【礼二郎のつぶやき】

<   2016年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

8月ティップネス業務連絡

8月はメンテナンス休館や通常休館日に当たるレッスンが幾つかあります。ご注意下さい。

また祝日レッスンもございますので併せてお知らせいたします。

8/6(土) 五反田店休館

8/11(祝・木) @五反田店
11:30~12:30 ジャズダンス60
12:40~13:55 有料ジャズダンススクール

8/12(金) 久喜店メンテナンス休館

8/19(金) 新百合ヶ丘店メンテナンス休館

8/20(土) 五反田店メンテナンス休館

なお、8/11の祝日レッスンは8月の課題曲ではなくその日だけの振付内容となります。ご了承下さい。英語曲ですが日本人アーティストのミドルテンポナンバーを踊っていただきます。お楽しみに!
a0052916_17053923.jpg

[PR]
by reijiro_kaneko | 2016-07-29 16:58

ティップネス担当レッスン一覧

検索履歴が度々ありますので今一度、私、金子 礼二郎がティップネスにて担当させて頂いているレッスン一覧をご紹介いたします。

月曜日

ティップネス久喜
13:10~13:55 『ダンスストレッチ45』
15:10~15:55 『やさしいジャズダンス45』
16:05~16:50 『有料バーレッスン45』
17:00~18:00 『有料ジャズスクール60』

木曜日

ティップネス五反田
13:05~13:50 『やさしいジャズダンス45』
14:00~15:15 『有料ジャズスクール75』
※2016年10月よりスクールが60分から75分に拡大します!

金曜日

ティップネス新百合ヶ丘
13:30~14:30 『ジャズダンス60』

ティップネス久喜
18:55~19:40 『ダンスストレッチ45』
19:50~20:35 『やさしいジャズダンス45』

土曜日

ティップネス五反田
19:00~20:15 『ジャズダンス75』
20:25~20:55 『有料コリオマスター30』
[PR]
by reijiro_kaneko | 2016-07-28 15:51

8月のコンテンポラリーは

8月の中野スタジオのレッスンは8/17(水)がお休みです。

さて、8月はステップ強化月間としてその場で留まる動きは少なめに沢山ステップを踏み大きく移動しながら上半身の動きを組み合わせるクロスフロアーからの振付を施します。

とにかくよく動くので着替えは必須だと思われます。Tシャツ10枚ぐらいご用意ください(笑)

おそらく現段階では予告しましたOlafur Arnalds監修のコンピレーションアルバムからDestiny's Childのカバー曲『Say my name』を使用する予定です。

どうぞお楽しみに!
a0052916_09000039.jpg

[PR]
by reijiro_kaneko | 2016-07-27 08:52

サラ・ブライトマン祭り、始まりました!

はい、ダメダメ先生、またもやっちゃいました。

7/29(金)から変更します!と宣言しておきながら昨日の久喜店から変更してしまいました…完全に公約違反です。これでもし都知事に選ばれたら給与は全額寄付します(笑)

『やさしいジャズダンス』ではさほどの混乱は見られませんでした。

しかし、、、

スクールは本当に皆さん大変そうでした(^_^;)

ひとつひとつの大きな動きの前に行うプリパレーション(準備動作)が馴染みが無いのが大変さの理由のひとつだと思います。

また、方向転換が多いのも特徴でして、
一見平易な振付なのにやってみると『あらら、私どこ向いてるのかしら?』と迷ってしまうようです。

最後に6拍子という要素も意外とじわじわと効いてくる遅効性の毒のような効果があるようで。

でもね、是非頑張ってマスターして欲しいのですよ。これを覚えればどこを向いて踊ることも怖くなくなるし、バレエ的な動きも苦手意識が減ります。緩急・強弱のコントロールも身体を目一杯使っての感情表現も楽しめるようになります。

振付自体が『祈り』のテーマではありますが、まずは皆さんが萎縮せず貪欲にこの振付に挑んで下さることを祈っています。

a0052916_04423082.jpg

[PR]
by reijiro_kaneko | 2016-07-26 04:26

敢えてのダークサイド

これはだいぶ前から感じていることではありますが、うすら切ないリリカルジャズや自己破壊的・刹那的なバイオレンスジャズダンスをやりたがる方々が本当に多数いらっしゃることに何とも言えない気分を抱いております。

どうして不幸でもないのにそんなにハッピーではない内容のダンスをしたがるのか僕は全く理解ができません。

爆弾の雨が降り注ぐ日常に生きている地域の人達がその状況を嘆き悲しみ平和に対する切実な思いを表現するのは本当に共感できますし、意味のあることだと思います。

しかし、この平和な日本でどうして敢えて胸を掻きむしって泣き叫ぶような題材ばかりがメインストリームに乗るのかどうしても理解が出来ないのです。

演歌の影響なのでしょうか?平和ボケ?笑う芝居より泣く芝居の方が簡単だという演劇界の常識に裏付けされた傾向?

確かにコミカルだったり粋だったり洒落っ気だったりは表現の中でも難度が高く、湿っぽい表現の方が共感しやすく気持ちを込めやすいのは分かります。

でも不幸でもないのに不幸ぶることが本当に不幸な方々に申し訳ない、という気持ちがどっしりと有る故に僕はあまり好んでそういうテーマを選ばないのです。

それなのに、来月はコンテもジャズも少しダークサイドのテーマと動きを選びました。でも簡単に悲しい気分に浸れると思ったら大間違い。身体がねじ切れるかのような筋肉痛を味わって頂き下手な感傷気分など味わう暇は無いと思ってください。

そんな訳で相変わらず8月も挑戦状を叩きつけ続けます。どうぞご期待くださいね!

写真は来月のコンテで使う曲が収録されているアルバムです。敬愛するOlafur Arnalds氏が監修を務めた素晴らしい内容です。
a0052916_16224649.jpg

[PR]
by reijiro_kaneko | 2016-07-24 16:20

ファンクショナル

a0052916_09023382.jpg

『ファンクショナル』という言葉が巷に溢れています。

『ファンクショナル・ストレッチ』『ファンクショナル・コンディショニング』『ファンクショナル・ヨガ』『ファンクショナル・トレーニング』などなど。

では一体『ファンクショナル』ってなに?

辞書をひくと【実用的であること、機能的であること】とあります。

うーん、まだぼんやりしていますね。

少し突っ込んで検索すると【正常に機能する、うまく働く】とも出てきます。

だいぶ明確になりました。でもまだ一歩及ばず、といった感があります。

とあるサイトではこう説明しています。

【体の機能を高めるためのトレーニングであり、立つ、座る、歩く、走るといった日常的動作も、体の機能を高めてあげれば、よりスムーズに、かつ安全に行うことができるようになる。簡単に言えば、「ケガをしなくなる」ということ。体を「鍛える」というより、むしろ、「メンテナンス」という言い方がしっくり来るのではないか。】

おお!なんと分かりやすく的を得た説明でしょうか!

この考え方は僕がだいぶ前から自己流ではあるけれども自分の専門領域であるダンスに関しては既に確立し、常日頃説いてきたことでもあります。

ダンスの上達メソッドは沢山あります。そのどれもが身体と理解能力の条件が良い人にとってはこの上なくためになるメソッドなのですが、ダンスをしたい人達は必ずしも恵まれた条件下に無い人達も沢山いらっしゃいます。例え、条件が良かった人でも怪我を機に従来のメソッドが身体に合わなくなってしまうケースも多々あります。

そういう悩みをとても多く耳にしてきまして、僕なりに何か出来ることはないか…と試行錯誤することウン十年。このところようやく色々な事が整理され繋がり多様性を極める症例に対応出来るアドバイスを差し上げられるようになってきました。でもまだ入り口をくぐったに過ぎません。道は果てしなく遠い…

先程の説明の中にありました『メンテナンス』の重要性は我が身を以て頻繁に感じています。どんなトレーニングをすると動きやすく怪我をしにくい身体の機能性を維持できるのか?それを絶えず考えながらああでもないこうでもないとトライアルを続けています。

本当は皆さんが最高に楽しんでいるレッスンの最中にブチッ!と音を止めて『そんな動きをしてたら近い将来半身不随で寝たきりになりますよ!その危険性を少しでも回避するためにこのコンディショニング・トレーニングを今すぐやりましょう!』と危うく叫びそうになるのを必死に堪えて、言いたいことの1%にも満たない最小限のセーフティ・アドバイスを送るのみに留めています。

そう思ってるならやればいいじゃん?なんでやらないの?みんなそこ一番聞きたがってると思うよ!と思った方に少し弁解をさせてください。

僕がまだ十分にこの身を使って皆さんに見本を見せつつ、僕の動きで皆さんをリード出来るうちは、クドクドと注意をするよりも遥かに安全で機能的な動きへ導けるという自負があることがまず1つ。

もう1つは、やはり『沢山踊って汗をかきたい!面倒くさい口上とか要らないし純粋に楽しみたい!』と願っている人達をその欲求通りにお祭り感覚で盛り上がれるように雰囲気作りを最優先に考えている、というのが二つ目。

どちらも『恥ずかしさ』『偏った知識』『未知のものへの恐怖感』などを取っ払い、心を軽やかにし子供のような単純で純粋な楽しむ心にまずは戻してあげることをしないと、どんな高尚なメソッドも役に立たないという自らの経験に基づく哲学があるからこそなのです。

それを踏まえてまずはお祭り騒ぎ。そして徐々にファンクショナルへと移行していく…それが僕のやり方です。入るは易し、出るは難し、まるで海外の大学のようですね(笑)

先日僕のクラスを受講してくれたダンサーさんが言ってくれたことが甦ります。

『礼二郎さんはほんとに視点がワールドですね』

有り難い一言でした。
[PR]
by reijiro_kaneko | 2016-07-23 08:58

夏の業務連絡

ざっと箇条書きに夏の業務連絡をさせてください。

①8月のスタジオwaiwaiでのレッスンは8/17(水)がお休みになります。

②7/29(金)からティップネスでのジャズダンスの振付が8月の課題曲に前倒し公開となります。

③以前からWSを担当させて頂いている8ppy.さくらさんの発表会『en vol.1』が7/31(日)に開催されます。僕も2曲振付作品を提供させて頂いています。ご覧になりたい方は僕に直接お申し出ください。無料なのですが整理券代わりのフライヤー持参でないと入場できませんので確実にいらっしゃれる方にお渡しします。

④10/7,8に光が丘IMAホールで開催されますオムニバス公演に先日の『Plaisir Coupable』メンバー6名+1名で出品することとなり、明日からリハーサルが始まります。こちらはフライヤーをきちんとお配りできますし、事前にチケットも販売いたしますので、ご用意出来ましたらまた後日こちらでもお知らせいたします。

連絡は以上です。

皆様、猛暑の夏を共に無事に乗り越えましょう!
a0052916_01245267.jpg

[PR]
by reijiro_kaneko | 2016-07-20 01:15

サラ・ブライトマン中間報告

8月からのティップネス・ジャズダンスで踊って頂くSara Brightman女史の『Anytime , Anywhere』を本日、久喜店にて先行上映してきました。

序盤はそれほどテクニックも盛り込んでいないので『やさしいジャズダンス』にも対応していますが、後半に移行するにつれテクニック祭りとなります。

案の定、後半は僕が一緒に踊らないと見事に空中分解状態。あちこちから悲鳴が上がる始末でした。

内容に関しては、一応海外での連続テロに心を痛めて創った経緯もあるのでそんな説明もサラリとはしてみているのですが、基本的に作者の意図などどうでも良いというスタンスにおります故、例えエロい想像をしながら踊っていただくのも結構、愛しいワンちゃんを思い浮かべて頂くのも結構、体をしっかりと動かして心の中で歌いながらノビノビと踊って頂ければご満悦です(笑)

さてさて、8月はどんな阿鼻叫喚の図が見られるか今から楽しみでなりません。どうぞ皆様ご期待くださいね!
a0052916_00352215.jpg

[PR]
by reijiro_kaneko | 2016-07-19 00:15

セクシーなイカ

今月のジャズダンスのテーマは『お洒落ラテン風』と銘打って楽しく踊って頂いていますが、ステップを正確に刻むことは勿論、動きの緩急を付けつつ身体の面の意識もしなければならない、といういつもの課題に加えて皆さんに是非とも実感して頂きたいことがあるので僭越ながら幾度となく見本をお見せしています。

その度に歓声、というよりも半ば悲鳴が沢山聞こえます(笑)

理由は分かります。とてもエロティックだしえげつなく視線をキメるしキレッキレなのかネバっこいのか判断不可能なセクシーなイカみたいな感じですものね。小さなお子さんとか絶対怖くて泣きます。

訴えたいのはここなんです。

あ、いえ、セクシーなイカになれ!と言いたいのではないですよ。

以前から何度も申し上げている『情感』の要素が有るのと無いのでは同じ振付でも見え方がまるで変わってしまう、ということをまずは目撃して『へぇ~そういうものなんだね』とうっすら理解して頂けるだけでもいいんです。

そしてそういう世界観を真似してみたいと思う方々が増え、普段から巷に流布している沢山の素晴らしい映像を自分の意志で観て、何かを盗んで実際に自分の身体を動かしてトライしてみる。そうやって貪欲に試行錯誤している人をまた他の誰かが観て、『あ!それ素敵ね!』と思って真似をする。そんな愉しい連鎖がさざ波のように拡がっていったら楽しいなぁと思うのです。

さて、そんな訳でまたまた皆さん自分でやること増えちゃいましたね(^_^;)

そして、この自発性を歓迎する僕のスタンス故、細かく基礎の基礎から丁寧に積み上げたいと望んでいらっしゃる方には僕のレッスンは不向きであることも念のため付記しておきます。

金子先生のスタイルを忠実に再現できるようにコツコツと頑張り金子先生の世界観に忠誠を誓います!なんてもってのほか。そういうのは是非辞めて頂きたい。

皆さんの一人一人全然違う身体で全然違う価値観で全然違う魅力的な動きを産み出し、それが同時に踊るとぶつかり合って不協和音を奏でるのではなく何故か不思議と調和しイキイキとした心地好い和音を構成する、その瞬間にオーガズムにも似た快感を感じることが出来るからこそこの仕事を続けているのです。

そんなに頻繁では無くていいんです。一年に一回でも十分です。何故なら快楽も慣れてしまうと更なる極みを追求したくなってしまうから。

『そんなこと言ってあなたは私たちを上手にさせたくないだけなんでしょ?ブロイラーのように並べてエサ与えて上から目線で楽しんでるだけなんでしょ?』と昔実際に逆上された方から言われたことがありますが、そんなことを考えたことも無かったので言葉を失いました。

結局その方は『飼われたかったのだ』と随分後になって理解しました。

僕は飼いたくなんてありません。
言いなりの忠実な生徒なんて虫酸が走ります。

ですので言い方は悪いですが勝手にノビノビ育っちゃって下さい。楽しければ身体が良い方に変わる実感が味わえるのならまた来て下さい。そしてちょっと情緒不安定で真面目なのかいい加減なのか分からないイタリア人の名女優さんみたいなダンスをしたい方、大歓迎です(笑)

あ、そうそう、来月はこの御方のバラードで参ります。早々と決めてしまいました。バラードですけど、なんだか壮大なことになりそうです。そんじょそこらの感情移入とかじゃダメです。宇宙レベルなので覚悟して臨んでくださいね!
a0052916_00545085.jpg

[PR]
by reijiro_kaneko | 2016-07-16 00:52

新たなお気に入り

最近伊坂幸太郎という小説家の著書を立て続けに読み耽っています。

時系列が一見メチャクチャで関係ないエピソードが散乱し負の要素にまみれた登場人物ばかりが登場し酷い暴力描写も挟まれ…と、とにかく救いようがない内容かと思わせておいて、最後の最後で埋まらなかったクロスワードパズルの何マスかを鮮やかに埋めていくようなその手腕にしてやられるのです。

物語の運びの巧さもさることながら、登場人物のアンチだけど出鱈目なアンチではなくそれぞれに魅力的なロジックを裏打ちしていく彼の人間愛にも深く心を動かされます。ダメ人間を愛しく感じさせる奥田英朗氏と同じように。

心に沢山の引っ掻き傷を付けていきつつも、その傷達は無意味な傷ではなく寧ろ傷ついてこそ理解出来る境地を見せてくれる、そんな作家だと思います。

原田マハさんのような気持ちよく泣かせてくれる作家さんではありませんが、『毒が在るからこそ薬の存在意義が在る』そして『何もかも綺麗にしてしまうのではなく毒の存在意義も安易に否定しない』バランスの取れた思考の重要性を再認識させてくれる作家さんなのです。

興味のある方はご一読どうぞ!
a0052916_22201881.jpg

a0052916_22201999.jpg

a0052916_01230386.jpg

a0052916_01241514.jpg

[PR]
by reijiro_kaneko | 2016-07-08 22:19



ダンサー兼インストラクター『金子礼二郎』が気ままに呟いています。
カテゴリ
タグ
最新のコメント
うーん、怪我ですか。心配..
by Annie at 14:33
yukiさん ほん..
by reijiro_kaneko at 12:10
慣れです、慣れ。 がんば..
by yuki at 11:49
ハニョポンタさん ..
by reijiro_kaneko at 22:59
昨夜アバターを観てきまし..
by ハニョポンタ at 13:29
ふぁるさん 初めま..
by reijiro_kaneko at 12:41
初めましてです。 私も..
by ふぁる at 02:15
ひさえさん おー!..
by reijiro_kaneko at 23:54
H先生、以前カザミアで受..
by ひさえ at 15:03
美保子さん とても..
by reijiro_kaneko at 11:23
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧