人気ブログランキング |

【礼二郎のつぶやき】

<   2008年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2008年の抱負

2008年は去年にも増して激動の1年になりそうな予感。いえ、悪い意味ではなく結果的に良い意味での「激動」だと思うのです。

と、なんだか細木女史のような書き出しになってしまいましたが、決して予言でも占いでもありません。去年の公演後、考えさせられる出来事が相次いで起こり、その度にゆっくりとですが自分も周囲も変化してきているのを感じます。

「あなたの文章は時としてキツすぎる。それでは誤解を招くのも仕方がない。」とある方に指摘を受け、過去の投稿を読み返してみました。あらあら、ホントだ。真意とは裏腹に感情にまかせた荒々しい口調の数々。そして自分が神であるかのような上から目線。どこでどうこうなってしまったのか分かりませんが、とにかく「天狗」になっていたのは紛れもない真実です。レッスンを受講しに来てくださる皆さんに対して、もっともっと心から熱く丁寧に向き合っていかなければ!と恥ずかしさでいっぱいになりながら堅く心に誓いました。

こういう風に考えるようになったのは、これだけがキッカケではありません。イタリア旅行を始めとして、様々な舞台を頻繁に観る機会を増やしたことや、自ら他の先生のレッスンを受けに行くようになったことが大きな原動力をもたらしてくれたのです。

ええ、いつも僕が皆さんに言っていることですよね。人には言う癖に、自分では実行してなかったのです。心のどこかで「これまで色々観てきたからこれ以上観なくてももういいや」とどこかで奢った気持ちがあったのでしょう。今となっては恥ずかしい限りですが、長年鼻パンパンで周囲を振り払って走ってきた自分の姿を振り返ると、もう滑稽でしかありませんね。

他の先生のレッスンを受けるようになったことには本当に大きな意味があります。「教師とはどうあるべきか?」という対等な立場での観察に始まり、自分の身体のコンディションの把握、受講する皆さんの在り方、エクササイズの見直し、選曲、レッスン前後の自分との対峙、などなど得るものは無限にあります。

そこで気付かせてもらったことをここ何日か書かせて頂いています。

もし、今までの「金子先生流」の延長で読んで下さった方がいらっしゃったら困ってしまうので誤解を解くためにも書き添えておきます。

これらは決して「説教」でも「押しつけ」でも、ましてや「感情の吐き捨て」などではありません。

「こうしたらもっともっと楽しくなるよ〜!」の提案のつもりです。

これからもどんどん「熱く」「真摯に」投稿していきたいと考えています。どうぞお楽しみに!

目指せ、「欽八先生」、です。
by reijiro_kaneko | 2008-01-31 17:56 | 日記

クサい表現はいかが?

studio CAS/Tのレッスンでは大雑把に分けて「分かりやすいポップな曲」と「カッコ良くてスタイリッシュな曲」を使うことが多いです。僕個人の趣味と言ってしまえばそれまでなのですが、「こう捉えてみると皆さんの表現の幅を広げることになりませんか?」という提案を今日はしてみたいと思います。

まず「分かりやすいポップな曲」に関して考えてみましょう。

と一言で言っても、色々ありますよね。賑やかでおもちゃ箱をひっくり返したような音、センチメンタルなメロディーがドラマティックな気分を盛り上げる曲、オリンピックの開会式で使われそうな壮大で豪華な曲、ヴォーカルがメインの歌謡曲のような曲、などなど。

こういう曲って聴いた瞬間にイメージが沸きやすいと思うんです。しかも表現のバリエーションがかなり制限されるものも多い気がします。「お馬鹿」「うっとり」「満面の笑み」「とめどなく溢れ出す感情」などなど。

こういう気分って、そのまま身体に出してしまっていいと思うのです。よく「それってダサくない?」とか「自分に酔ってるようで見てて気持ち悪い」などの批評を耳にしますが、それはあくまでも舞台上での批評に留めておいた方が演技の幅を広げる可能性を踏みにじらなくて済むと思うのです。

身体を動かすってことは、イコールすでに表現なんです。それをより緻密にふくよかにしていくことも大切ですが、ありのままの感情を押し殺して振りだけを追っているのってどうなんでしょう。その方が不自然で見てて苦しく感じます。

勿論、与えられた振りと全く違うことになっちゃうぐらい自己陶酔してしまうのも、レッスンを受ける意味があるのかな?とは思うのですが、あまりにも振りやテクニックにがんじがらめになっているのも勿体ないと思います。

表現も振付けも両方大切にして欲しいのが本音です。でも、そんなに器用な人ばかりではないですよね?片方ずつでいいから、「今回は演技を重視しよう!」「次はテクニックに集中しよう!」と毎回自分で課題を作って色んな受講の仕方を試してみてはいかがでしょうか。


さて、一方の「カッコ良くてスタイリッシュな曲」の時はどうでしょうか?

こういうタイプの曲には無機質な動きが似合うので、繋がったお話や感情の起伏ということよりも「不思議な動き」「スリリングな動き」を大切にしていると思われがちです。

しかしながら、こういう振付の時でも、具体的なお話は見えてこなくても起承転結は必ず存在するのです。ただ、分かりやすい曲で分かりやすい振付を踊ってる時に比べて感情は抑えられる傾向にありますが、内に秘めた感情が興奮した肉体からこぼれ落ちる、とでもいいましょうか。

どんな曲でも、勿論無音でも、必ず感情は動きに応じて動くのが人間です。動いているのに全く感情が動かないのはロボットです。人間が動いているんですもの、クサい表現がボロボロ出てきちゃって何が悪い?って思ってしまうんです。

クールでスタイリッシュなスタイルのダンスをマスターしたいと思っている方へ。

一度、思いっきりクサいダンスを踊ってみてはいかがでしょう?そうすれば他人の批評などしてる暇は無くなりますし、魅力的なクールでスタイリッシュなダンスが踊れるようになるかもしれませんよ!
by reijiro_kaneko | 2008-01-31 00:38 | 身体

ウォームアップ

唐突ですが、皆さんはここstudio CAS/Tのレッスンに限らず、レッスンの前にどんなことをして身体と心の準備を整えていますか?

ここ何ヶ月か、オフの日によその先生のレッスンを受け続けているのですが、どの先生も丁寧に教えてくださるのですが、それぞれの先生が全員の身体をベストの状況に持っていってくれるわけではないので、レッスンが始まる15分ぐらい前にはスタジオや待合室などで「プレ・ウォームアップ」をするようにしています。

ご参考になればと思い、僕の場合の「プレ・ウォームアップ」方法を下に記しておきます。

まず、この季節は特にですが、いきなり床には座りません。お尻が冷えてしまい、血液が循環しなくなるからです。お尻は上半身と下半身を繋ぐとても大切な部分。ここを冷やしてしまうとその後2時間ぐらいかけて身体を温めないと、自分の持っているポテンシャルの1割も発揮出来なくなってしまいます。

腰からお尻にかけてパーカーなどを巻いて保温し、まず上半身を前に倒して背骨や肩胛骨を揺らし、ゆるゆるにします。全てがバラバラになるイメージを持つ日もありますし、離れながら繋がってゆくイメージを抱くこともありますが、とにかくリラックスして呼吸を繰り返し固まった上半身をほぐしていきます。

上半身が少しほぐれてきたら次はお尻と腿の裏側を少しずつ伸縮を繰り返しながら伸ばしていきます。この時に先ほど緩めた上半身とリンクさせ、背骨の間をより開きながら下半身の裏側の筋肉をとりあえずダランダランにします。

次に、何度かロールアップとロールダウンを繰り返しながら背骨の動きを目覚めさせ、同時に足底筋(土踏まずの筋肉ですね)を収縮させます。これでうまく地面が握れない時はすぐに動作を辞めて、近くにある階段や突起部分を使って「青竹踏み」をします。

こうやって縦方向のリセットをした後で、今度は背骨を横方向にストレッチさせます。壁などを使って横を向き片手を上に伸ばして寄りかかり、プリエなども加えながら十分に脇を伸ばします。その後でまたロールアップ・ロールダウンをしてみて、まだほぐれていないようだったら、また体側を伸ばします。

こんなことをしてると大抵スタジオに入れる時間になるので、入った瞬間に仰向けでおなかを丸めたツイスト、軽く腹筋、腸腰筋のストレッチ、バーなどがあれば足を乗っけて腿の内側や裏側のストレッチをしつつ、レッスン開始を待ちます。

こんな感じで、絶対にじっとしている時間がありません。端から見ていると「まあ、忙しい人だこと!」と思われていることでしょう。

でも、これぐらいやっておかないとレッスンを受けても身体が反応してくれないのです。稀に遅刻してスタジオに飛び込んだ日などは最悪です。先生の言ってることは頭では理解出来るのに、身体がアホみたいに言うことを聞かないのです。

とまあ、僕の日常をご紹介したのですが、これを読んでくださったからと言ってすぐに真似をしてね、とは言いません。人それぞれ色々な方法があると思いますから。

ただ一つだけ言えることは、「世間話をして、その世間話に夢中になってしまって、身体を動かさないでレッスン開始を待つのは勿体ない」ですね。

さあ、これからどんどん温かくなってきます。身体も動かし易くなってくることと思います。さらに伸びやかに踊れるよう、自分なりの素敵なウォームアップを考えてみてはいかがでしょう?
by reijiro_kaneko | 2008-01-29 21:41 | 身体

改めてクラス内容説明

間もなく2008年も一ヶ月が過ぎようとしています。2月からは日曜を除く全てのクラスが新スタジオ「スタジオわいわい」に移動します。オーナーのご好意で正面のカラフルなシールも外して頂けることになり、こざっぱりとした落ち着いた空間になるでしょう。すでに何度か足を運んで下さった皆様からは「落ち着いて集中出来る空間」の声を頂いています。今までの3スタジオに比べると少々狭いのですが、そこは使い方を工夫してノビノビ踊れるように配慮していきたいと思います。いづれはここでスタジオ・パフォーマンスなども企画していこうと考えております。

さて、去年の暮れぐらいから若干のクラス内容変更を経て、やっとクラスの目的が明確になり受講して頂いている皆様からも「今日はしっかり軸を作りたいからこのクラスに来ました」「最近身体が固まっているので背骨を使うこのクラスに出てみます」「振りを覚える練習をしたいので水曜のラボクラスにチャレンジしてもいいですか?」などと声を頂くようになりました。嬉しいことです。

何度も趣旨は説明しておりますが、改めて各クラスの内容を以下に説明しておきます。

「Contemporary初級」:ダンス自体にあまり慣れていらっしゃらない方、コンテンポラリーダンスにまだあまり馴染みが無い方、難しいことを考えずマイペースでのんびり受講したい方、などにお勧めしているクラスです。身体の面の切り替えも少なく、終始私が一緒に動いているので、初めての方でも安心して受講して頂けます。使用する曲もビートがしっかり聴き取れる分かりやすい曲なので、戸惑いも少ないと思いますよ。また受講して頂いている皆さんの年齢層も幅広く穏やかなクラスです。

「Spiral & Swing」:背骨・肩胛骨・骨盤・股関節などの可動域を広げ、柔らかい動きを生み出していきます。また、色々な方向への体重移動をスムースにするためのエクササイズやクロスフロアーを沢山練習して頂くことで速い動きにも耐えうる身体作りをしています。振りの難易度は初中級レベルとしていますが、プロを目指す方にも十分役立つクラスです。

「Speed & Technique」:主に身体の面の切り替え、足底筋をしっかりと使ったしなやかなジャンプ、素早い手足のさばき、などをマスターして頂くために様々なメソッドを提供しています。また顔の面の意識を繰り返し注意し、雰囲気だけで踊ってしまわないように促しています。また大筋群だけでなくコアの筋肉から動かすことで、ダイナミック且つ正確な動きが出来るよう指導しています。振り付けは少々難易度が上がり、組み込んでいるテクニックも少々難しいものが多いためレベルは中級としています。経験が浅い方、柔軟性があまりない方はまず上記の「Contemporary初級」「Spiral & Swing」クラスを受講することをお勧めしております。

「The Stage」:ウォーミングアップは基本的に皆さんの自主性に任せており、クラスはバーレッスンから始まります。振り覚えを円滑にするためにクロスフロアーを幾つか行っています。振りは平均2分程度で、他のクラスの色々な要素を盛り込んだバラエティ豊かな内容となっております。下記に記した水曜の「Dance Labo」に比べるとバーレッスンやクロスフロアーがある分、まだ楽なクラスではあると思いますが、ウォーミングアップがありませんので、受講なさる方は自己責任にてコンディションを整えていらしてくださるようお願い申し上げます。

「Dance Labo(水曜)」:ウォーミングアップもエクササイズもせずにいきなり長い振りを覚えて頂くトレーニングのクラスです。自分の実力を試したい方、どしどし参加してみてください。

ちなみに土曜の「Dance Labo」では日替わりでワークショップ的な内容にて実施しております。見学は自由ですので、どんな内容かは実際にいらして確認してみてください。またこのクラスに参加したい方は見学して頂くことで自ずと他のクラスでの課題が見えてくると思います。是非一度ご見学を!


各クラスでのメソッドも振りの傾向も少しずつ金子節が炸裂し始めています。今までのレッスンで評価なさらずに是非受講して身体への効き方を実感してください。一緒に身体を変えていきましょう!

ではスタジオにてお待ちしております!
by reijiro_kaneko | 2008-01-17 17:40 | レッスン

新年明けましておめでとうございます!

旧年中は大変お世話になりました。本年もどうぞ引き続き宜しくお願いいたします。

「ねずみ年」ですねぇ。彼等のようにちょこまかとフットワーク軽く過ごしていきたいと思います。

下記のようにどんどん新スタジオ(スタジオわいわい)にクラスが移動していきます。

1/4(金)から「Spiral & Swing」
2/1(土)から「Speed & Technique」、「Dance Labo」
2/4(月)から「Spiral & Swing」、「Speed & Technique」
2/6(水)から「Dance Labo(振付けトライアルクラス)」
3/2(日)から「The Stage」

3月に全てのクラスが移動完了しますが、その後より皆様に親しんで頂けるようクラス内容・時間なども検討・変更していく予定です。ご友人・お知り合いお誘いの上、どしどしいらしてくださいね。スタジオにてお待ちしております。

本年も皆様にとって素晴らしい年になりますようにお祈り申し上げます。

studio CAS/T 代表 金子 礼二郎
by reijiro_kaneko | 2008-01-01 13:08 | 日記



ダンサー兼インストラクター『金子礼二郎』が気ままに呟いています。
カテゴリ
タグ
最新のコメント
うーん、怪我ですか。心配..
by Annie at 14:33
yukiさん ほん..
by reijiro_kaneko at 12:10
慣れです、慣れ。 がんば..
by yuki at 11:49
ハニョポンタさん ..
by reijiro_kaneko at 22:59
昨夜アバターを観てきまし..
by ハニョポンタ at 13:29
ふぁるさん 初めま..
by reijiro_kaneko at 12:41
初めましてです。 私も..
by ふぁる at 02:15
ひさえさん おー!..
by reijiro_kaneko at 23:54
H先生、以前カザミアで受..
by ひさえ at 15:03
美保子さん とても..
by reijiro_kaneko at 11:23
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧