人気ブログランキング |

【礼二郎のつぶやき】

<   2008年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

シアター21アドバンス公演を終えて思うこと

9/20・21の両日開催されました『シアター21フェス アドバンス』にご来場下さった皆様、本当にありがとうございました。温かいお言葉も沢山頂き、これからの励みになりました。

今回、作者の坂本君から声を掛けてもらい、リハを何度か重ねていくうちに露になったいくつかのことがあります。

まず、心から大好きな相手と満足のいく作品が創れるとは限らない。もしかすると苦手な相手とだからこそ良い作品が生まれる可能性の方が高いのかもしれない、そんなことを考え始めました。正直なところ、彼の求める世界はほとんど理解できぬまま舞台に乗ってしまいました。「普段の礼二郎さんは抑えて」「芝居はしないで」「一生懸命踊って」その3つのキーワードだけをきちんと守って踊りました。以前にも苦手な演出家・振付家と仕事をした時に「気持ち良く踊る」ことを放棄し、ひたすら言われるがままに踊って、好評価を得たことが何度もあり、そういう状況が苦ではないのですが、今回ばかりは二人きりなので非常に苦痛でした。一体どこに向かっているのか全く予測不能。構成もころころ変わり練習しようにもどこから手をつけていいのか分からず、ある日ついに「段取り決めて!」とキレてしまいました。

僕のソロに関しては彼は口出しはするけれど、最終的には僕に任せるとのことだったので、何度かやってるうちに飽きてしまったクラスでお馴染みの振りを照明合わせの時に無理矢理やることにし、中盤の自由演技の部分もある程度振りを決め完全な即興ではなくなるように調整。最後はゆっくりとした動きなので相手に合わせるとして、問題はリフトの部分。こればかりは僕の思ったようには彼は動いてくれないので、出たとこ勝負にして万が一失敗してもそれはそれ、と割り切っていざ本番に臨んだのです。

ここから二つ目の開眼。

照明が入り、音量大きめで音楽もついて、「いえーい!踊っちゃうぜー!」という気分とは全く逆の気分で板付き。照明が入った瞬間不思議なことが起こりました。お客さんの目線がほとんど動いていない彼の方ばかりに行っているではありませんか。僕を見ている人も何人かいますが直視している人は稀で、どこか見てはいけないものを見ているような挙動不審な見方なのです。もともと、僕はあまのじゃくなので、「見られる」ことが不快でたまりません。おかしな話ですが、見てもらうために舞台に立っているのにどうしても「見んなよ、オラ!」という気分になるのです。

しかし、ここまで見られないと悔しくなります。むむむ、なんとかしてこっち向かせよう!と普段では考えられないぐらいハアハアしながら頑張って踊ってしまっている自分がいました。「くそー、格好わるいよ、俺!」と思いながら、でも見てもらえない悔しさよりはマシという複雑な心境で最初の3分を頑張って踊りました。

中盤でも不思議なことが。大好きなジェット・リーの真似パートの最後、地面に人さし指を付き、目の前の人を凝視するところで、三回とも目を合わせた人が絶対に目を逸らさないでいてくれたのです。ターゲットにした人が良かったのかもしれませんが、これも今までにない経験でした。大抵の人は見過ぎると目を逸らしてしまいます。でも今回は違った。もしかすると「逸らしたら殺すぞテメ=!」という恐ろしい本音がバレてしまっていただけの話かもしれません。それでも良い。そのぐらい気持ちが入って目を合わせれば人は絶対に目を逸らせないのかもしれない、という微妙な確信が持てたから。

そした最後の開眼。この作品は、僕にとって全く気持ちが入らない作品でした。何かを訴えようという気持ちなんて入り込む隙間など全く無く、ひたすら「一生懸命踊ろう!」と念じ続けていました。しかしながら、たくさんの方から意外な賛辞を頂き拍子抜けしています。創り続けている作品も観た上で双方を比較しながら評価をして下さった方もいらっしゃいますが、大抵は「あんな礼二郎は初めて見た」そして「ああゆう礼二郎をもっと見たい!」というリクエスト。

うーん、さっぱり分かりません。僕はやっぱりこの平和ボケした日本の中で、他人の体を投げ付けて痛めつける刹那的な苦しい表現を見て、それを良しとする風潮に疑問を抱かずにはいられません。いつ爆弾が降ってくるか分からない土地ではそういうことを題材にして「それでも強く生きていこう。生きていれば必ず救いは来る」というエールにもなるでしょうけれど、個人的なトラウマを題材にもがいたり苦しんだりしてるのを公の場に恥ずかしげもなく曝け出して、それで何がしたいのでしょう?そんなことはウチでやってればいい、そうとしか思えない僕は偏っているのでしょうか?

それから、頑張って踊るのなんて当たり前で、その頑張ってる姿は舞台の上では見せずにいとも簡単にやってのけてることに感動し、そうなりたいと後続者が出るのが普通だと思うのですが、どうやらそうではないようです。何のための日々の努力なのでしょう?ここにも日本の永遠のアマチュアリズムへの傾倒が顕著に表れている気がして仕方がありません。

ショーアップされたものだからこそ、お金を払う価値がある。例え、始まりは個人的な古傷だったとしても、それを笑い飛ばせるぐらいの懐の深い演出がかかっていないと救いが無いじゃないですか?

ちょっと感情的になりましたが、逃げも隠れもしません、これが僕の本音です。こうやってウェブ上だけでなく、突っ込んで質問してきて下さった方にも同じことを答えています。

そして最後に言っておかなければならないことがあります。これはあくまでも僕の意見です。これに右に習え、ではありません。人と人ですもの、完全に理解出来る相手なんて絶対にいないと思います。ですから、これからも「私はこう思う!」と堂々と僕の前でも発言してほしいと願います。それに対して「ばっかじゃねえの?」と僕が返したとしてもそれはゲームです。お互い曝け出しあって話しないとお互い成長しませんからね。

もしかしたらここのブログへの書き込みが少ないのも、「こんなこと書いたら先生の機嫌を損ねるんじゃないか?」とか「こんなことを言ったらメンバーからハブにされるんじゃないか?」とか思ってるからかしらん?などと妄想してみています。

ん?書き込むほど魅力のない内容だから?

ああああああ、それは僕が頑張るしかないですね。おっし、面白いお話いっぱいかけるよう、みなさんが楽しくコミュニケーション出来るよう頑張ります!お楽しみに!
by reijiro_kaneko | 2008-09-22 01:31 | 日記

10/2【FF by 1:00ve】ご案内

Super Deluxeにて上演いたしました【FF】がパワーアップして帰ってきました。しかも1:00ve単独ライブ!僕の担当は前回に引き続き『嵐』のシーンとピアノとバイオリンと一緒に踊る『幻想』、そして【Parade】【OPIUM】でも共演します船崎さんとのデュオと盛り沢山です。是非お誘い合わせの上、いらしてください。不安な方は以下のメルアドまでご予約メール(お名前、人数を明記してください)をお送りください。

【FF by 1:00ve】 @公園通りクラシックス
10/2(木) 19:00開場 19:30開演

キャスト:
荒井 佑 computer
船崎 まり子 body
金子 礼二郎 body
いたばし しずか voice
NaNaCo Violin
岡野 勇仁 piano
佐々木 隆志 drums
川畑肯大郎 guitar
hiiro hiroki VJ
尾崎 和正 VJ

charge:予約・当日共2500円
ご予約 love_oval@yahoo.co.jp
a0052916_1165334.jpg
a0052916_1171025.jpg

by reijiro_kaneko | 2008-09-21 01:17 | 舞台

2009年 studio CAS/T 発表会 始動!参加者募集!

以前告知しましたstudio CAS/Tの第3回目となる発表会の概要・募集要項です。

「説明会をするよ」と言ってましたが、クラスですでに発表会のモチーフを数多く踊ってもらっているので、もう出演者を募ってしまいます。以下の詳細をお読みになり、参加の意志のある方は金子まで直接お申し込みください!今日9/13(土)から受付ます。

開催日時:2009年2月28日(土)・3月1日(日) 
     両日ともに2回公演(合計4回公演)
     ※今のところ、28日→15:00/19:00 1日→13:00/16:00 の予定
会場:セッションハウス(神楽坂)
上演演目:【FLOW】(生徒の皆さんによる作品:30〜40分ぐらいの予定)
     【Parade】(2008/10/5に上演する作品の再演:30分拡大Version)
     休憩を挟んで合計1時間強ぐらいの上演時間になる予定です。
集客予定人数:100名×4回
決起集会:2008年11月15日(土)16:30〜18:00@スタジオわいわい
リハ開始日時:2008年11月16日(日)
参加定員:30名を限度とします。
一人あたりの出演時間:最低でもお一人あたり10分は踊ってもらいます。ただ、一人一人のレベルに合わせて細かくグループを組んでいきます。

リハーサルは基本的に土曜16:30〜18:00、日曜16:30以降数時間、平日の昼〜夜間で考えています。グループを分け、どのグループも必ず週1回はリハが入るようにしていきます。上記の決起集会にてスケジュール調整係を決め、年内のリハーサルスケジュールを組んでいきます。

公演直前の2/24(火)20:00〜22:00に都内のどこかのスタジオや公共施設にてセッションハウスのスタッフさんにいらしてもらい照明下見を行います。

制作だけに関わってくださる方も募集しています。チケット管理、チラシ・パンフレットの注文・保管、当日の受付・会場周りの諸作業などの制作の仕事に詳しい方でもそうでない方でも結構です。立候補・ご紹介などお待ちしています。

音楽制作協力:荒井佑
ギター生演奏:野村雅美
衣装協力:Die-co★、KEI NAZUKI
デザイン:石川幸彦、中嶋馨
写真・ビデオ撮影:リムーブイメージ
照明・音響・舞台監督:セッションハウスの皆さん

参加費:¥70,000(衣装代¥20,000、振り付け料・リハ指導料・リハ会場費込みで¥50,000)
参加費支払い方法:金子まで直接参加の旨をお伝え頂いたのちに指定の口座に振り込みをお願いします。分割での納入にも応じます、ご相談ください。

日頃のレッスンでの成果を是非発表したい方、どしどしご応募ください!お待ちしております!
by reijiro_kaneko | 2008-09-13 11:21

【OPIUM】本当にチケット発売開始!

a0052916_1042199.jpg

【OPIUM】のフライヤー出来上がりました!!!!!。チケットも本当に発売開始いたします。両日ともに定員90名なので、チケットは早くに無くなることが予想されます。観覧ご希望の方はメールでのご予約も受け付けておりますので、下記のアドレスまで希望日・お名前・人数・受け取り方法(振り込み→郵送、直接ご購入、または当日清算)を明記の上ご連絡ください。

Mail : castcontemporary@yahoo.co.jp

Reijiro Kaneko Dance Ricital vol.1
2008年11月8(土)・9(日) 19:00開場 19:30 開演
@Museum Tokyo (荻窪) 
http://www.museumtokyo.com/new/museum/index.php?section=contacts
チケット:前売り \3,000 当日 \3,500
出演:野村 雅美 (guitar) 船崎 まり子(dance) 金子 礼二郎(dance)
お問い合わせ:090-3902-5155(金子携帯) castcontemporary@yahoo.co.jp
a0052916_10441271.jpg

by reijiro_kaneko | 2008-09-09 10:44 | 舞台

嵐を呼ぶ男

11月に共演してくださるギタリストの野村氏がスタジオに遊びに来て下さいました。

以前阿佐ヶ谷のヴィオロンというレトロなカフェでのライブを拝見して感動という陳腐な言葉では言い表せない衝撃を受け、いつか是非共演を!と熱くラブコールを送り続けていましたが、まさかこんな早くにその夢が実現するとはもうなんか正月とお盆と結婚式と夏休みとクリスマスと誕生日と還暦が一緒に来たみたいな喜びようです。

上級クラスの振り入れが始まって間もなくいらっしゃったのですが、『え?今日初めての振りなの?なんで皆あんな速く覚えられるの?』と驚かれていました。なんだかちょっと皆を誇らしく思えて嬉しい瞬間でした。

完全に振り付けが終わり、繰り返し交互に踊る段になると、身体全体を揺らしリズムを取っていらっしゃって、その姿にますます嬉しさ加速。やっぱり、チーンと静かに観られるのって辛いんです。気持ち良かったら居眠りしたり、興奮したら思わず叫んだり、つまらなかったら隣の人とお喋りしたり、感じたまま反応してくれるとこちらも何かしら変化を付けようとあれこれしだすんです。行儀が過度に良く、しかも我慢して観続けられ『これには絶対何か深い意味があるはず。いえいえ、それよりも高いお金払ってるんだから元は取らなきゃ損よ!』みたいにギラギラされるともう駄目。

後から『自由に向かっているダンスだ』というたまらない感想を頂戴しました。グッと来ましたねぇ。僕の振り付けはかなり束縛力が強く規則が多めですが、そこに完結せず目的は『自由』にあります。ダンサーも観客もとてつもなく解放され幸せな気分に浸れるのが理想です。それを簡単に見破って下さった彼の洞察力と感性にお手上げです。

お願いしておいた作品をMDに落として持参してくださったのでスタジオでまず聴きながら即興で動いてみましたが、今まで味わったことのない気分になり自然に身体が動いていました。疲れはピークに達しているのに勝手に動いてしまうのです。急に豪雨になってしまい帰れずにいた生徒の皆の前で体裁を忘れ取り憑かれたようにグュルンギョリン踊っていました。

帰宅してから改めて全編通して聴いてみましたが、ほぼ号泣しっぱなしでした。完全にノックアウトです。結婚してくださいって感じです。カッコ良すぎ、美しすぎ、大きすぎます。

あぁ、これだけの素晴らしい人にどうやったら肩を並べられるんだろう?考えても無理なので今日は潔く眠ります。明日からまた一段階ステップアップします。
by reijiro_kaneko | 2008-09-08 11:41 | 日記

野村氏現る!

11月のリサイタルと来年の発表会で素敵な生ギター演奏をしてくださる野村雅美氏(マサヨシさんと読みます)が今度の日曜(9/7)のレッスン時に見学に来てくださいます。パッと見はスキンヘッドで強面の方なのでビックリしてしまいますが、話すと物腰柔らかく穏やかを絵に描いたような方です。

だからどうした?じゃないんですけど、もし発表会参加を検討している方は是非今度の日曜レッスンに来てみてはいかが?というお誘いです。彼がその場でギターを弾いてくださるワケでもないですが、どんな方か触れてみるってとても大切な体験だと思うのですよ。

振りの内容は今月もまたどのクラスも共通で行っていますので、易しめのクラスに出ていらっしゃる方も是非是非日曜もチャレンジしてみてください。ただ長ったらしいだけなので。曲の本当の長さ:9分強は無理だけど、たまには3分ぐらいフフフンと踊ってみませんか?

9/7に限らず、沢山の皆様のご参加お待ちしております!


あ、関係ないですが、携帯の機種変してみました。以前の機種があまりにもカメラの画素数が少なくて、稽古風景とか撮ってもブレブレガサガサだったので、今度の機種選びにはまず画素数が多いもの・そしてテレビが観られるもの、を条件に絞り込みました。同じメーカーのものなので操作も楽ち〜んとたかをくくっていたら、これが一苦労。アドレス帳とかぐちゃぐちゃです。こういうデータが散らかっているのを直すのが一番苦手なんですけど。。。。。

皆さんは携帯選び、何を一番重要視しますか?

ちなみにこんな感じで撮れてます、の報告です。アングル、まだまだ超初心者です。精進します。
a0052916_94121.jpg
a0052916_941823.jpg

by reijiro_kaneko | 2008-09-05 00:08 | レッスン

【OPIUM】チケット発売&ご予約開始

a0052916_1435492.jpg

【OPIUM】のフライヤーが来週半ばに出来上がります。チケットも同時に発売開始いたします。両日ともに定員90名なので、チケットは早くに無くなることが予想されます。観覧ご希望の方は先行予約も受け付けておりますので、下記のアドレスまで希望日・お名前・受け取り方法(直または当日清算)を明記の上ご連絡ください。

Mail : castcontemporary@yahoo.co.jp

Reijiro Kaneko Dance Ricital vol.1
2008年11月8(土)・9(日) 19:00開場 19:30 開演
@Museum Tokyo (荻窪) 
http://www.museumtokyo.com/new/museum/index.php?section=contacts
チケット:前売り \3,000 当日 \3,500
出演:野村 雅美 (guitar) 船崎 まり子(dance) 金子 礼二郎(dance)
お問い合わせ:090-3902-5155(金子携帯) castcontemporary@yahoo.co.jp


夏の終わり 蜩が鳴く頃になると 
もうすぐやってくる柔らかい闇へのどうしようもなく不安な気持ちを
濃厚な木々の匂いがもたらす不思議な高揚感が浸食して 
神なのか怪物なのか分からない幻影を見た幼い日々

野村さんのギターには 蜩の合唱がよく似合う
船崎さんのダンスは 柔らかい闇を感じさせる
そのお二人とセッションするということは
僕の役割は阿片よりも高揚感をもたらしてくれる濃厚な木々の匂いを
表現することか

いやいや そんな大それたことは出来ないだろう
僕に出来ることと言えば せめて大好きな音に同化してしまうことぐらい

観に来て下さる皆さんに 心地よいひとときを過ごして頂けたら 幸せです

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
a0052916_14321942.jpg
a0052916_14323370.jpg

by reijiro_kaneko | 2008-09-04 14:32 | 舞台

今月の振付

あらあら、気が付いたら9月に入ってました。あわあわあわ。

今月も先月に引き続きミニマル祭りです。ミニマルでネイチャーでミステリアスな感じです。って何が何だか分かりませんよね?

では丁寧にご説明を。

まずは曲。スティーブ・ライヒというミニマル・ミュージックの大家の曲を使っています。Midiという機械を使って演奏される木琴の音に似た3拍子の曲です。3拍子ではあるのですが、シンコペーションが多く細かい粒のように音がぎっしり詰まっているので、音を把握するのがちょっと大変ですが、慣れるとその刻々と変化していく展開にワクワクすること間違いなし!

次に「ネイチャー」ですが、今回は「水の流れ」をテーマにしていて、湧き水がいつしか大河になっていく様、その経過で様々に変化する周辺の様子などを描いています。実はこの曲9分を超える大作で、その全てを9月中に踊ることは不可能なのですが、出来る限り川の中流ぐらいまでを描きたいなぁと思います。

そして最後の「ミステリアス」。具象がテーマではありますが、実際振りに落とした時にあまりにも具象そのままだと幼児ダンス教室になってしまうので、観る人が様々に想像をかきたてられるよう抽象的な表現を多く盛り込んでいます。加えてグネグネ・ピョンピョン・バインバインした動きが多く、一体どうやって身体を使っているのか不思議に映る振付にしています。

前回もお知らせしたように、どのクラスも同じ振付を行っていきます。クラスによって少々バリエーションをつけますが、大体基本の動きは同じですので、レベル設定におののかず是非どのクラスにもチャレンジしてみてくださいね!特に大変な動き・特徴的な動きに関してはウォーミングアップ中にも繰り返し伝授していますので、安心です。

皆様お誘い合わせの上、是非是非お越しください!沢山の方のご参加、お待ちしています!
by reijiro_kaneko | 2008-09-02 01:09 | レッスン



ダンサー兼インストラクター『金子礼二郎』が気ままに呟いています。
カテゴリ
タグ
最新のコメント
うーん、怪我ですか。心配..
by Annie at 14:33
yukiさん ほん..
by reijiro_kaneko at 12:10
慣れです、慣れ。 がんば..
by yuki at 11:49
ハニョポンタさん ..
by reijiro_kaneko at 22:59
昨夜アバターを観てきまし..
by ハニョポンタ at 13:29
ふぁるさん 初めま..
by reijiro_kaneko at 12:41
初めましてです。 私も..
by ふぁる at 02:15
ひさえさん おー!..
by reijiro_kaneko at 23:54
H先生、以前カザミアで受..
by ひさえ at 15:03
美保子さん とても..
by reijiro_kaneko at 11:23
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧