人気ブログランキング |

【礼二郎のつぶやき】

<   2009年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

だまし絵展鑑賞

今日はかねてから両親が希望していた「だまし絵展」に出掛けてきました。

だまし絵展

a0052916_1748384.jpg

若い頃から絵が趣味の父ですが、定年退職してからはますます創作意欲に火がついているらしく月に4つぐらいのペースであちこちの展覧会に出掛けているようです。連れ回される母は大変です。

a0052916_17501586.jpg

何気ない表情の時の方が魅力的なので敢えて「はいチーズ!」なんて言いません。いきなり撮るので母はいつも「今、変な顔だったでしょ?」と不満そうです。

a0052916_17543372.jpg

一階の「Les Deux Magots Paris」でランチを頂きました。父はもの凄い速さで最初で出てくるパンを次々と「うまい!」と唸りながら食べ続け、メインのお料理が出てきた時にはバスケットは空になっている始末。ガンを克服してからというもの、食欲が旺盛になりホルモン療法の副作用もありどんどんおなか周りが豊かになっています。でも、変に摂生してガリガリになるよりはふくよかで楽天的な方がいいのかもしれません。

さて展覧会ですが、お目当てだったアルチンボルドは2点しか展示されておらずちょっとがっかりしましたが、マグリットやダリ、そしてエッシャーを始め沢山の初めて目にする画家の絵を見られて満足でした。中でも僕は個人的にこの絵に釘付けでした。
a0052916_1824117.jpg


日本の河鍋暁斎や歌川国芳の絵や本城直季の写真も何点か展示されており、古今東西のだまし絵博覧会といった風情は十分に実現出来ていたようですが、全体的にはちょっと物足りなかった部分もありましたね。

でも、こうやってダンス以外の芸術に触れることは本当に心にも身体にも栄養になります。観たからと言ってすぐにひらめきがあるわけではないですが、積もり積もっていつか反映される時が来ます。熟成させ混じり合って摩訶不思議な世界観に到達出来たらいいなぁ。。。。

あ、遅ればせながら今日のBGMはこれ。「Oscar Peterson / Motions & Emotions」
a0052916_18111915.jpg

by reijiro_kaneko | 2009-06-29 18:11 | 日記

今日のメルシーちゃん

以前ご紹介したメルシーちゃんと今日また再会してきました。

桃園文庫

a0052916_19152318.jpg

a0052916_19154144.jpg

a0052916_19155741.jpg

a0052916_1916108.jpg

a0052916_19162073.jpg

a0052916_19163124.jpg


店主のKUROYURIさん以前からダンサーでもあり振り付けもなさると友人から聞いていたのですが、杏奈さんのスタジオで教えてらっしゃる方だと帰宅してから気付きました!

そんな凄い方とは気付かず来年の公演の出演交渉をしていた僕。。。。まあでも先入観無しで話した方がいい時もありますしね(汗)。
by reijiro_kaneko | 2009-06-28 19:20 | 日記

【Open The Door】集合写真!

主催者から集合写真3枚送って頂いたので公開しちゃいます。
いやー、みんな楽しそうですね!ほんと楽しかったもんね!
a0052916_0574167.jpg

舞台終了直後。
a0052916_058324.jpg

打ち上げにて。
a0052916_0582332.jpg

後日、新宿のカラオケボックスの貴賓室でのビデオ上映会にて。
by reijiro_kaneko | 2009-06-28 00:59 | 舞台

普通に日記(6/26)

今日のBGM。
a0052916_11542857.jpg

Elie Semoun / Chansons

綺麗なビブラートをかけて朗々と歌う人が上手な歌手だと信じて疑わなかった僕の価値観を覆してくれた歌手の1人。シャンソンやボサノバはどちらかというと不安定なぐらいの歌い方じゃないとあの雰囲気は出せないのかもしれないですね。

強引ではありますが、僕のエロ感もこれに通ずるものがあります。いかにもなセックスシンボルにはあまり惹かれません。どちらかというと一見普通に見える人が時折ちらっと見せるちょっとしたことに都こんぶ的味わいを感じ続けるのです。

なんて言いつつ、ボーンキュッボーンな人に対して「おおおおーっ!」と思うこともあります。ただ、その興奮はほんの一瞬なんですよね。すぐに飽きちゃいます。

ということで結論。真のエロは「見てて飽きないエロ」。
by reijiro_kaneko | 2009-06-26 12:16 | 日記

普通に日記(6/25)

今日のBGM。
a0052916_11433415.jpg

Helios / Caesura
このお方、別名義Goldmundでヨーロッパっぽい室内楽的ピアノソロアルバムを何枚か出されていますが、このHelios名義のアルバムではリバーブの効いたギターをメインにソフトロックなリズムを重ね、ごく僅かにノイズを散りばめたドリーミーで浮遊感のある世界を創る人です。こういう音を聴きながら夜明けを見たりしたら間違いなくどっかにイッてしまいそう。

ある方にスノッブだと言われました。「スノッブ」って久しぶりに聞いたワードでしたので、早速調べてみました。

【snob】:紳士・教養人を気どる俗物。えせ紳士。スノブ。

うーん、これマガイモノてことですよねぇ。。。。たぶん、ここから意味が派生してカッコイイライフスタイルを謳歌している、みたいな意味で使ってくれたみたいなんですが、辞書ひいてがっくりきました(笑)。

確かに話してると普通にエロ爺だし、服装とかも別にきばって高いものとか着てないし、吉野家で牛丼食ってご機嫌だし、そういうとこ見てるとHeliosとかGlenn Gouldとか聴いてしんみりしてるようには見えないみたいです。

まあ、色んな面があるということはそれだけめくるめく楽しみがあるってことと勝手にポジティブに解釈して今日も前向きで頑張ります〜♪明日には相方が帰国するので最後の独身貴族DAY!恒例タワレコ4時間コースとでも洒落込みますか。
by reijiro_kaneko | 2009-06-25 11:56 | 日記

普通に日記(6/24)

今日のBGMはこれ。
a0052916_23181333.jpg

予備知識が何もないので偉そうなこと何も書けないのですが、とにかく「Tim Story」という方と「Hans-Joachim Roedelius」というお方によるアルバム。WAVEとかに置いてありそうなちょっと昔のアンビエント。くぐもっていてどこへ向かっているのか分からないなんとも言えない停滞感が病み付きになる魅力的なアルバムです。ダンスには、ちょっと向かないかなぁ。独りで部屋で聴くのにちょうどいい感じだと思います。

新しく通い始めた方から「いったいその体はどうなっているんですか?」と聞かれたり、ぼんやりと身体の面の意識なく動いているからふらふらする人を見てたり、一番大切な部分を見逃して顔ばかり見ている人がいたりするものですから、それが良いキッカケになってこんなことを皆さんに伝えました。

「僕は何かとても凄いことはしてないんです。丁寧に身体と向き合って、しっかりとどこを向いているのかを把握して、イメージ豊かに踊っているだけなんです。別にフェロモン全開にしてるわけでも指先からビームが出るわけでもないんですよ」とね。

若い頃は本気でいつか指先からビームが出せるようになると信じていました。でもこの歳になってみて分かったのですが、それは妄想に過ぎませんでした。その代わりに、一つ一つは本当にちっぽけなことの積み重ねがいつしか身体に染み付いて何か凄いことをやってるように見える術は身に付けたように思います。

美の伝道師もおっしゃっています。「始めるのはいつでもいいの。ただ、あきらめないで続けることが必ずなりたい自分に導いてくれるのよ」。

さあ、ご一緒にちいさなことからコツコツと、はじめてみませんか?
by reijiro_kaneko | 2009-06-24 23:54 | 日記

【Open The Door】DVD鑑賞会

早いもので【Open The Door】から3週間も経ってしまっていたのですね。いえ、早いものでと言いながら3ヶ月ぐらい経ってるような感覚でもありましたので久々に再会したメンバーの顔がとても懐かしくDVDを観る前から会は大盛り上がり!

さて、本編ですが、当日会場入り・曲毎の場当たりは殆ど無し・ぶっつけ本番ゲネという怒濤のスケジュールで臨んだ舞台でしたので、誰も照明や映像がついた状態では観たことが無く、昨日はまるでよそ様の舞台を観ているような感覚でして、最初っから最後まで全員が絶叫歓喜しっぱなし。カラオケボックスの一室を借りての鑑賞会で良かった、、、。個人宅だったら絶対周りから苦情の嵐でしたね。

それぞれの振付や衣装や構成やダンサーの力量が素晴らしいのは日々の稽古で歴然としていたのですが、やはり照明が入るとガラリと印象が変わります。照明さんが実際に踊る方でもあるので「ここ!!」ていう時に絶妙なタイミングで気持ちの良い照明を入れてくれるのです。明確にこちらから指示をしなかった部分も彼のセンスで素晴らしい演出をしてくださっていて、愛をビシビシと感じ何度も泣きそうになりながら観ていました。

自分の作品に関しても、あれだけ「あんまり灯体吊れないんでどう使い回すか必死に考えています」とおっしゃっていたにも関わらず、3曲それぞれに専用照明をつけてくださっていて思わず濡れました(ダイレクトな表現、お許しを)。松田氏メインの一曲目は幕開き冒頭「あれ?これってレミゼの舞台だって?」と思うような世界に一変していましたし、女性三人のナンバーはエッジの効いた照明で鋭い雰囲気を更に底上げしてくださっていました。そして、最後の「黒い森」。本当に森でした。木々が芽吹いては朽ちていく、その輪廻転生がしっかりと再現されていて、何度もホリゾントに映る影が「バンビ」の燃える森の中を逃げていく様々な動物たちの影に見えて、最後のソロからユニゾンの部分では単純な振りにも関わらずグオーッと巨大な木に成長していくように見えるのです。

この舞台を観て下さったお客様の1人が、「ダンスの舞台を観て初めて泣きました」と言ってくださったのですが、そのツボが分かったような気がします。ダンサーの表現どうこうでもなく照明効果でもなく演出や振付の妙技でもなく、舞台からトローッと流れ出すなんともいえない空気がきっとその方の身体に浸透していったのでしょうね。

とは言え、やはりダンサーの皆さんのセンス・肉体・そして頑張りがあればこそ、この舞台は成立したんです。本当に感謝です。そしてダンサーの1人として同じ舞台に立てたこと、嬉しく誇りに思います。この舞台を成功に導いた千葉さん、何から何まで本当にお疲れさまでした&貴女は凄い人だ!

ありがとうございました!

写真も仰け反るぐらい素晴らしいのでそのうちここでもアップしますね!お楽しみに!
by reijiro_kaneko | 2009-06-22 13:36 | 舞台

普通に日記(6/21)

今朝のBGM。
a0052916_10472254.jpg

Library Tapesですね。「物悲しくてリズムが取りやすくて音にあんまり起伏がなくてノイズが適度に散りばめられていて使いやすいアーティスト知ってる?」って聞かれたらご紹介しています。

こういう雨の日にうっかりテンション低めで聴いたりするとヤバいです。寂しくて怖くて膝を抱えたまま一日過ごしてしまいそうです。あいにく今日はレッスンの後、【Open the door】のビデオ会があり盛り沢山な一日なので引き籠もってる暇はないですが(笑)。

先日友人と話していて激しく同意したことがあり、今日はそのエピソードから無駄に話を膨らませて書いてみたいと思います。

その友人は関西出身で、東京に出てきてまだ一年。「東京はどう?」と聞くと「人が多くて楽しいね」と言いました。そして衝撃の一言。「東京の人はなんでみんな俯いてるの?」

つんとすましてたり、気取ってたりして必ずしもフレンドリーとは言い難い印象があるとは昔から聞いていたけど、俯いている人が多いってのは初めて聞きました。言われてみれば確かにそういう人は多いですね。まあこれだけ人口過密な地域で誰かれ構わずフレンドリーにしてたらどんなに体力ある人でも疲れちゃうし、情報が氾濫し過ぎてるから自己防衛してるのもあるんでしょうね。

その彼とは音楽繋がりで会うことになったのですが、初対面の印象は生意気なぐらい終始顔を上げていて相手の目を見て話す人だなぁといった感じ。それだけずっと目を見られたらシャイな僕でも見返さずにはいられません。目から入ってくる情報は膨大です。言葉で説明出来ないちょっとしたニュアンスは目を見ていれば自然と理解出来ます。口で同意しなくても瞳が動けば十分伝わるし、興味が無ければ目をそらすし、何か考えていれば目がくるくる動く。なんかまた一つマニアックな楽しみを見つけてしまい、嬉しくなっています。

話変わって、クラスで最近言い続けていることの一つに「鏡に映る自分をよく見て!」ってのがあります。なんとなく動きをチェック、ではなくて、格好良く決まった時だけでなく、終始自分のありとあらゆる状態を鏡でチェックして、落ち込んだり自信を持ったりしながら試行錯誤しつつ自分に磨きをかけていくことをお勧めしています。身体の内面の声に耳を傾けることもとても大切ですが、それよりは表面に表れたものをしっかりと見ることをまずやらないとマスターベーションダンスに陥りがち。やはりステージに立つことが前提となっているこのジャンルでは、見た目の美しさは最重要事項です。持ってうまれた骨格は容易には変えられませんが、周りについている筋肉はいくらでも変えられます。鏡の中を自分をしっかりと見て、「ここのお肉を取りたい!」「ここに筋肉をつけたい!」「カチンコチンな動きを無くしたい!」「なよなよした動きから脱したい!」などと激しく望めば絶対に身体は変わってくれます。

なんて言ってるだけなら誰でも出来ますよね、、、。僕もそういうタイプには甘んじたくないので最近頑張っています。「動けるマッチョになりたい!」と望んで毎日腕立てと腹筋とスクワットをしていたらどんどん身体が分厚くなってきました。さあ、皆さん、もうすぐ夏がやってきますよ!悩殺ボディ目指して一緒に頑張りましょう!
by reijiro_kaneko | 2009-06-21 11:22 | 日記

普通に日記(6/20)

今日のBGM。
a0052916_1033428.jpg

邦盤名「ルドヴィコ・エウナウディ/希望の光」
イタリア人のピアニスト・コンポーザーです。なんとも言えない哀愁感漂うメロディーを書く人です。ピアノソロも悪くないのですが、ストリングスを従えてのこのアルバムは数ある彼の作品の中でもトップ。弦の音が旋律をそっと引き立てています。

今月のTipnessの振りはこの間の公演「Open The Door」に便乗して「扉を開け続けるもどこにも求めるものは無くて苦しい心情」な振付にしています。一昨日・昨日と佳境に達し、一回踊るごとに相当疲れるようになりました。皆さん、倒れんばかりに頑張って踊って下さって感謝です。

五反田店ではよく来て下さる男性メンバーさんと二人で踊らせてもらいました。男同士でしかもある程度踊れる人とだと、無性にライバル心やら体育会系の駆け引きやらでゴウゴウと凄い勢いで踊れてとても楽しいです。T先生と二人で踊った時もそうですが、相手の背中が見える時は「おら!どうした!そんだけか?」とプレッシャーをかけ、背後から追われる位置に来た時は視線を背中にビシビシ感じて「そんなに追い込んでくるなよー!チキショー!土手まで競争だー!」みたいなちょっと切なくて嬉しい気分になります。これは男同士ならではのちょっと幼稚で馬鹿みたいに青春な気分ですね(笑)。

さて今日はCAS/Tのレッスンの後は久しぶりにTipnessが休みなので友人と逢いたいと思います。先日も自宅に友人を招いて長々と色んな話をしましたが、とっても楽しかったんです。当たり前だけど、なかなか出来るようで出来なかったことを今やっと少しずつ実行しています。ともすると自己完結しがちな自分を他人は放っておいてくれません。「それで貴方はそこでどう考えたの?」と聞いてくれると今まで気付いていたと錯覚していたことが実は何も気付いていなかったり違う見地から見ることが出来て新たな発見があったりします。思慮深く自分を探求することも必要ですが、他人の目を借りて自分を見つめ直すことの大切さを今更ながら実感している今日この頃。

昨日電話で長話していて「あら?」と思った一言。「貴方は自分がイケてるって思うことないの?」

「俺ってカッコイイ!俺って素敵!」なんて100%思うことはありません。いつもどこかしらコンプレックスや見劣りする部分が目につくから、どうしたらそれを改善出来るのか、そればかり考えて試行錯誤しています。完璧に満足することなんて無いから生きていられるといっても過言ではないでしょう。

今日も皆を叱咤激励しつつ鏡の中のイケてない自分と闘ってきます!
by reijiro_kaneko | 2009-06-20 10:51 | 日記

普通に日記(6/19)

今日のBGMはこれ。
a0052916_1230562.jpg

a0052916_12302743.jpg

Stacy Kent嬢はかのクリント・イーストウッドが惚れ込んだ歌姫。ちあきなおみ様は今さら説明不要ですね。日本人歌手の中で最も好きな歌手の一人です。上手過ぎます!

さて、昨日はT社G店でのクラスでしたが、嬉しいことが二つほどありましたのでここでもご報告。

まずはストレッチクラスでのこと。クラスの最後に手をグーパーしながらしかめっ面したり満面の笑みをしたりと全身を使って動くまとめをしているのですが、それが終わった瞬間にある方が「これがあるからいいのよー」と言ってくださったのです。公共の場で集団で何かをする時ってどうしても「ちゃんとメソッドについていかなきゃ!」とか「まじめにやらなきゃ!」という気持ちが日本人は特に強いのでどうしても表情は強張ったまま体だけ動かす傾向にあります。僕は個人的にそれはとってもナンセンスだと思うのです。楽しかったら笑う、つまらなかったらぶすっとする、疑問に思ったら「?」な顔をする、理解出来たら「!」となる、が普通だと思うのですが、変に出家をしてるようなフラットな顔をなさる方が本当に多いので、親父ギャグ炸裂で和やかな雰囲気を作ることを敢えてしています。表情が動いてくると不思議と体も素直になって、もっともっと滑らかに動くようになるからです。そんな思いもあるので昨日のコメントはとても嬉しかったんですよね。

また、ジャズスクールが終わった後、帰り際にお声をかけてくださったメンバーさんが「アームスの動きがとても難しいですね。どこからが腕なのかいつも一生懸命見ているのですが、なかなか大きく動けません」とおっしゃっていました。日頃から「腕は背骨から」と言い続けていますが、それが少しでも伝わっていると実感出来る瞬間があると励みになります。ターンやバランスやジャンプなどテクニックをもっと伝えたいとは思うのですが、その前にまず全身を使って大きく動くことを覚えて頂くことが先決だなぁと感じて今はあまりテクニックをうるさく注意はしません。1年〜2年かけて徐々にテクニックに繋げていければいいなぁと長期展望でじっと我慢です。それはホームグランドのCAS/Tでも同じこと。ひたすら体重移動ばかり注意されている皆は「むーん」となっている人もいると思いますが、基本的に「身体で感じる」ことが足りていないので、今はとにかく大汗をかいてひたすら大きく動くことだけを要求しています。いつかターンコンビネーションなんかがすらすらと出来る日が来ますように☆
by reijiro_kaneko | 2009-06-19 12:48 | 身体



ダンサー兼インストラクター『金子礼二郎』が気ままに呟いています。
カテゴリ
タグ
最新のコメント
うーん、怪我ですか。心配..
by Annie at 14:33
yukiさん ほん..
by reijiro_kaneko at 12:10
慣れです、慣れ。 がんば..
by yuki at 11:49
ハニョポンタさん ..
by reijiro_kaneko at 22:59
昨夜アバターを観てきまし..
by ハニョポンタ at 13:29
ふぁるさん 初めま..
by reijiro_kaneko at 12:41
初めましてです。 私も..
by ふぁる at 02:15
ひさえさん おー!..
by reijiro_kaneko at 23:54
H先生、以前カザミアで受..
by ひさえ at 15:03
美保子さん とても..
by reijiro_kaneko at 11:23
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧