人気ブログランキング |

【礼二郎のつぶやき】

ヘイトをヘイト

またしても糸井シンクロで有頂天の金子です。

「罪を憎んで人を憎まず」と言いますが、究極の綺麗事だと思うのです。対個人、対社会に於いて「罪」を犯した人を「あいつは悪い奴だ!」と決め付けて「悪いことをしたんだから死刑だ!」と安直に言い放ってしまうのは本当に楽なのです。勧善懲悪のヒーロー物が思春期の男子に賛美されるように、「◯◯さんのご主人、左遷ですって。夫婦揃ってダメ人間ね。」などと悪口を言う主婦友達のように、「罪」や「悪」をその人のアイデンティティと同一化して攻撃したり排除しようとするのが人間という生き物の性なのです。

そんなことを分かったように吹聴している僕ですが、ちっとも悟ってなんかいません。好みは相変わらずハッキリしているし、何らかの理由で「攻撃してくる」ように見える人に対して「ややや!お主、やるおつもりか!」と臨戦態勢に入るなんてこと日常茶飯事です。

心に余裕がある時は、あまり好みではない物事に対して寛容になれますし、喧嘩を売られても戦おうとは思いません。

しかし、人間ですもの、いつも平たいワケにもいかず心も身体も悪天候な状況に陥ることなんてザラにあり、そんな時に目の前を仰々しく行軍なんかされようものなら無駄に重い甲冑を身に纏い錆びた剣を振りかざして単身大軍勢の中に飛び込んでやみくもに斬れもしない古刀を振り回してしまうこと、しょっちゅうあります。

この刀、古いし錆だらけなんですけどね、意外と良く斬れるんですよ。斬れる、というよりはその重みで無理矢理ぶったぎる、というお粗末な仕事ぶりですので、まぁ後味は悪いことったらありゃしません。

骨皮辛うじて繋がって生きているおぞましい怪我人の山を目の当たりにしてようやく正気に戻ります。

あぁ、またやっちまった…

正義をふりかざして成敗、なんて気持ちが1%でも自分の中に存在してたら全くお話にならないダメっぷり。果たして、その正義とやらですけど、地球上のすべての人にアンケートを取りディベートをした上での正義ですか?自分に都合の良いどっかから借りてきた浅はかな正義なんじゃないですか?と冷静になった時に鼻の穴パンパンにして荒ぶっている自分に尋ねてみると何も言い返せないことが殆ど。

自分と違う考え方や行動や様式美を完全に違和感なく受け入れることは不可能だとしても、それらが存在する事実や意義を理解し尊重し自分を成長させてくれる何かを盗む努力を続けることは大きな価値があると思うのです。

これは、以前書きかけて引き出しにしまってしまった「プライド」と「自尊心」の違いにも関連します。

「プライド」はその根底に劣等感があるのに対し、「自尊心」にはそもそも劣等感という概念はありません。

「プライド」はその劣等感故に自分より優っていても劣っていても関係なく他人を攻撃しますが、「自尊心」は自分とも他人とも戦っていません。

対して「自尊心」のある人はありのままの自己を肯定し欠点も含めて自身を尊重するので、常に前向きであり無益な争いをせず真の紳士淑女となり得るポテンシャルを有しています。

あぁ、本当にそうなれたらどんなに良いでしょう。そんな人ばっかりだったら世の中諍い事など消滅するでしょう。

もうとうの昔にプライドなんて捨てたと思っていても、消火したはずの焚き火がまたチロチロと燃え出すように嫌な感情が湧き起こってくると、自分を呪い殺したくなります。

例えそれが面白半分でチョッカイをかけられたが故だったとしても、そんな誘導に易々と負けてしまう自分はヘタレもいいとこです。

一体、紳士になれる日は来るんでしょうか?

それにしてもラガーマンはカッコいいです。
a0052916_16241121.jpg

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

・戦いというと、他の考えもなく、「敵を憎む」ということになってしまうのは、かなり遅れた思考なんだろうなぁと思う。

「敵」と決めたとたんに、もう、「だから憎むべきである」と決めてしまい、「敵にはなにをしてもいい」となってしまうこと。ここから、抜け出すような考えを、ぼくらはたしかに、あんまり教わらないできた。

「敵」を決めて、それを「憎む」ことは珍しくない。いったん「敵」であると決めつけたら、それはもう人間として扱うのではなく、「敵」という「憎むべきもの」になってしまうのだから、「敵」には、嘘をつこうが、脅かそうが、ときとして暴力に訴えかけようが、こころは痛まない。そこには、それはもう大変な判断があったはずなのだが、実際の「敵」認定は、あんがい根拠なくなされる。

これを書いているぼくだって、どこかのだれかに「敵」認定されているだろうし、この文を読んでいるあなたにしたって、どこかで「敵」にされたり「敵」をつくったりしている。

もしかしたら、いずれ、人間の社会が、もっとましなものになっていたとしたら、まず、「敵」は憎むものとはかぎらないということが、わりと常識のようになっているかもしれない。しょうがなく「敵」ができることはあっても、それは憎んだり、陥れたりする相手とはかぎらない。いま言うと、甘っちょろい非常識かもしれないけれど、少なくとも「そういうことはあるよ」くらいのことは、人がふつうに考える時代はくるような気がしている。

いま、ラグビーワールドカップの試合が、あんなにもおもしろく感じられているひとつの理由は、「敵」は憎む相手ではないということが、試合から、よく伝わってくるからだと思うのだ。社会をそのまま反映させたスポーツではなくても、「人のひとつの理想」を見せ合う競技なのだとは思う。

今日も、「ほぼ日」に来てくれてありがとうございます。「憎む」ことは、やがて、じぶんをも「憎む」ことになる。

by reijiro_kaneko | 2019-10-04 16:23
<< ひとやすみ はらぺこあおむし >>



ダンサー兼インストラクター『金子礼二郎』が気ままに呟いています。
カテゴリ
タグ
最新のコメント
うーん、怪我ですか。心配..
by Annie at 14:33
yukiさん ほん..
by reijiro_kaneko at 12:10
慣れです、慣れ。 がんば..
by yuki at 11:49
ハニョポンタさん ..
by reijiro_kaneko at 22:59
昨夜アバターを観てきまし..
by ハニョポンタ at 13:29
ふぁるさん 初めま..
by reijiro_kaneko at 12:41
初めましてです。 私も..
by ふぁる at 02:15
ひさえさん おー!..
by reijiro_kaneko at 23:54
H先生、以前カザミアで受..
by ひさえ at 15:03
美保子さん とても..
by reijiro_kaneko at 11:23
以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧