくらでもあるのだ。

「わたしがするようには、あなたはしない。」ということだってある。やりたいことが同じだとしても、わたしのような方法では、あなたはしない。そういうことは、おおいにある。

行き方、やり方、というのは、目的と同じようにとても大事なことだと思う。ぼくの好きではないやり方について、例を書き記せば、もっとうまく伝えられるのだろうが、なかなかそういう気になれない。「目的のためには手段は選ばなくていいのか?」若いときにも、そういう言い争いをしたことがあるし、年を重ねてからも、それを考えたことが何度もある。

目的と手段のこと、いまごろになって、こう言ってもいいのではないかと思うようになった。「手段は目的に含まれている」よ、と。

たとえば、崇高な目的のために汚い手段を使うとしたら、その目的は崇高でもなんでもなく、汚いのではないか。たくさんの嘘をついて、相手の「悪」を倒すという人は、倒した後にも、だれにでも嘘をつき続けるのではないか。きっと、そうは言いきれない場合もあるのだろう。見方によっては、やむえない例外もあるのだろう。そう思う人がいるかぎり、そう言わざるを得ない。きっと歴史は、そうやって繰り返されてきたのだから。でもね、ぼくは「手段は目的に含まれている」と、そう思ってこの先も生きることにする。

「あなたがするようには、わたしはしない。」ということは、実はけっこうたくさんあると思うのだ。だってね、ちがうんだもの、あなたとわたしはね。同じでないあなたとわたしが、共にいられますように。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。あいつ、いなければいいのにと思うことも、ありますとも! 
a0052916_16035848.jpg


by reijiro_kaneko | 2019-07-19 16:03
<< 少し呟かせてください。 佐原旅行 >>



ダンサー兼インストラクター『金子礼二郎』が気ままに呟いています。
カテゴリ
タグ
最新のコメント
うーん、怪我ですか。心配..
by Annie at 14:33
yukiさん ほん..
by reijiro_kaneko at 12:10
慣れです、慣れ。 がんば..
by yuki at 11:49
ハニョポンタさん ..
by reijiro_kaneko at 22:59
昨夜アバターを観てきまし..
by ハニョポンタ at 13:29
ふぁるさん 初めま..
by reijiro_kaneko at 12:41
初めましてです。 私も..
by ふぁる at 02:15
ひさえさん おー!..
by reijiro_kaneko at 23:54
H先生、以前カザミアで受..
by ひさえ at 15:03
美保子さん とても..
by reijiro_kaneko at 11:23
以前の記事
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧