人気ブログランキング |

【礼二郎のつぶやき】

<   2006年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

10月の使用曲 & 振り付け概要

お待たせしました。来月10月のラインナップが揃いましたのでご報告いたします。来月もクラスそれぞれの特性をさらに明確にしていきますので、皆さん各自の得手不得手をご検討の上参加してみてください。

●月曜夜『The Style』
R&B系の音をずっと使ってきましたが、今月はちょっと異色に中近東フレイバーで参ります。ヒップホップなリズム取りの部分とエキセントリックなムーヴメントを織りまぜ楽しい振り付けにしたいと思います。

使用曲はTarkan 『Just Like That』。トルコのスーパースターによる初めての英語アルバムからの1曲です。「トルコのリッキー・マーティン」と呼ばれているそうですが、それはお聴きになってからのお楽しみ。

再三申し上げておりますが、どんなにふわっとしたエレガントな振りにもリズムは存在します。気持ちだけが上滑りしないようにこういったクラスでリズム感を鍛えることを強くお勧めいたします。

a0052916_19342749.jpg


●水曜昼『The Style』
上に同じくTarkanの『Simarik』という曲を使います。こちらは『Just Like That』と違ってトルコ語で歌われているのでさらに異国情緒満載です。ちなみにこの曲の邦題はなんと『Chu!Chu!は恋の合言葉』。。。。なんとまあ恥ずかしい。こういう濃〜〜〜〜〜い曲は表情豊かにノリノリで踊ってしまうととっても楽しいですよ!

アラビックないかにもな手振りや民族舞踊である「旋回舞踏」の要素を入れつつ、リズムをはっきりとったセクシーな振りにしていきます。なんて言いつつもとにかく楽しく踊って頂きたいのがまずありきなので、皆さん、盆踊り気分で是非奮って御参加くださいね!

a0052916_19244973.jpg


●水曜夜・土曜『Speed & Technique』、日曜『The Stage』
Imogen Heap(イモージェン・ヒープ、と読みます)の『Hide and Seek』。
ヴォコーダーという声を変化させる機械を通したアカペラコーラスの曲。ビートはないのですが、無音の部分でさえもダンサーの動きでビートを作り出してしまおうとの壮大な計画を抱いております。あまり何も考えずふわーっと聴いてると気持ちのよい曲ではありますし、振り付けも力技ではないのでそれなりにエレガントに踊れちゃったりするんですが、それじゃああまりにも面白みがない。というワケで大変な振り付けになるであろうこと、覚悟しておいてくださいね。ありとあらゆる金子ワールドを詰め込んでいきます。

なんだかね、僕の中での「区切り」的な曲なんですよね。だからといって、その熱い想いを皆さんに押し付けたりはしません。あくまでも皆さんの等身大の感じ方で取り組んでもらって結構です。ただテクニック的にはちょっと大変、それだけの話。でもね、そういう時期に皆さんも達したと判断したからこそのテクニックであることもお含み置きくださいな。

a0052916_1937746.jpg

by reijiro_kaneko | 2006-09-28 19:34 | 音楽

9月のお勧めCD

今回は敢えてノンジャンルでお送りします。

●Imogen Heap 『Speak for Yourself』
a0052916_11331523.jpg

「So you think you can dance」というダンス番組の「Opening Dance」というナンバーで『Hide and Seek』が使われていて、しかしその時は誰の何ていう曲か知らずに単純に圧倒されていたのだが、先日ようやくNorwayのi-tunesで発見!即買いに走りました。

エレクトロ・ポップなアプローチが前面に押し出されていて癖はあるが聴きやすい。ロックやフォーキーなテイストも見せつつ、確実に彼女の世界へ引きずり込む魔力を持っている。唯一無比のミュージシャンである。

とにかく楽曲がいい。心を鷲掴みにして揺さぶる力がある。アルバム全体のクオリティもさることながら、『Hide and Seek』は凄すぎる。ヴォコーダーにかけられた声は実際に彼女の身体から発せられた生の声なんじゃないかと思うほど、リアルである。

●『Socialized Jazz Beats』
a0052916_11361040.jpg

オランダのレコード・レーベル『Social Beats』のコンピレーションアルバム。

ノレるのは当然、カッコイイのも当然、じゃあどこが売りなの?と聞かれて言葉が詰まるようじゃいけない。「ええ、僕達は感情と肉体のリンクは最優先には考えていますが、そこに誘導するために緻密な計算を忍ばせてますよ。でもね、それが売りになっちゃいけない。あくまでも音楽は楽しくウキウキしたもんじゃないとクソですから。ははは。」とスラリと言ってのけるくらいでちょうどいい。

このアルバムに収録されているアーティスト達は皆そんなこなれた洒落者。ボッサ、ラテン、ジャズ、そしてドラムンベースまでもが程よく混じり合った大人のフロアミュージックである。

ハズレ曲ナシ!!!!

●Celso Fonseca, Ronaldo Basto 『Paradiso』
a0052916_11384985.jpg

ブラジル音楽に対しての認識を一新してくれた記念すべき一枚。

ギターとヴォーカルがメインに据えられたボサノヴァスタイルなのだが、何故か従来のボサノヴァに聴こえない。どこまでもサウダージなボサノヴァなのに、かっこいいアンビエントを聴いているような気分になる。不思議だ。

さらに暖かい南国で作られた音楽であるにも関わらず、中央アジアの平原やラップランドの大地を走るトナカイが映像として浮かび上がってくる。

ほんとうに音楽に国境はないと改めて実感させてくれる大きな音楽。

●Lars Danielsson 『Libera Me』
a0052916_11451957.jpg

Nils Petter Molvaer絡みで情報入手し早速購入してみた。

スウェーデンのベーシスト、Lars Danielssonによるシンフォニックで優しさと切なさに溢れた好盤。

時折、火曜サスペンスの挿入歌のように聴こえなくもないメロディーが現れるのです。でもそこで「ダッサ〜い!」なんて思いません。北欧ジャズって意外と身近なんだなあと安心させてくれるのです。

どのナンバーも派手さは全くないもののしっかりと記憶に刻み込まれます。滑らかで柔らかくて浮遊している、なのに味わい深いシャンソンを聴いているかのようなベースによる旋律には一歩一歩を着実に歩いてきた人生の皺がしっかりと聴いてとれる。このバランス感覚に強烈に嫉妬する。

●Lars Danielsson 『Melange Bleu』
a0052916_11474428.jpg

前作とは対照的にNils色が前面に押し出され、すっかりFuture Jazzと化しているのには驚いた。彼の持ち味である叙情性は陰を潜め、耽美と前衛世界が冒頭から繰り広げられる。

このまま終わってしまうのか?見えない出口を目指して我々は永遠に彷徨わなくてはいけないのか?そんな疑問が頭をよぎった瞬間に絶妙のタイミングで救いが現れる。しかしそれは儚く朧げで頼り無い。ゆらゆらと消えてゆく女神に虚しく懇願する。そしてまた闇がやってくる。

寝苦しい夏の夜の甘い悪夢のようなアルバム。次改作ではまたどんな裏切りを見せてくれるのか。。。

●Arrested Development 『SINCE THE LAST TIME』
a0052916_1150539.jpg

メッセージ色は強いけれど、彼等の生み出すサウンドはどこかhappy。ラップが占める割合は多いけれど、きちんとメロディーを立たせていて、聴いていて疲れない。サンプリングされている元ネタも古き良き時代の温かい旋律。リズムの多様性も聴いていて飽きない理由の一つ。

思い返せば「テネシー」でビックリさせられて以来、彼等の音楽にはいつも新鮮な驚きとこの上ない安堵感を味合わせてもらっている。

Jurassic-5の新作と共に最近の愛聴盤。

●Wolfgang Haffner 『Shapes』
a0052916_11522919.jpg

Nils Landgren、Lars Danielssonという二人の敬愛するミュージシャンが参加しているドイツ人ドラマーの新作。

アップテンポな曲群では目新しいものはあまり無くパリコレなどで使われそうな「近未来&ラウンジ」なテイストなのだが、そのひんやりとした空気感に何故か惹かれる。

ミディアムテンポ〜スローな曲で彼の真価が発揮されているように感じる。ゲスト陣もここではノビノビとしているし、非常にオーソドックスな展開ながら随所に配されたエフェクト処理が不思議な影を落として遠い世界へ連れていってくれる。

●Janet Jackson 『20 Y.O.』
a0052916_11551194.jpg

やっぱりね、janetは何をやっても太陽であり母なんです。どんなにaggressiveなナンバーでも彼女はひたすら優しく微かなんです。甘い曲ではもう跪かすにはいられないくらいスウィートなんです。永遠の金太郎飴のジャム&ルイスとのコンビも例えジャーメイン・デュプリが引っかき回そうとも不動です。所々新風の香りはしますが、あくまでもフリカケ程度。いつものjanetに逢えます。

そうですか、20年ですか。嗚呼、それなのに何故貴女はますます美しく華麗に羽ばたいていらっしゃるのですか。。。。平伏さずにはいられません。

次回は「ビバ!オリエンタリズム!(仮題)」でお送りします。お楽しみに!
by reijiro_kaneko | 2006-09-20 11:43 | 音楽



ダンサー兼インストラクター『金子礼二郎』が気ままに呟いています。
カテゴリ
タグ
最新のコメント
うーん、怪我ですか。心配..
by Annie at 14:33
yukiさん ほん..
by reijiro_kaneko at 12:10
慣れです、慣れ。 がんば..
by yuki at 11:49
ハニョポンタさん ..
by reijiro_kaneko at 22:59
昨夜アバターを観てきまし..
by ハニョポンタ at 13:29
ふぁるさん 初めま..
by reijiro_kaneko at 12:41
初めましてです。 私も..
by ふぁる at 02:15
ひさえさん おー!..
by reijiro_kaneko at 23:54
H先生、以前カザミアで受..
by ひさえ at 15:03
美保子さん とても..
by reijiro_kaneko at 11:23
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧