人気ブログランキング |

【礼二郎のつぶやき】

<   2015年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

新年の抱負、続行中!

昨年末に人生初インフルエンザ感染という経験を経てどうやら脳の回路がおかしくなったらしく、大晦日に『来年は本をとにかく沢山読むぞ!』という誓いをひっそりと立てたのです。

小さい頃から何をやっても三日坊主で飽きっぽい性格だった僕が驚くことにこの誓いを守っています。

それどころか、一日で一冊、という驚異のハイペースで読むことも何度かあり、これは本当にどうしたことか…と本人が一番驚いています(笑)

ウイルスのせいなのか、1月中頃から飲み始めたプロテインのせいなのか、理由は全く分かりませんが読書生活を満喫しております。

そんな訳で、最近一日で読み終えた二冊をご紹介。

a0052916_9253249.jpg

a0052916_9262681.jpg


原田マハさんは『キネマの神様』ですっかりファンになってしまい、手元に既に次の課題図書『楽園のカンヴァス』があります。

東野圭吾さんは言わずと知れた人気作家さんですが、これまで全く興味が湧かなかった作家さんの一人で、初めて読む気になったのがこの『ナミヤ雑貨店』でした。

どちらもストーリー運びと人物描写が軽妙で、読み終えた後にふっと心が軽くなる素敵な本です。そして何よりも自分を育ててくれた両親に今更ながら有り難うと素直に思わせてくれる本でした。読み終えて直ぐに両親に電話してGWの家族旅行を決めたのは当然の成り行きかもしれません。普通だったら寝ているはずの時間に父が電話してきて、『長野の美術館に行きたいから資料を集めている!』だの『やっぱり秋の展覧会に向けて良い景色のところへ行きたいから海の方がいい!』だのウキウキした声で報告してくるのを苦笑しながらはいはいと聞いているのが嬉しい毎日です(笑)

今年は年男ですので、そういったことも何か導きがあるのかもしれませんね。
by reijiro_kaneko | 2015-02-26 09:36

皆様にお願い

これはわいわい部もスポーツクラブ・ダンススタジオ共通のお願いです。

ボディケアのためにボディオイルや濃い目のボディローションなどを愛用していらっしゃる方々は少なくないと思いますが、ダンス、特に床に寝転がってのストレッチや床技などの時にこれが大きな問題となります。

リノリウムと油脂の相性がとても良く、リノリウムに油分が付着するとアイススケートリンクのようにツルツルになってしまうのです。

油脂成分が着いてしまうと雑巾で拭いたぐらいではなかなか落とせません。

そこで、皆様へお願いです。

床に寝る時はなるべく長袖のスウェットやジャージ生地の羽織ものを着用お願いしたいのです。

薄手のものですと衣類を通過して油分は滲み出してしまいますので、ある程度厚手の生地が望ましいです。

もう少しで乾燥の季節も終わります。せめて、春が来るまででもご理解ご協力宜しくお願いいたしますm(__)m
a0052916_12261575.jpg

a0052916_1226157.jpg

a0052916_12255914.jpg

by reijiro_kaneko | 2015-02-25 12:17 | レッスン

『ニッチ』とは?

友人に指摘されました。

『貴方はニッチだね』と。

気になって調べてみました。

以下、引用です。

【どういう意味?】

「隙間(すきま)」や「適所」のこと、経済分野では「隙間市場」のことです。

【もう少し詳しく教えて】

ニッチ(niche)とは、もともと西洋建築の用語で「壁の凹み」のこと。ニッチェと表記する場合もあります。壁面や柱を半円・方形にくりぬき、中に彫刻などを飾れるようにした部分をさします。

一方、一般的にニッチの語が登場する場合は「隙間」や「適所」の意味で用いられることが多いようです。前述の凹みを「隙間」のイメージに捉え、飾りものがピタリとはまる様子を「適所」のイメージに捉えたものです。とりわけ経済やマーケティングの分野では「潜在的な需要がありながら、これまで誰も手を付けずに隙間になっていたような分野や市場」のことを、ニッチ市場とかニッチマーケット(=隙間市場)などと呼んでいます。

ということだそうです。

自分の中ではとても王道だと信じて疑わなかったことが、大学在学中ぐらいからことごとくそうではないらしい指摘が相次ぎ、社会人になってからも『お前は変わってる』と言われ続けてきたので、もうちょっとやそっとじゃ驚きませんでしたが、『ニッチ』は久々のヒットでした(笑)

嗜好も仕事の内容もまさにニッチ。ええ、ええ、隙間産業バンザンザイですとも!喜んで隙間でノビノビやらせて頂きますとも(笑)

それにしても、こんな隙間人間に共感して下さる方々が沢山いることに今更ながら感謝です。

今日の久喜店も大盛況でした!

本当に僕は皆さんの力で生かされていますm(__)m
by reijiro_kaneko | 2015-02-23 20:40 | 日記

番組の途中ですが…

クリス・ブラウンのチョッ速曲での振り付けは今日の新百合ヶ丘店でのレッスンを最後に終了し、本日夜の久喜店でのレッスンからDiana Krallの『Don't dream it's over』に代わりました。ご了承ください。

理由は、ノリノリのバキバキの振り付けだと僕の身体が壊れてしまう危険性があるため、です。自分で作っておきながら本当に勝手で申し訳ないのですが、動きをクリアーに見せるために必要以上に頑張ってオーバーに踊ってリードしてしまうので、週に四日アレをやると身体が悲鳴を上げ始めてしまいまして…

うって変わって新しい振り付けは伸びやかで感情的なスローナンバーです。

こちらも極限まで身体を使うので疲労感は同じレベルなのですが、動きに繋がりがあるので変な故障はせずに続けられます。実際に踊って貰って慣れて頂ければ実感して頂けると思うのですが、スローなのに滝のような汗が出ます。筋肉痛に悩まされます。そして、痩せます!

それでは新作第二弾お披露目は明日の五反田で!お待ちしています!
a0052916_23314929.jpg

by reijiro_kaneko | 2015-02-20 23:31

サプリメントの効果

一ヶ月前ぐらいからプロテインを飲み始めました。

a0052916_15511867.jpg


これまでにも何度かトライしてみたのですが、牛乳かオレンジジュースで溶いてお飲みくださいというものが主流で、牛乳だとおなかがゴロゴロしてしまうし、オレンジジュースは柑橘類が苦手な僕としては避けたいし、という訳で長続きしませんでしたが、最近のものは格段に味も良くなり、水で溶いて飲めるものが沢山出回り始めたので、それならば!と試しに飲んでみたところこれが旨い!

筋トレ後やレッスン後に一杯、寝る前に一杯を習慣付けて明らかに体が変わってきました。

まず、当たり前のことですがパンプした筋肉が落ちずに維持できる。

疲れが翌日に残らない。

そして、何よりも肌の調子が抜群に良い!という三点セットの変化を味わえております。

たまに頑張って動いた翌々日ぐらいに身体がシワシワシワと萎む感じもなくなりました。

唯一困ることは、筋活動が知らない間に活発になっているらしく、腕や脚をブンッと勢いよく動かすと物凄い力が出るらしく周りの人がよろめく、ということぐらいでしょうか?(笑)

若い時のように回復も遅くトレーニングの効果も出にくくなっている今だからこそ余計効果を感じられるようになったのかもしれません。

身体も消耗品ですから、こうやって中から外からメンテナンスしてあげないと長持ちしませんね…

さて、今日も残り一つの教えをプロテイン満タンの身体で頑張ってきます!
by reijiro_kaneko | 2015-02-19 15:49 | 身体

巡り会うアンテナ

割と頻繁に『あなたはどうやってそんなに沢山の素敵な音楽を探してくるんですか?』と質問を受けます。

『一人好きなアーティストを見つけたら、そのライナーノーツをきちんと読んで、その中に登場する影響を受けたアーティストや共演者の名前を覚えておいて、事ある毎にネットで視聴したりニューリリースのお知らせに目を光らせてたりするが故の努力の賜物です』

と教科書的に答えることが多いですが、本当のところはもうちょっとミステリアスです。

信じるも信じないもこればかりは感覚的なことなので皆さんにお任せしますが、僕には良い物を見極めるアンテナが立っていて、良い意味での虫の知らせのようなザワザワ感がまず最初に訪れ、次にどうしても足がCDショップに向かってしまい、吸い寄せられるように見ず知らずのアーティストのアルバムを手に取っている…なんていうことがよくあります。

最近ではお店で視聴が出来ることが多いので、その勘を確かめるべく一通り視聴してから買いますが、稀に視聴もせずに手から離れないので買ってしまう、なんてこともあります。

音楽に関してはそんな感じで、これまで数多くの名盤に巡りあってきましたが、2015年はこの力が本にも作用するようになっているようで、先述の『嫌われる勇気』を始め、次々と良書と出逢っています。

ということでその中の二冊をご紹介。
a0052916_1202768.jpg

a0052916_1203128.jpg

映画好きな方には『キネマの神様』を、哲学やSF好きな方には『イモータル』をお薦めします。

全くタイプの違う二人の作家さんですが、平易な文章ながら登場人物の心の襞を繊細に描写し、展開の圧倒的なスピード感を保ちつつグイグイ読ませる力は共通しています。

この二冊は本当に不思議なんですが、行きつけの書店で手が勝手に伸びてほぼ無意識に買っていた本です。

小学生の頃の担任の先生の言葉を思い出し、俄に読書ブームが到来しています。

『本は心を豊かにしてくれるし、視野を広げてくれる』

この歳になって改めて感謝の気持ちが湧いてきています。
by reijiro_kaneko | 2015-02-18 01:07 | 日記

嫌われる勇気

a0052916_1453442.jpg

最近巡りあった中でも最高の一冊です。

詳しくはネタバレになるので書きませんが、一字一句が心に響きます。

どうしてこのところ多方面から『貴方は自由ね』と言われるのか理由がハッキリした気がします。どうやら僕は無意識のうちにこの本で書かれていることを実践してきていたようなのです。

人間関係で迷いを抱えている方、人生の目標を見失っている方、ついつい誰かを責めてしまう方、に是非読んで頂きたい本です。

おそらく強い拒否反応を持つ方は多いと思います。でもそれは図星だから。

数多く出回っている自己啓発本とは訳が違います。論理が突き抜けているのでこれを実行するのは一見不可能です。

『私には過去の嫌な体験がありそのトラウマ由縁になかなか前向きになれない』などというフロイト的な悩みは完全否定ですし、過去も未来も関係なく今現在を丹念に生きろ!という勘違いすると刹那主義にも受け取れるような内容がこれでもかと綴られていますので、混乱する方も多いかと思います。

僕は元々、自分の信じてきたものが諸々の事情で今の自分に当てはまらないと分かったら潔く其処から離れ、より良い信条を求めて踏み出してしまう人間なので、今回もまた良いキッカケを貰えたと喜んでおりますが、世の中はそんな人ばかりではなく、寧ろ固執したい方は少なくないと思うのです。しがみついていた方が安心な気持ち、ほんとによく分かります。

でも、思いきってその考えを一旦戸棚にしまって、新鮮な考え方に耳を傾けてみると驚くほど楽に歩けるようになったりします。

そんな転機の一つにこの本が役に立ったらいいなと思っています。
by reijiro_kaneko | 2015-02-15 15:01

予防

常々口にしておりますが、僕の仕事は『怪我をしない身体を造ってもらう』ことであり、決して『壊れた身体を治す』ことではないのです。決して逃げている訳ではありません。『心も身体も治してくれる有り難い駆け込み寺だわ!』と誤解されて全てを委ねる方が稀にいらっしゃるのでちょっとだけ釘を刺しておきますね。

そもそも、この在り方に辿り着いた一つの理由は、昔ある方に言われた一言がとても大きな影響を持っていたからなのです。

その方は希望に溢れた僕に向かってこう言いました。

『戦争が始まったら、真っ先に要らなくなる仕事はダンスなどの芸術だ。ダンスで世界が救えるなんて思い上がるな。平和だからこそ芸術を楽しめる心の余裕が生まれるのだ。』

衝撃的でした。ダンスを続ける意味を見失いました。ダンスを教えることが申し訳ない気持ちで一杯になりました。

それから時は過ぎ、まだ舞台にも立ち教える仕事もしています。毎日沢山の笑顔に囲まれています。

しかし、心の奥底ではあの言葉が静かに鎮座したままです。

そしてこう考えています。

僕に出来ることは本当にちっぽけなことで、別に世界を変えられる力なんて無いけど、身の周りの皆さんが健やかで生き続けられるための小さなお手伝いぐらいは出来る。

身体をクリアーにして健全な精神を維持することに繋がるストレッチだったりトレーニングだったりダンスだったりを提供できればいいな、と思うのです。

もしも世界が狂っていくのなら、それを治すのは遥かに強大な力を持った凄い方々にお任せして、僕は首相官邸前でフルチンで踊って撃ち殺されるぐらいで満足です。

なんてことを考えてますが、レッスンの時はとにかく皆さんの気持ちがアガるようにとただのお祭り男になるだけです。

さて、今日も楽しく汗びっしょりになって頂けるよう騒いできます!
by reijiro_kaneko | 2015-02-13 11:16 | 日記

Diana Krall という人

a0052916_14185957.jpg


Facebookをやってて良かったなぁと思うのは好きなアーティストの新譜情報やPVなどが流れてくる時です。偽善・欺瞞に満ちたニュースで埋め尽くされている中、彼女のような素晴らしいアーティストの、それも僕の大好きな名曲のカバーアルバムが出た!なんていうニュースは本当に心にポッと灯が点るようです。

とは言え、僕は彼女を過小評価し過ぎていたようです。アルバムは一枚だけしか持っておらず、それも随分前のスタンダード曲集。

去年、『ダンディ・ナイト』というスタジオ・パフォーマンスを実施して、その時に出演者の一人がDianaのライブ音源を使ってソロを踊ってくれたのですが、その曲があまりに素敵で以降にわかにDiana Krallという歌手が気になる存在に。

それから早数ヵ月…突然新譜のお知らせが舞い込み、PVも観ることが出来、幾つもある動画を片っ端から観ていたらとある曲で完全に思考が停止したのです。

それは『Don't dream it's over』という曲でした。

この曲、20年ほど前大失恋をしまして、その訣別のキッカケとなったベーグル屋さんでの朝食の折、BGMでかかっていた曲でして、頭が真っ白なっているにも関わらず曲にだけは反応出来たみたいで、思わず『この曲、素敵だね…』と呟いたら相手も頷いた、その一瞬が今でも鮮明な記憶として残っています。

曲名もアーティスト名も知らず、探し続けているうちにこんなオッサンになっていました…

原曲の良さを残しつつ、Dianaの深い声でカバーされたDon't dream it's overは若き日の痛手を抉ることもなく穏やかに背中を撫でてくれるようで、何度聴いても嬉しい涙が出ます。

彼女のお陰で元曲を歌っているアーティストも判明しました。意外にもオーストラリアのバンド、Crowded houseという三人組でした。

そちらも入手し、移動時間には二組のDon't dream it's overを交互にエンドレスで聴いています。どんだけ好きなんでしょうね(笑)
a0052916_14182533.jpg

by reijiro_kaneko | 2015-02-10 13:55 | 音楽

スタジオ・パフォーマンス『森へ還ろう』への参加お誘い

★スタジオ・パフォーマンス『森へ還ろう』への参加お誘い★

タイトル:『森へ還ろう』
日時:2015年4月26日(日) 13:00 16:00 を予定
会場:スタジオわいわい(中野)
参加料:無し(衣装のみ自己負担)
チケットノルマ:無し(チケット料金¥2,000のうちチケットバック¥1,000)
上演時間:45分程度
観客定員:35名
リハーサル日時:2月末から以下の時間帯の中で集まりやすい日時を選んで実施します。

水曜10:30~12:30(@わいわい)
土曜16:30~18:30(@わいわい)
日曜13:00~17:00または18:00~21:00(@杉並区公共施設)

内容:モコモコした着ぐるみのような衣装で楽しくコロンコロンしたり遊んでるような振りをしつつ、次第に薄着になりニンフ達のような軽やかな舞へと移り変わる。

『可愛らしさ』『滑稽さ』から『ピュアな美しさ』への変貌をテーマに日頃のレッスンでの成果を発表して頂くことが大きな目的です。

参加ご希望の方は、2/15(日)までに金子までご連絡下さい。なお、狭いスタジオですので定員は15名までとさせて下さい。
by reijiro_kaneko | 2015-02-08 17:07 | 舞台



ダンサー兼インストラクター『金子礼二郎』が気ままに呟いています。
カテゴリ
タグ
最新のコメント
うーん、怪我ですか。心配..
by Annie at 14:33
yukiさん ほん..
by reijiro_kaneko at 12:10
慣れです、慣れ。 がんば..
by yuki at 11:49
ハニョポンタさん ..
by reijiro_kaneko at 22:59
昨夜アバターを観てきまし..
by ハニョポンタ at 13:29
ふぁるさん 初めま..
by reijiro_kaneko at 12:41
初めましてです。 私も..
by ふぁる at 02:15
ひさえさん おー!..
by reijiro_kaneko at 23:54
H先生、以前カザミアで受..
by ひさえ at 15:03
美保子さん とても..
by reijiro_kaneko at 11:23
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧