人気ブログランキング |

【礼二郎のつぶやき】

<   2006年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

好きな動き・嫌いな動き

兼城先生に毎週土曜受け持ってもらっている「Body Conditioning」クラスで、彼が「この動き好きでしょ?」「こっちは嫌いでしょ?」と頻繁に皆に聞いているのを見て、「これだ!!!!」と目から鱗が落ちたのです。

それから俺も指導する際に「この動きは好きでしょ?」「こっちは嫌いでしょ?」って頻繁に言うようにしてるのです。

では本題に入ります。「身体に自然な動き(日常生活で自然な動き)」と「時には不自然と感じる動きがダンスにおいて自然な動き→観ていて綺麗だなと感じる動き」とはイコールで結ばれるとは限らない。これ、まず結論。

私達は日常生活でついてしまった身体の癖や歪み、性別による骨格の違いや筋特性、個人の性格や嗜好に依る左右差や表現方法などに非常に縛られています。なのでまず自分がどんな癖や特性を持っているのか理解することから始めないといけません。「これはこうするのが美しいの!真似すりゃいいの!」では絶対駄目。ってゆうかそれで分かる人はそもそも習いに来なくていい。素晴らしい舞台を観るだけであらかた自分の中に取り込めてしまうから。

普通の人はそうではない。例え理解出来たとしてもそれをいざ身体で表現しようとすると「あれま、なんだか暴れてるだけの動きになっちゃうわ!」とか「とてつもなく不自然極まりない動きなんだけどこれでいいのかな?先生はいとも簡単に流れるように踊ってるけど。。。」という経験をしたことのある人は少なくないはず。

そこで登場、「この動き好きでしょ?」。

ダンスって(スポーツや色んな身体芸術もそうだと思いますが)、通常では考えられないような骨格と筋肉の使い方の集大成で成り立っています。しかも3次元的。それに対して身体に自然な動きは
2次元的(平面的)。普段歩いてる時には右足を前に踏み出す時には左手を前に振るのが自然なはずなのに、いざダンスとなると右手右足が一緒に前に出てしまうという事例はその辺が複雑に絡み合った面白い症例です。おっと脱線しそうになりました、この話はまたいづれ。

好きな動き(自分にとって自然な動き)をつなげていくとよっぽどの才能の持ち主でない限り、お遊戯のような動きになってしまいます。そんな才能を持った人なんて稀です。ではどうしたら私達は素敵な動きが出来るようになるのでしょう?

そうです、嫌いな動きをそれが自然と感じるまでひたすら身体に叩き込んでいかなくてはならないのです。その過程において「ん?これは最終ゴールが自分の理想と違うぞ」と感じたら即刻辞めた方がいいし、共感する部分が沢山出てくるのなら続ければいい。その見極めも大切ですが、その話もちょっと本筋から外れますのでまたいづれ。

今までは「はい、流れをつないで!自然に見えるようにして!」と叫んでいたのですが、それじゃあ絶対伝わらないとある日悟ってしまったんです。「自分にとっての『自然』は他の人にしてみたら必ずしも『自然』ではない」とね。

今すべきこと、それは「好きな動き」「嫌いな動き」に気付いてもらうこと。頭では理解出来ていてもいざ身体で表現しようとすると脳のフィードバックがうまく行かず似て非なる動きになってしまう事実をきちんと認識すること。そして、好きな動きから次第に変化・発展させて苦手な動きにシフトしていくメソッドを確立すること。

これが出来て初めて次なる段階へと進めるのですが、それはまたいづれ。

画像は今日の中野坂上から中野新橋へと移動中に見つけたホッとする風景3点セットです。
a0052916_1345280.jpg
a0052916_135259.jpg
a0052916_1351266.jpg

by reijiro_kaneko | 2006-04-29 01:35 | 身体

首バランス

ここのところ、他人のレッスンに出たり、新しいメソッドを仕入れたりしていて自分のレッスンに足りないものや皆の癖がとてもよく見えるようになってきたのですが、中でもかなり多くの人がそこでつまづいていることを今日は書いてみたいと思います。

最近の振りでどのクラスでも必ずと言って良いほど入っているテクニックの一つが「首と腰を丸めて下を向きながら回る」なのですが、腰の方はしつこく行っているおなか丸め体操のお陰でだいぶ上手にはなったのですが、まだまだ深層を使えていないので実際に振りの中に組み込むと足りない分を首を上げることで補おうとし、結果苦しくなったりバランスを失ったり流れが途切れたりしているのです。

頭を下げるという動作は思ったより恐怖かもしれません。直立二足歩行の人間が頭を下にするというのは確かに不自然です。しかも下げるだけでなくそこから回っちゃったりするのですから余計大変です。おそらく脳の中は阿鼻叫喚の図になっていることでしょう。

そんな訳で、すぐに出来るテクニックではありません。何回もやって失敗しながら身体で覚えていかなくてはなりません。なので私はあまりキーキー言いません。ゆっくり待っています。地道に慣れていってくださいね。

ただし、このイメージをしっかり持っておいて欲しいのです。背骨全体で緩やかなカーブを作り、みぞおちの下あたりの背中側の膨らみを軸にして回る感覚。猫が地面に向かってシャーって威嚇してるような感じ。決して「前にいる敵に向かって」ではありません。地面を這っている蜥蜴かなんかに向かって、です。しかも自分の足にその蜥蜴がまとわりついている感じ。

てことで稽古場の近くの「大奥」の写真をどうぞ。この子はとっても営業が上手。いつでもニャアーンと寄ってきます。先日はさらに機嫌が良かったらしく、ゴロンもしてくれました。猫万歳!
a0052916_17221197.jpg
a0052916_17222370.jpg

by reijiro_kaneko | 2006-04-23 17:24 | レッスン

ダンス考察 at 北沢タウンホール

a0052916_23333097.jpg後輩に誘われて「北沢タウンホール」で行われた一夜限りの公演を観に行ってきた。

露出が多い衣装だったので皆さんの筋肉がしっかり見えてやたら感動しつつ、「はて?自分は?今脱げって言われたら困るなー」などと不謹慎なことを考えながらずっと見てました。

スタジオ公演と先日のショーに出てくれたダンサーMさんが凄かった。

まず何がイイって「力み」が全くないんです。スッとそこに居る。なのに空間を手中に収めている。とっても狡い。憎たらしいくらい。

次に俺が好きなダンサーに共通の要素、「遅取り」。ユニゾンなのに彼だけズレているんです。なんて書くと「遅れてるんじゃん?」と思われそうなんですけど、違うんです。よく生徒には「1」をどう取るかくどくどと言うんですが、「1」を英語で分解すると「O/N/E」ですよね?この「O」もしくはその前に反応してしまうのが「早取り」です。「N」だとまあぴったしで教科書的な取り方。「E]もしくは次の「TWO」の「T」に寄りかかるような感じで反応するのが「遅取り」です。彼はこの「遅取り」のタイプなんです。ハラハラするくらい遅い。でも確実に目立つし、音的にも合っている。Bachなんかだとちょっと早いくらいがちょうどいいんですが、流行のアンビエント系はやっぱ「遅取り」の方が気持ちいいですね。

そして最後に筋肉の付き方。長い手足・短い胴の上に細くしかも強靱な筋肉が謙虚に乗っている。動くとそれらがふわーっと浮き出てきて綺麗に連動しているのが見える。決して「怒りの筋肉」ではないのです。どこまでも穏やかに続く山脈のような筋肉。もう、うっとりしながら観てました。


主催者の方は他のダンサーとほとんど関わらず、ソロが多かったのでちょっと残念でした。どういう絡み方をするのか観たかった。彼も素晴らしいダンサーだったので、来週からレッスンにもお邪魔させて頂くことにしました。

いやあ、やっぱり舞台はいいですね。良くも悪くも触発される。他人の色んなところを見て、自分に反映させられる。また明日から頑張ろうと思える。
a0052916_23354080.jpg

明日はおなか絞るために今までの3倍動こうっと!!!あ、2枚目の画像は「決意」なイメージです。
by reijiro_kaneko | 2006-04-13 23:36 | 舞台

お招きできなくてごめんなさい。

本日深夜2時からステージです。

でも、皆さんをお招き出来ないのです。ごめんなさい。

別にゲイナイトだからとかではなく、あ、ほんとにゲイナイトじゃないんです、馴染みのバーの1周年パーティなんです。まあ、ゲイ人口は多めですが、だからといってそうじゃない人はシャットアウト!ってことではなく、常連さん達がわんさか来るみたいなので今回は皆さんには涙を飲んでもらいます。

年末にはおそらく新木場方面の巨大クラブで同じネタで再度上演いたしますので、その時は是非いらしてください。おっと、そっちは本気モードのゲイナイトなので屈強な若者がきゃっきゃと山のように押し寄せます。それでもよければ是非!

さて、ステージは深夜2時なのですが、リハが18時からなのでそろそろ準備します。ダイコ先生は北九州からステージの直前に戻ります。なので、リハは主役抜きです。大丈夫なんでしょうか?とっても不安です。んなこと言ってても仕方ないので、せっせと男性陣の股ゴムつけます。お裁縫も微妙に得意になりつつある今日この頃。はぁ〜、良妻賢母だわ。。。。
a0052916_1535168.jpg

by reijiro_kaneko | 2006-04-08 15:35 | 舞台

サクラサク

a0052916_1115114.jpga0052916_112549.jpg
中野通りの桜が今年は特に綺麗に見えます。昨日の雨と風でもうだいぶ散ってしまったかもしれないけど、土曜は見頃でした。うん、やっぱり桜はイイです。豪華絢爛、なのに儚い。

さて、今日から新クラス『The Style〜Original Style』が始まります。フィットネスクラブでクラスを持ち始めた6年前、「ジャズダンス」とか「バレエ」はあまり受け入れられず、仕方なく「ヒップホップ」クラスなんてやっちゃってました。今振り返るとかなり赤面モノなんですが、当時は必死だったのです。それまで、そんなにストリート系のダンスは観たことも実際にやったこともなかったのに、よくやったなあぁと感心すらします。ハッタリもいいとこ。妙に身体のキレが良すぎて、ストリートのあの泥臭さが出せないジレンマに陥り、結局早々とそのクラスは辞めてしまったんです。

なのに、また性懲りもなくやっちゃいます!!!あれから随分時間が経って色んなものを観て自分なりのスタイルが出来てきた実感が強くなってきたので思い切って始めてみようと思い立ったのです。

でも、自分の思いだけで始める訳ではありません。俺の理想とするダンスって色んなジャンルの要素がミックスされてきちんと消化されて、結果その人独自の醸し出す雰囲気が出て初めて魅力的になると思うのです。その一つの手段としてこんなクラスを始めるんですが、うまく皆に浸透するかどうか正直不安です。ま、でも、とりあえずやってみます。

昨晩やっと今日の昼・夜クラス2つ分の振りが出来ました。全く質の異なる2曲を同時に考える、という状況は思ったより楽でした。とは言え、「よし!」と感じる断片が浮かぶまでに3週間くらいかかってはいるんですけどね。。。

じゃ、行ってきま〜す♪お待ちしてま〜す♪
by reijiro_kaneko | 2006-04-03 11:03 | レッスン

4月の使用曲

やっと春らしくなってきましたが、皆さん身体の調子はいかがですか?センシティブなワタシはもう大変です。日々激変。上へ下への大騒ぎ。季節の変わり目って思わぬ体調の変化があったりするものです。どうかくれぐれも慎重に行動なさってね。

順序がおかしいですが、出来上がった順番でリストアップしていきます。

土曜クラス:Chambao「Pokito A Poko」 なんとフラメンコタッチな振り付けです。とは言え、コンテな要素とジャズの要素が98%くらいで残りの2%がフラメンコ?なテイスト。そうです、その2%は「パッション!」で補ってね、ということです。足捌き、アームスの動き、向く方向、などとっても大変な振り付けです。鼻の穴膨らまして気合で臨んでくださいね!

日曜クラス:Chambao「Ahi Estas Tu」 最近感化されまくりのNacho Duato風とにかくアームスの動きが大変な振りになる模様。当然ステップも凝ったものをいくつか組み込んでいきます。このアーティストのジャンルは「フラメンコ・チルアウト」というらしいのですが、癒しの部分もあり、掻き立てるムードもあり、不思議に高揚していくテイストの作品になればなあと淡い期待を抱いております。

月曜昼クラス・金曜夜クラス:Miles Davis「Le Petit Bal(死刑台のエレベーターより)」 大作を選んでしまってからちょっと困惑しています。ジャジーなムードで不可思議な動き、しかもお洒落にするにはどうしたらよいか?目下閣僚会議中。コンテはコンテ!と仕切りをせずに今月はクロスオーウ゛ァーさせていきたいと考えていますので、思いっきりお洒落ジャズ路線になるかもしれません。おそるおそるいらしてみてね。

月曜夜クラス:Tamia「It's Party」 いよいよ今月からスタートするクラスです。最初っからとっても動きます。これでもかというくらいリズム取りを反復練習します。チェーンの動きも多いのでフロアでの筋トレも多めです。クロスフロアーは行わず、ひたすら頑張って振り覚えてもらいます。もし暇があったら「Honey」という青春ダンスムービーやUsherのビデオとか見ておいた方がイメージつかみやすいですよー!

水曜昼クラス:Django Reinhardt「Les Yeux Noirs」 めちゃめちゃレトロなスイング曲にのって時にはシャキッと、時にはムーディーに変幻自在に踊って頂きたいと存じます。テンポはかなり速め。昔の曲なのであまりリズムがスッキリ聴こえてきません。自分でリズムをしっかり取る練習にもなるので是非ご参加を!

水曜夜クラス:Bliss「A Quiet Conversion」 プリミティブなリズム、メランコリックなメロディー、奥行きのある音空間ということで音的にはとても気持ちいいと思いますよ。大きく伸びやかに動きます。ジャンプやターンも多用しますが「バーン!どりゃああああ!」という感じには絶対ならず「たおやかな」質のものにしていきます。どこのクラスでも共通なのですが、このクラスでもアームスにこだわります。

金曜昼クラス:Zbigniew Preisner「ピエロの赤い鼻」 センティメンタルな曲なのですがテンポはかなり速いワルツです。スイング系の動きを先月に引き続ききちんとマスターしていってもらいます。重心移動をしっかり感じたいという方にはこのクラスが一番お勧めですね。

ざっとこんな感じで参ります。奮ってご参加くださいねー!
by reijiro_kaneko | 2006-04-01 11:37 | レッスン



ダンサー兼インストラクター『金子礼二郎』が気ままに呟いています。
カテゴリ
タグ
最新のコメント
うーん、怪我ですか。心配..
by Annie at 14:33
yukiさん ほん..
by reijiro_kaneko at 12:10
慣れです、慣れ。 がんば..
by yuki at 11:49
ハニョポンタさん ..
by reijiro_kaneko at 22:59
昨夜アバターを観てきまし..
by ハニョポンタ at 13:29
ふぁるさん 初めま..
by reijiro_kaneko at 12:41
初めましてです。 私も..
by ふぁる at 02:15
ひさえさん おー!..
by reijiro_kaneko at 23:54
H先生、以前カザミアで受..
by ひさえ at 15:03
美保子さん とても..
by reijiro_kaneko at 11:23
以前の記事
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧