【礼二郎のつぶやき】

<   2014年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

お詫びと展望

場所は沼袋のキャロットハウスに始まり長年続けてきました日曜日レッスンを6月末にて一旦閉講いたします。

経済的な事情と金子本人の体力を鑑みての苦渋の決断です。

ご愛顧下さったメンバーの皆には申し訳ない気持ちで一杯ですが、一日も休みなく10年ぐらい頑張ってきましたのでここはひとつご容赦願おうと思います。

6月最終日曜日29日はそんな『10年よく頑張りました!』の自分への労いと集大成の意をこめてソロパフォーマンスをします。

47歳の中年ダンサーがどう踊るのか、皆様是非興味本意で(笑)観にいらして下さい。

詳細は以前アップしたものを近々また載せますね。

このソロパフォーマンスを機に本気で僕の世界観を辿りたいメンバーに作品を委ね、継続的にスタジオパフォーマンスを開催していく所存です。やりたい人はどんどんアピールして下さいね!

という訳で7月からのスタジオわいわいでのレッスンは水曜日と土曜日のみとなります。お間違えのなきようお願いいたしますm(__)m
[PR]
by reijiro_kaneko | 2014-05-28 17:59 | レッスン

6月のジャズダンスは

珍しくカントリーのアーティストです。
Dan + Shayという二人組のニューアルバムから『I heard goodbye』という曲を使います。
a0052916_9171849.jpg



実は既に今日の久喜店でのクラスで先行試し撃ちしてきましたが、なんかとっても身体使うみたいで皆さん疲れきっていました。

内容は…いつもの通り別にお話が特にある訳でもありません。気持ちを作って感情豊かに踊るも良し、動きをしっかり辿るも良し、どちらにせよ身体をしっかり使って踊ってくれたら嬉しいです。

梅雨時、無駄な水分が身体に溜まりがち。皆さん、代謝を良くしてスッキリ梅雨を乗りきりましょう!
[PR]
by reijiro_kaneko | 2014-05-26 20:49 | レッスン

心が軽やかになる音楽

哀愁感に満ちたOlafur ArnaldsもMax RichterもJohann Johannssonも大好きなのですが、この季節はもうちょっと華美過ぎない華やかさを持った、それでいて繊細なピアノ曲が聴きたくなります。

そんな時にピッタリなのがこのアルバム。

Quentin Sirjacq 『Piano Memories』
a0052916_134977.jpg




ポロポロと軽やかなタッチで奏でるメロディはどこかで聴いたことがあるような気がするけれど、全く知らない異郷の地を見せてくれる。そこは柔らかい陽射しが降り注ぐ草原だったり、瀟洒な洋館の一室だったり、多彩に移り変わる小川の水面だったり。

少しだけチクリと胸が痛むけれど、それはきっと背中の羽が開いていく時に必ず感じる痛みなのかもしれず、すぐに心は穏やかに浮き立ち世界は光で満たされるのです。

彼は以前に二枚のアルバムをリリースしていますが、こちらもお勧めです。
[PR]
by reijiro_kaneko | 2014-05-21 01:21

金子礼二郎・ソロパフォーマンス『Draw』完結編

先日見切り発車でトライアル的に発表しましたソロ作品を練り直し、改めて発表することになりました。

依然として線を描き続ける、をテーマに雰囲気の違う三つの景から成る作品として再演いたします。

ブーティにタイトスーツの性別不明ながらエレガントに、そして少し退廃的に踊る最初のシーン

デジタルな曲に乗せてフォッシーに敬意を表しながらも金子独特の繋げたり切ったりする動きで埋め尽くす次のシーン

そして最後にMax Richter、Billie Holiday、J.S.Bachという全く異なるアーティストを一つの線で繋ぐシーン

という構成です。

全体的にとても静かで感情を極力排した制御されたムードにしたいですね。

パフォーマンス詳細を下に列記します。
観覧ご希望の方は下記メールアドレスまで『ご希望回、お名前、人数』を明記の上、ご予約メールをお送りください。

castcontemporary@yahoo.co.jp

『Draw』
金子礼二郎・ソロパフォーマンス

6/29(日)
16:00
19:00
※開場は15分前、上演時間は40分を予定しております。

¥2,000
※当日受付にてお支払下さい

@スタジオわいわい(中野)

各回定員25名様

a0052916_23361715.jpg

[PR]
by reijiro_kaneko | 2014-05-16 23:16 | 舞台

やってみて分かること

親孝行旅行の報告をアップしたばかりですが、思考が巡っているので矢継ぎ早にもうひとつf(^^;

先日実験的に見切り発車でソロパフォーマンスをしましたが、そのビデオを改めてジックリ観ていて感じたことが幾つか有ります。

まずは、僕の動きは感情的でもスペクタクルでもなく、ジオメトリカル(幾何学的)なんですね。

社会や人間関係に対する憤りや悲哀を表現してもいませんし、起承転結が物凄く分かりやすくもないし、ハリウッド映画のような派手なアクションやラブロマンスもありません。

淡々と空間に線を描き続け、美しさを損なわない程度の変形した身体のラインを見せようとします。

感情はそこに流れてはいるのですが、どちらかというと小津安次郎やヴィスコンティのような『ささやかだけど、えげつない』質感のものが伴っています。

ここに微妙に関連して、動きや選曲や衣装や舞台設定に『品』を求めます。

昔から生活は決して豊かではありませんが、最上級の生活を送っている方々に負けずとも劣らない豊かなイメージは持ち得ていると自負しています。

『貧乏なのは仕方がない。しかし、貧乏臭いのはもってのほか』

これは友人の名言ですが、心の底から同感です。僕の舞台への思いは、どんなに自分が経済的に苦しい状況にあろうとも
観て頂く皆様には決してそれを感じさせてはいけない、異空間に連れ去り暫し幸せな夢を見て頂く場でなければならない、と常に考えています。

そのためにはやはり『品』は無くてはならない不可欠要素なのです。

生きている以上、皆誰しも苦しい側面を抱えています。それを再現して痛みを分かち合うのもセラピーとしては良い手段なのかもしれません。苦しんでいるのは自分だけでは無いんだと勇気を与えられるのかもしれません。

しかし、僕は同調することを表現の核に据えたくはないのです。

ある種、突き放しているようにも感じるぐらい近寄りがたい美を追求したいと思っています。

でも、それは拒絶ではなく、審美眼を持っている人から見たら両手を広げたイエス様のように慈愛の美なのです。

そして、無節操に与える優しさではなく、ちゃんと理解出来る人を待つ姿勢の中にこそ品は育つと信じているのです。

今回の発見の最後は、こんな仰々しいことを前述しておきながらお恥ずかしいのですが、僕はやはり飽きっぽかった、という事実です(笑)

ソロは三回とも即興部分が多く、その場その場で瞬時に考えながら動きを繋いでいました。しかし、回によっては前の回で巧くいった動きを活かせず、新しいことにチャレンジしようとして失敗、ということが多々ありましたし、回を追う毎に即興で踊ることへのテンションが下がっていくのを見て取れました。

これはもう本当に舞台人の端くれとして、してはいけないことNo.1なので、6月のソロ再演ではほぼ完璧に創りあげた動きをお見せしたいと思います。

そんな訳で、レッスンに対する姿勢も更に固まり、自分の身体との対話もはっきりしつつありますので、今後のスタジオわいわいにもソロ再演にもどうぞご期待下さいね!
[PR]
by reijiro_kaneko | 2014-05-12 18:46 | ダンス

誕生日とその周辺

ご報告遅くなりましたが、去る5/10に私、47歳を迎えました。アラフォーと言ってたのもつい昨日のような気がしますが、確実にアラフィフに近付いていたことに改めてドッキリ。

いつまでも天真爛漫でばかりは居られない、少しちゃんとした大人にならなければ…と身が引き締まる思いです。

そんな思いに背中を押されて、今年金婚式を迎え、傘寿の父と喜寿の母のお祝いを兼ねて誕生日に湯河原に一泊旅行をしてきました。

前回一緒に旅行したのが10年前でしたので、二人とも口には出さないながらも待ちわびていたようで、終始嬉しそうな様子で、見ていてこちらも幸せになりました。

あと何回一緒に何処かに出掛けられるか分かりませんので、秋にもまた近場に招待旅行をしたいと考えています。

この10年の間、特に命に関わるような大病もせずに元気で居られました。この身体を授けてくれた両親に感謝です。
a0052916_1844297.jpg

a0052916_1845012.jpg

a0052916_18451672.jpg

[PR]
by reijiro_kaneko | 2014-05-12 18:34 | 日記

わいわい部 5月の状況

超絶難しい振り付けの月になりましたが、それにも関わらず今月はすでに入会者が2名もいらして、ますます賑やかになりつつあるスタジオわいわいです。

そして金子本人は肩胛骨周りと股関節の激痛と戦っております。自分で創っておいて何ですが、この振り付け、すごく身体使うんです…

明日(正確には今日)も一日スタジオ籠りday。どこまで己を追い込めるかチャレンジしつつ、来てくれた皆さんの身体も徹底的にいじってしまいます。

画像は今月のアーティストのジャケットです。
a0052916_4233325.jpg

[PR]
by reijiro_kaneko | 2014-05-07 04:16 | レッスン

5月のわいわい部は

曲を貼り付けられないのがモドカシイのですが、こちらもとりあえずアーティストと曲名だけご紹介しておきますね。

kiln 『fyrepond』

アーティスト名も読めないし、曲名も英語ではないらしく…謎過ぎるご紹介で恐縮です(゜ロ゜)

えっと、5月のわいわい部はやりたいことが沢山有ります。

ざっと列記しますと、

①脚を沢山上げたい、振り回したい、腕のように使いたい
②大きく派手な動きと緻密な動きを使い分けを自在にしたい
③緩急のコントロールを出来るようになりたい
④音が単調なのに動きも単調には見せたくない

などなど。

とても沢山のテクニックが身に付く月間になると思います。気候もよくなってきましたし、ノビノビ動きながら色々吸収してみませんか?

お待ちしています!

余談ですが、この曲は先日の僕のソロパフォーマンスの中盤で披露いたしました、カッコつけシーンで使用したものです。あれをご覧になって、『アレやりたーい!』と思ってる方は是非いらしてくださいね!
a0052916_22561825.jpg

[PR]
by reijiro_kaneko | 2014-05-02 22:44 | レッスン

5月のジャズダンスは

最近このblogの調子が悪く、YouTubeなどのリンクを貼ろうとするとエラーになってしまうので、アーティストと曲名だけご紹介します。興味のある方はご自分で調べて下さい(笑)

5月はMichael Bubleの『Mack the knife』という曲を使います。

この曲、とっても明るくてスウィンギーな楽しい曲なんですが、原曲を調べてビックリしました!

元は『三文オペラ』というオペラの挿入歌で、殺し屋マックヒースが街に戻ってくるぞ~という血生臭い内容だったんです。

でもマックは洒落者なので血が流れないように殺すんですって。

そんな訳で、ダンディで洒落た振り付けにしております。そして、随所でナイフ投げます(笑)

正しい予習の仕方としてはダーツバーに赴きシュッとかっこよく投げて的の真ん中に刺さるように練習するべし。その際は是非革の手袋もお忘れ無く!
[PR]
by reijiro_kaneko | 2014-05-02 19:44 | レッスン



ダンサー兼インストラクター『金子礼二郎』が気ままに呟いています。
カテゴリ
タグ
最新のコメント
うーん、怪我ですか。心配..
by Annie at 14:33
yukiさん ほん..
by reijiro_kaneko at 12:10
慣れです、慣れ。 がんば..
by yuki at 11:49
ハニョポンタさん ..
by reijiro_kaneko at 22:59
昨夜アバターを観てきまし..
by ハニョポンタ at 13:29
ふぁるさん 初めま..
by reijiro_kaneko at 12:41
初めましてです。 私も..
by ふぁる at 02:15
ひさえさん おー!..
by reijiro_kaneko at 23:54
H先生、以前カザミアで受..
by ひさえ at 15:03
美保子さん とても..
by reijiro_kaneko at 11:23
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧