【礼二郎のつぶやき】

<   2010年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

仮タイトル【Village】

いきなりタイトルからお知らせしてますが、studio CAS/T 第5回公演を来年2〜3月に開催しようと只今奔走中です。

次回は今までの生徒の部・ゲストの部という二本立てではなく、スッキリ一幕での公演を考えています。勿論ゲストさんも数名お呼びしますが、日頃レッスンに励んでいるメンバーの可能性を最大限に引き出せる構成・演出を行い、ゲストさんとのコラボレーションの美しい形を探っていこうと考えております。

どんなテーマや衣装がいいかなぁとずっと考えていましたが、先日お告げがあり(笑)「今度は閉ざされた村」「結婚」「不思議な人々」という要素にすると良いみたいです。完全に他人事発言ですが・・・

いつも英語タイトルなので安易ではありますが【Village】が良いだろうとポンと決定。アーミッシュの村、ダービー帽、黒づくめのスタイリッシュだけどノスタルジックな衣装、トラディッシュだったら古楽だったりな音楽、という感じでまだまだまとまりませんが、近日中に詳細をググッとお知らせ出来るよう頑張ります!乞うご期待!
a0052916_12275233.jpg

a0052916_1228593.jpg

[PR]
by reijiro_kaneko | 2010-06-30 12:28 | 2011年公演

観たいもの目白押し!

これはと思う公演や展覧会を二つご紹介します。

●「Day Break」7/10(土)@セッションハウス

【Chess】でジュリエットを体当たりで演じてくれた船崎まり子さんが彼女の仲間3人と創り上げたリサイタル公演です。チケットは僕に言って下されば手配させて頂きますのでどしどしお申し込みください。

公演は二回。15:00と19:00です。料金は前売り¥3,000。ご存じの方も多いと思いますがセッションハウスはキャパが少ないのでお申し込みはお早めに!

Day Break HP

●「ブリューゲル 版画の世界」7/17〜8/29 @Bunkamuraミュージアム

子供の頃に観た時には「なんて怖い絵だろう」とちょっと泣いちゃった記憶がありますが、今では大好きな世界です。いつもCAS/Tの公演の時に絵を描いてくれる中嶋女史の絵にも通じるものがありますね。

これは行きたい人はご自分で前売りチケットをお求めになるなり、直接窓口でお支払いになるなりしてください(笑)

ブリューゲル 版画の世界

a0052916_111553.jpg

[PR]
by reijiro_kaneko | 2010-06-29 11:05 | 日記

Political Mother(晴れて感想お披露目)※今日これから観に行く人は読んじゃ駄目!(笑)

久々気持ちよくガツンと衝撃を受けた舞台でした。

僕は個人的に人が自分の殻に籠もってウジウジと葛藤しているのややたらめったら暴力的にもがいている作品は大嫌いで、そんなものは家で独りでやれ!と思う派なんですけど、同じ葛藤でもその先の対象物がハッキリ描かれていたり、死にそうなぐらい葛藤してるのにどこかユーモラスに演じていたりするともう一転して大絶賛する傾向があるようで・・・・(笑)

また、人物のフォルムがただ綺麗なだけなのも素敵だと思うのですが、どこかいびつで可哀相で縮尺が可笑しいのに瞬間的にびっくりするほど綺麗に腕が伸びたりすると身体の中にある快感ボタンを押されたみたいにトローンとしてしまいます。

そして残酷なまでの照明効果にも心奪われます。この公演でも「え〜っ?そのタイミングでカットアウト?」「そんなに暗くてダンサー大丈夫?」みたいなシーンがやたら多くてハラハラし通しでしたけど、終わってみたら相当興奮していた自分が居たことに気付き、してやられてしまった恥ずかしさにちょっと身悶えしてみたり・・・

なんだかんだ言ってますが、音楽は大事です。生演奏が主体の「これ、ロックコンサートだったっけ?」と錯覚するぐらいノイジーな爆音シーンが数回あったけれど、それだけを観ていたらきっと寝てしまったであろうに、そこにダンサーをうまく配置してあったのでずっとノリノリで観られましたし、そうじゃない好みど真ん中の音での「まだ踊るか?!」と疲れを見せずに踊り続けるダンサー達が本当に愛おしくて仕方ありませんでした。

そうやって「わー、すげえなー、まだ踊ってるよ、一体奴らは何食ってんだろうな?」と感心しつつウットリとシートに沈み込んで観ていたらそれは突然やってきました。

Joni Mitchelの「Both Sides Now」は昔から大好きな曲で、バンクーバーの開会式で少年がワイヤーで吊られ地面に映った小麦畑の映像の上をひたすら走る演出で使われ、「やっぱ良い曲だなぁ」と感動し、先日の【Chess】のラストでも使った思い入れの深い曲です。それまで「え?事故?」と思うような急な音の転換は幾つかあったのですが、その音が流れるタイミングもあまりにも唐突で一瞬我を失ってしまったのです。冒頭からずっと踊られてきたモチーフが逆再生のように繰り返される中、これまた無情なタイミングで幕が降り曲は流れ続けているのに会場明転・・・・号泣している俺ってどうなのよどうなのよ恥ずかしい〜〜〜〜〜!もうごまかすのも何なので突っ伏してしゃくり上げて泣いてましたよ(笑)

後でパンフレット読んでみたら何のことはない、この曲は振付家にとってこの作品の心臓部であり、これがやりたいがためにこの作品を創ったと言っても過言ではないぐらいのフィーチャーぶりで全部の歌詞が載っている始末。開演前に読まなくて良かったーと改めてゾクゾクしてしまいました。

客の入りは7割ぐらいでしたかね。公演中の反応も「たまんねぇー!」って感じでも無かったし、カーテンコール終わる前にどんどんお客さん帰っちゃうし、大絶賛って感じじゃなかったのは残念でした。俺みたいにしゃくり上げてる人も皆無だったし・・・・

こういうことに共感してしまう、そしてこういうことがやりたいと思うのは今の日本では受け入れられないものなのかなぁとうっすらと絶望感に苛まれ、しかしなんだか全て代弁してもらえた爽快感にも満たされ、帰りはi-podでJoni Mitchelを聴きながら幸せな気分でわざと各駅停車に乗りました。

もう一回観たい!と思う舞台は本当に稀ですが、彼の作品はまたすぐにでも観たいですね。あの客入りじゃ再来日は当分無理かなぁ。アラン・プラテルもあんなに素晴らしかったのにスカスカだったしなぁ。やっぱりこうなったらヨーロッパ行っちゃったほうがいいのかなぁ?
[PR]
by reijiro_kaneko | 2010-06-27 10:21 | 舞台

Political Mother

長年待ち侘びたHofesh Shechterの新作「Political Mother」を観て来ました。明日・明後日も上演中なのでネタバレになると申し訳ないので色々書くのはまた後日ということで一つだけ書きます。

その連鎖はこの半年の間に相次いで起こった事実です。Vで始まり、Cでカッと燃えて、Hでガツンと腑に落ちた、こんなまどろっこしい言い方で察してください。って何も解りませんよね?(汗)

日曜日の夜以降にちゃんと書きます。乞うご期待!(それほど面白いもんじゃないですが・・・)

Political Mother ←興味ある方はどうぞ!

こんな謎だらけの日記じゃ申し訳ないのでダイソンの「羽根ナシ扇風機」の画像をどうぞ。
a0052916_1372595.jpg

[PR]
by reijiro_kaneko | 2010-06-26 01:33 | 舞台

ノーマン・ロックウェル展

ノーマン・ロックウェル展を見てきました。
a0052916_21451667.jpg


府中市美術館

馬鹿デカイ作品集も持っているし、ずっと馴染んできた画家の絵をなんで今更見に行きたいと思ったか、それは自分でも謎でした。

館内に入ってその理由が判明しました。

「ノーマン・ロックウェル展」と銘打ってはありますが、正確には「ノーマン・ロックウェル&ケヴィン・リヴォーリ展」と言った方がぴったりの展覧会でした。

ケヴィン・リヴォーリという写真家が居たこと自体僕も全く知りませんでしたが、ロックウェルをこよなく愛した報道カメラマンだったそうです。そしてロックウェル自身も写真を元に絵を描くことが多かったという事実を今回初めて知りました。ロックウェルとリヴォーリの全く同じではないけれどどこか共通点の多い作品が交互に展示され、表現の方法こそ違うけれど人間に対する温かい視線を感じて何度も涙がこみ上げてきました。

a0052916_21311468.jpg

その中でも思わず声を上げそうになってしまった作品が上の写真です。少年のお父さんが出兵するのか、それともただその場に居合わせただけなのか、詳細は分かりません。作品のタイトルは「Salute」ですから、単純に「別れ」と解釈すればそれまでなんですけど、写真が放っているあまりにも大きなメッセージにガツンと打たれ、暫し呆然とその場に立ち竦んでいました。

もう一つ、彼の写真でグッと来たものがありました。
a0052916_2132428.jpg

これには説明がついていて、交通事故を起こしたお母さんの身を案じる子供を励ます警官だそうです。凍り付いたまま凝視している子供と、その視線に微妙に入らないようにして屈んでいる警官の気持ちが生々しく溢れ出ていて、なんとも言えない気分になりました。

ロックウェルの作品でずっと見たいと思っていた作品がようやく見られました。
a0052916_21324917.jpg

彼の作品はどれもそうなんですが、漫画のようでもあり、伊勢丹の紙袋やカレンダーにもなるぐらいなのでポップアートでもあり、でも時々ハッとする筆のタッチを見せる時もありますが、彼の色んな魅力がぎゅっと凝縮された作品だと思います。奥で練習しているおじちゃん達の楽器の音色や笑い声、そして手前で静かに見ている猫、それを窓越しにこちらから見ている近所の人や僕達、立体的に音や匂いや温度を感じる素晴らしい作品でした。

キュレーターのセンスが本当に良く、作品数自体は少ないけれど満足出来る展覧会でした。7月まで開催されていますのでお時間のある方は是非!

あ、そうそう、Rilvoliさんのサイトを見つけたので貼っておきます。

Kevin Rivoli

帰り道、とっても幸せだったのでふらりと本屋に寄り、「聖☆おにいさん」と「濹東綺譚」と「山椒魚」を買いました。どうやら変な蓋が開いてしまったようです(笑)
[PR]
by reijiro_kaneko | 2010-06-22 21:34 | 日記

ランデヴー後記

家政婦は見てきました。。。

感想。

凄く良かった!メンズ二人はまだいわゆる「ダンス」にはあまり慣れていないけれど、形にも表現の心にもある味わいがあって、それがとってもこちらに訴えかけてくるんです。

それがなんなのか、たぶん二人も、Y平氏も、僕も分かりません。でも、良いのは分かります。

「どしゃぶりの中に佇んでいるビシッとスーツでキメている紳士」という設定には思わず笑いましたが、確かにスーツを着ているのもどしゃぶりなのも見えました。

ややや、触発されましたぜい。男性だけの壮絶な群舞とか創りたくなりました!
[PR]
by reijiro_kaneko | 2010-06-15 01:30 | 日記

ランデヴー

T先生の代行が終わってラーメンがっつり食べてホッとしていたらS木Y平氏から電話。

「今、下に居るんですけどご飯食べたいから付き合ってくれませんか?」

一瞬ストーカーかと思いました(笑)

先日もウチのすぐそばの交差点で電話をしているY平氏を発見し「何やってんの?」と聞いたら
近くの貸しスタジオでヒップホップダンサーや役者の子にプライベートレッスンをしているとのこと。

今日もこれからそのプライベートレッスンがあるんだとか。

おなか一杯だったので天津丼とラーメンという超炭水化物祭りなメニューをがっついてる彼の横で梅酒飲んで付き合いました(笑)

そしてスタジオまでついていってすぐさま彼等と意気投合。23:30ぐらいからちょこっと踊るらしいのでまた見学に行っちゃいます。

なんだろう、この開いてる感じ。楽しくて仕方ありません。開いていると相手も寄ってきてくれるんですよねぇ。

ラーメンをほおばるイケメンY平氏
a0052916_22505116.jpg


Y平氏と愉快な仲間達
a0052916_22512699.jpg

[PR]
by reijiro_kaneko | 2010-06-14 22:51 | 日記

続投決定

今日もTipness中野店のT先生の代行レッスン行ってきました。代行だからどんどん減っちゃうかなぁ?と心配してましたが、毎回20人以上の会員さんが来て下さり大盛り上がり。僕の稚拙なおやじギャグにも素直に笑って下さって、今日あたりからようやくレッスン前後に話しかけて下さるようにもなってきました。

毎回顔ぶれがちょっとずつ違うので一体何人のT先生ファンがいるのか全く分かりませんが、とにかくこれだけの大勢の皆さんをずっと指導されてきたT先生に改めて尊敬の念を抱かずにはいられません。僕もあと何年教えられるか分かりませんがこういう出逢い一つ一つ大切に丁寧に生きていこうと思います。

それで、今日お店側からお話があり、来月もこの月曜日の18:20〜19:35の「ジャズダンス75」の代行は引き続き僕が担当させて頂くことになりました。そして、火曜日の15:05〜17:05の「ジャズスクール120」も7月限定で金子が担当させて頂くことに。Tipnessの会員の皆様、是非是非いらしてくださいね。

T先生の復帰の日まで精一杯「踊る楽しさ」「喜ぶ身体」を皆さんに伝えていこうと思います。
[PR]
by reijiro_kaneko | 2010-06-14 21:13 | レッスン

DVD販売開始します!

公演を観て下さった皆様から多数「DVDの販売は?」というご質問を頂いておりましたが、
お待たせ致しました、ご注文を承ります。

5/22(土)13:00の回(映像は終始遠景です)
5/22(土)18:00の回(映像はズームアップしたり遠景になったりします)

どちらも【Etudes】【Chess】の両方が収録されています。
どちらか一枚ですと¥6,000、二枚セットで¥10,000となります。

ご注文は6/20に一旦締め切りまして、翌週末に代金引換にてお渡しという形になります。欲しい方は金子まで直接お申し込みください。

castcontemporary@yahoo.co.jp
[PR]
by reijiro_kaneko | 2010-06-13 21:02 | 2010年公演

体質改善

毎度面白味の無い日記でごめんなさい。

今日は体質改善のお話。

前回「あら?わたしったらお酒が飲めるようになってきたかも・・・?」な報告をしましたが、どうやら本格的に飲めるようになってきたらしく・・・

昨日もレッスン帰りに代々木上原のお気に入りの「飲めるパン屋さん」で独り酒をしてしまいました。とうとう独りで飲むようになってしまいました。赤提灯で独り酒の日も近いか?

お酒が好きになったというワケではなく、あのほんわかした状態を身体が求めているみたいです。公演体勢にある時は身体中にアドレナリンが充満していてあまり疲労を感じないんですが、落ち着いてみると相当あちこちガタが来てるようで、「酒は百薬の長」の言葉が染み渡ります。

なんて言い訳をしつつもお酒の味も嫌いではなく「うまい!」と思って飲んでいるのも確か。

飲んべえになった以外に変わったことと言えば、肋骨が広がったということでしょうか。もともと小食で一日5・6回に分けて食事を摂る習性がありましけど、一回で食べる量が増えて食事の回数が減りました。飲むは食べるわで友人達からは「絶対腹出るぜ!」とニヤニヤされているのですが、今はレッスンで動いてる量も半端ないのでなんとか体型は維持しています。地蔵先生にならないように動き続けなければ!

さあて今日も頑張りますか!
[PR]
by reijiro_kaneko | 2010-06-11 13:02 | 日記



ダンサー兼インストラクター『金子礼二郎』が気ままに呟いています。
カテゴリ
タグ
最新のコメント
うーん、怪我ですか。心配..
by Annie at 14:33
yukiさん ほん..
by reijiro_kaneko at 12:10
慣れです、慣れ。 がんば..
by yuki at 11:49
ハニョポンタさん ..
by reijiro_kaneko at 22:59
昨夜アバターを観てきまし..
by ハニョポンタ at 13:29
ふぁるさん 初めま..
by reijiro_kaneko at 12:41
初めましてです。 私も..
by ふぁる at 02:15
ひさえさん おー!..
by reijiro_kaneko at 23:54
H先生、以前カザミアで受..
by ひさえ at 15:03
美保子さん とても..
by reijiro_kaneko at 11:23
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧