人気ブログランキング |

【礼二郎のつぶやき】

<   2017年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

7月のstudio CAST のレッスンご案内

【7月studio CAST レッスン】
水曜日 7/5,12,19,26
土曜日 7/1,8,15,29
※7/22はお休みです!

水曜日
13:00~14:00 コンディショニング
14:00~15:00 ムービングストレッチ
15:00~16:00 バーレッスン
16:00~17:30 コンテンポラリー

19:00~20:00 コンディショニング&ムービングストレッチ
20:00~21:00 バーレッスン
21:00~22:30 コンテンポラリー

土曜日
12:00~13:00 コンディショニング
13:00~14:00 ムービングストレッチ
14:00~15:00 バーレッスン
15:00~16:30 コンテンポラリー

◆今月のコンテンポラリーは『大橋トリオ / 月の裏の鏡』で「振り子」のムーブメントを多用したとても長い振付を練習して頂いています。「今月は」と言っておりますが、まだ6月にも関わらず既に7月体勢に入っております。

【7月ジャイロキネシス】

1日、8日、15日、29日

※第4週目22日はお休みです。
※第1週目はインストラクターが大内のみとなります。
あらかじめご了承ください。

●17:00〜18:30
●2,000円/1回
●スタジオわいわい
http://homepage3.nifty.com/studio-waiwai/map.html

✳︎✳︎✳︎ベビー連れ参加について✳︎✳︎✳︎
事前にご連絡いただければハイハイ以上の赤ちゃんでもご参加頂けるようになりました⭐︎

•赤ちゃんと一緒に動くクラスではありません。(赤ちゃんを側においた状態で受けていただくことの出来る大人向けクラスです。)
•生後1ヶ月〜参加できます。
•赤ちゃんの状況(授乳、おむつ替えなど)によって途中抜け、戻りなどは自由です。
•授乳室、おむつ交換台はありません。更衣室をご利用いただくことになりますので必要であれば授乳ケープなどをお持ち下さい。
a0052916_15301898.jpg

by reijiro_kaneko | 2017-06-25 15:09

燃え尽き症候群は何処へ?

あぁ、公演終わっちゃったんだなぁ、とたまに思うのです。でもいつもみたいにレッスン中にボンヤリしちゃうこと、全くありません。ボンヤリするどころか覚醒しまくっていまして、以前よりツッコミのスピードが格段に上がっています。そして、美しくないものに対しての評価も格段に厳しくなっています。

『皆さんのペースでのんびり踊って頂いていいんですよ~』の姿勢は別に変わらないんですけど、どうせ踊るならガチでちゃんとやりたい!という意志が見える人に対して容赦なくなっています。

そういう意味で昔の僕は死亡しました。

『そっちがガチなら俺もガチで行くぜ!』

そんな新生礼二郎に今日は中野も五反田も振り回されました。冷静に見ると本当に難しいことを次々と要求され、『あれ?なんかいつもより身体がキツイ…ハァハァする…なんだろうコレ…』と戸惑いつつも、『やんのか!おーし分かった!そっちが本気ならやったろうやないか!』と皆さんが前のめりで食らい付いて下さった結果、僕がレッスン後に一番嬉しく感じる『泣き笑い』のお顔が沢山。

ちゃんと走り抜けた者だけが味わえる境地なのです。ただ『楽しかった~』では済まされない、しかし色んな感情が渦巻く『楽しかった~』を皆さんに味わって頂けたのではないでしょうか?

『え~っ!ずるーい!私が居ない間にそんなレッスンして!わたしが居る時にもやってくれなきゃヤダヤダヤダ!』と思っている方々、ご安心ください。たぶんこれからいつでもそうなります。というか、これ、ますますヒートアップしていきます。火傷注意です。

と、言いつつ、やっぱり全力投球するとこうなります。
a0052916_23281807.jpg


公園のひんやりカバさんに暫しくっついて火照った身体と頭を冷やしてから帰路につきました。

火傷注意なのは僕自身なのかもしれません…(笑)
by reijiro_kaneko | 2017-06-24 23:12

遠足前夜

お試しレッスンを前に覚醒中の金子です。こんな時間に全く眠くなくなり一時間ぐらい起きてます。遠足前の子供か…(笑)

さて、今日は studio CAST 始まって以来の『はじめてお試しレッスン』。いつも通って下さっている方々の中でもまだ日が浅い方々が何人か名乗り出て下さり、彼女達は一様にとても熱心でフレンドリーなので、本当に初めてstudio CASTのレッスンを受ける方も安心だと思います。

今回は平常土曜日の夕方のみ開催しております『ジャイロキネシス』のレッスンもショートバージョンにて昼と夕方に設けました。金子流コンテの特性『うねる』『しなる』『残像をたなびかせる』を体現するにはもってこいのエクササイズです。体験して下さった皆様が深い実感を得て、また受講したいと言って下さるといいなぁと願っております。

コンテンポラリーの方は、レギュラークラスでいつも行っている床に寝転がった状態でゴロゴロしながら筋肉と関節を弛めるストレッチ兼筋トレで全身を解し、お試し振付に組み込んであるごく初歩的な動きを幾つかチョイスして身体に馴染ませ、全員がしっかりと納得して覚えて頂くまで付き合い、自信を持って踊れるようにリードしていきます。

僕のリードもさることながら、『大橋トリオ』の温かく柔らかい声が皆さんを包み込んで導いてくれることでしょう。是非全てを忘れて彼の声に身を委ねてみてくださいね。

さて、このままでは明日の夜まで持たないのでやっぱり少し眠ることにします。皆さん、また明日!
a0052916_04383592.jpg

by reijiro_kaneko | 2017-06-22 04:22

『大橋トリオ』

知人に紹介されるも何年も食わず嫌いを貫き、先日ふとしたことから改めて聴いてみてすっかりファンになってしまった『大橋トリオ』という独りなのにトリオな方。

日本語の曲をレッスンで好んで使わないことでも有名な僕ですが、『良いものは良い!』とちゃんと素直に対応できるのも長所だと自負しております故、『良いと思ったらすぐ行動』の反応の速さも加えて、直ぐに使っちゃいます。

6/21(水)の中野スタジオのレッスンから『月の裏の鏡』を、6/24(土)のティップネス五反田のレッスンから『うまれた日』を使います。

6/20(火)の8ppy.さくらさんのWS、6/22(木)のお試しレッスンでもどちらかの曲で踊って頂きますのでお楽しみに!

a0052916_15194327.jpg



by reijiro_kaneko | 2017-06-18 15:17

お試しレッスンのお知らせ

☆お試しレッスン開催のお知らせ☆

まずはご報告です。

11:30~のジャイロ
13:00~のコンテンポラリー
共に定員となりましたので受付を終了させて頂きます。

16:00~のジャイロ
19:30~のコンテンポラリー
はまだ余裕がございます。ご都合がつく方はこちらのクラスにお申し込みください。

『HOTEL』をご覧になった皆様はご存知かと思いますが、来る6/22(木)にstudio CASTの本拠地であるstudio waiwaiにて「お試しレッスン」を開催いたします。

コンテンポラリーとジャイロキネシスの二種類のみ、その日だけの内容、組み合わせ自由、入会金不要、という初めての方にも安心して受講頂けるレッスンです。

「コンテンポラリーって一体どんなことするの?」「ジャイロキネシスってどんなエクササイズなの?」「興味はあるけど難しそうだし、暗い曲でグニャグニャしてるだけなら嫌だなぁ…」「ダンスは体が柔らかくないと向いてないんでしょ?コアがしっかりしてないと上手に踊れないんでしょ?何か速効性のあるエクササイズは無いの?」

そんな疑問を抱えている皆様にお薦めのクラスです。

「ジャイロキネシス」で身体を目覚めさせ、「コンテンポラリー」で楽しく身体と会話しながら踊る、という受講の仕方がベストではありますが、逆に「コンテンポラリー」で身体を隅々まで使った上で「ジャイロキネシス」で整えてお帰り頂く、というチョイスもOK。勿論、「ジャイロキネシス」のみ、「コンテンポラリー」のみ、でも大歓迎です。

◆スケジュール◆
11:30~12:30 『はじめてジャイロ』
13:00~15:30 『はじめてコンテンポラリー』
16:00~17:00 『はじめてジャイロ』
19:30~22:00 『はじめてコンテンポラリー』

◆料金◆
『ジャイロ』は¥1,000
『コンテンポラリー』は¥1,500

◆定員◆
『ジャイロ』は10名 ※11:30からのクラスは残り三名様となりました。お急ぎください!
『コンテンポラリー』は16名

◆場所◆
[studio waiwai]

◆ご予約◆
各インストラクターに直接申し込み頂くか、下記のメールアドレスに「お名前・受講希望時間」を明記の上メールを送って頂くか、どちらかでお願いいたします。

castcontemporary@yahoo.co.jp

◆内容◆
【コンテンポラリークラス】
ゆるゆるストレッチで関節を解し、お試し振付の中で使う動きのモチーフを何度も練習し、じっくりと時間をかけてご自分のペースで覚えながら最後には自信を持って発表出来るところまで「マジシャン金子」が誘導いたします。

当日の課題曲は『大橋トリオ』のバラード。椅子を使って時にセンチメンタルに、時に強く踊りましょう。

【GYROKINESIS®クラス︎】
ジャイロとは、円や螺旋を意味し、曲線を描くような動きや椅子に座って行う運動が特徴的です。身体の自然な動きに逆らわず、身体に負担をかけないことで怪我の克服やリハビリテーションにも用いられます。

また、肩凝りや腰痛の軽減、美しいボディラインと正しい姿勢を身に付けて、健康な生活を得ることもジャイロキネシスの魅力です。

深い呼吸をしながら背骨を沢山動かす、ダンスをする方にオススメのエクササイズです。
マジシャン金子の弟子、イリュージョン島田とマリック大内が担当いたします。
a0052916_01422524.jpg

by reijiro_kaneko | 2017-06-18 01:41

『HOTEL』メモリアルアルバム

旧知の知人カメラマン、阿部高之氏がフラリと立ち寄ってくれて初見にも関わらず沢山の素敵な写真を撮ってくれました。

彼は12年前の初演『HOTEL』の時にもフライヤーやパンフレット、出演者の顔写真、そして本番の写真を撮ってくれた方で、12年の時を経てまた同じ題材を撮ってくれたことがとても嬉しく、この縁に改めて感謝しました。

全て載せると膨大な量になってしまいますので幾つか僕のお気に入りの写真をセレクトしましたのでご覧ください。

a0052916_01132281.jpg


a0052916_01132309.jpg


a0052916_01132403.jpg


a0052916_01132571.jpg


a0052916_01132616.jpg


a0052916_01132829.jpg


a0052916_01132968.jpg


a0052916_01133068.jpg


a0052916_01133175.jpg


a0052916_01133218.jpg

by reijiro_kaneko | 2017-06-17 00:59

断食後の初食事

a0052916_23343423.jpg


『HOTEL』終演後、きっと廃人になるであろうことを見越して完全休業日を3日取っておきました。結局残務整理でちょこちょこ頭を使っていたので食っちゃ寝を繰り返していた割には廃人化は避けられましたが、何せブンブン動かないので段々身体に異変が出て来てしまい、動きたくて仕方がない病にかかってしまいました。

明日の復帰を前に軽くリハビリがてら気楽な気持ちで新宿のシネマカリテという映画館に出掛けました。

最後の晩餐の『僕とカミンスキーの旅』を観た時に気になる映画のチラシを数枚貰ってきた中に入っていたこの映画。

良さげだなぁとは思っていましたが、過小評価していたことを恥ずかしく思いました。

少し話は戻ります。

『HOTEL』をご覧になった皆様の多くが理由は分からないけれど涙が止まらなくなったと仰って下さることに、当の創り手本人はいささか戸惑っておりました。どこにそんな泣けるポイントがあるのだろう?特にお話らしいお話を盛り込んでいる訳でも超絶技巧のオンパレードでもないのに何故そんなに感動して下さるのだろう?と不思議に感じていたのです。

確かに確信犯的な創り方をしている部分もあります。今まで観てきた舞台や映画で、そのタイミングで曲と照明と動きをシンクロさせるとグッと来るんだよね、と思っていたことを随所で実行していますし、動きそのものも敢えて削ぎ落として皆さんに意味が伝わり
やすくしてみました。

ですが、どうやらそういう技巧的な事ではない部分に皆さんが反応してらっしゃるようなので、はて、それは一体どういうことだろう?とこの映画を観るまで皆目検討もつかなかったのです。

しかし、映画を観始めた瞬間にその謎が解けました。

二時間の映画なのにとても短く感じ、丁寧に配置された絶妙な台詞と俳優陣の演技に心を打たれ、真っ直ぐに身体の奥まで射し込んでくる音楽に感情を揺さぶられ、作者の意図が素直に明快に理解出来たのです。

『人生山あり谷あり。でも生きてさえいればどんな人生もまんざら悪いもんじゃない。』

それを声高に言わずして作品に潜ませたからこそ、あちこちのシーンで嗚咽が漏れるほど涙が溢れ、深く頷きながら稀に見る集中力で観切りました。

この素晴らしい映画と僕の稚拙な作品を比べるのは烏滸がましいですが、根っこは一緒だと感じることは許して頂けると思います…

出演者にもスタッフにもこんな想いがあることは伝えていません。にも関わらず全員が意図を汲み取って全力で作品に取り組んでくれたからこそ、観て下さる皆さんの心を打つことが出来たのでしょう。

これがきっと、リハーサルが始まる前に『観て下さる皆さんが元気になる作品にしましょう!』などと前口上を垂れてしまったらあんな作品には仕上がらなかったかもしれません。

万が一僕のこの記事を読んで上演打ち切り間近のこの映画を観に走る方の気持ちを折ってしまうので詳しくは書きませんが、この『結び目をほどくマリア』の絵が出てくるシーンで僕は号泣していました。
a0052916_23343510.jpg

僕も曲がりなりにも皆さんの心の結び目をほどくことが出来たのかなぁとも微かに思いつつ、でもそのシーンのあまりにも美しい情景に単純に感動したから、なのですが。

こうやってひとつの作品を創って後で色々感じれる繋がりがあることにまたしても感謝です。
a0052916_23343611.jpg






by reijiro_kaneko | 2017-06-13 22:35

励みになる言葉

『HOTEL』終演後、続々と励みになるお言葉を沢山の方々から頂き、公演終了二日目にしてまだまだアドレナリンが収まりません。

本当なら頂いた言葉を全てご紹介したいところですが、そんなことをしたら一冊の本が出来上がってしまうので、それはまたいずれ。

今日は僕のダンス人生の出発点となった大学時代の男子寮の先輩とのやり取りをプライバシーを尊重しつつ掲載させて頂きます。

金子 :

Mさん、(Facebookの)コメントだけじゃ気持ちが治まらないし、失礼でもありますので改めてこちらでお礼をお伝えいたします。

モダダン(大学のサークルの愛称)での稚拙な発表をご覧になって以来、でしょうか?

30年近くの月日が流れ、僕はまだ非現実の世界に生きています。きちんと現実を生きている皆さんに引け目を感じながら。

でもそんな男でもなにかしらの存在意義があるはずと足掻いてこんな舞台を創りました。

正直、こんなに皆さんに温かく歓迎される作品になるとは思ってもみませんでした。

Mさんに『また観たいよ!』と言って頂けた瞬間にも涙腺のダムが決壊しそうになっていたのですが、笑顔で接してくださっているのに泣いたら申し訳ないと耐えました。

Mさんを始め、大学の後輩も何人か、三年ほど勤めた広告代理店の同期も数人観てくれて、同じようにまた観たいと言ってくれました。

今、とても幸せです。

そして感謝の気持ちで胸が張り裂けそうです。

本当に有り難う御座いました。また是非観たいと思って頂けるような作品を創りますのでその時も御贔屓にお願いいたします!



Mさん :

メッセージありがとう。
全然 失礼じゃないよ。 (^o^)

そうだね、モダダンでの発表以来かも。

僕の整体の世界もそうだけど、礼二郎の世界も「非現実」的ではないよ。
そういう現実の世界なんだと思うよ。
確かに企業社会的な現実ではないかもしれないけど、そんなフィールドはごく狭いエリアのことなわけだし。

表現の世界は、自らやる側も、受けとって味わう側も、どちらも必ず必要とする世界だと思います。

その世界に生きると覚悟を決めてやっている礼二郎は、とてもすがすがしいと思う。
そして先日 パフォーマンスを観て、やり切ってるなーと嬉しかったです。
療術的な世界も、いってみれば「芸能」の世界だから。 (^o^)

仲間の皆さんを見ていても、とてもいいなぁと思った。
肉体の表現・体現の世界は、口でのウソがつけない。
いくら大層なことを言っていても、動きを観れば たちどころに その人の実力と その人自身が分かってしまう。
似たような道を目指している人にはね。

礼二郎はそういう意味で、真っ直ぐにウソをつかずにいるんだろうと思う。
それに惹かれる人たちが、礼二郎のまわりに集まっているんだろうと思う。
それは仲間の方々を見ていて「そうなんだろうなぁ」と思えます。
だから、これからも、そのままで! (^^)

また観に行きます。
楽しみにして♪

お互い がんばりましょー!

a0052916_09514890.jpg


この頃を知っている数少ない方のお一人です。
by reijiro_kaneko | 2017-06-12 09:49

『HOTEL』主役ご紹介

タイトルを読んで『わあ!あの豪華な衣装を遂に写真で見せてくれるのね!』と早合点した方、それはもう少しお待ちくださいね。

今回の主役はこの美しい椅子の皆さんです。

まず『大女優』の椅子。
a0052916_00243826.jpg


よくぞまあこんな椅子が手に入ったもんだ!と周囲から称賛の嵐でした。そして、このカウチのお陰で全体の雰囲気がガラリと変わったことは言うまでもありません。

『ダンディ』の椅子。
a0052916_00240383.jpg


この椅子が決まるまでずっとヒヤヒヤしていました。『大女優』のカウチが真っ先に決まり、シンメトリーに位置する同じ重みを持った男性らしい椅子というのがなかなか難しく、ボツになった候補が幾つもありました。

『双子』の椅子
a0052916_00240799.jpg


あの奇抜で気色悪い二人に合う椅子選びにも少し手こずりました。結果、モダンでモノトーンだけど鮮烈な赤のこの二脚に決定。

『潔癖性』の椅子
a0052916_00241050.jpg

北欧の有名なアリンコチェアのレプリカです。これは『大女優』の椅子とほぼ同時に決定。あのカウチの正面に置いても全く存在感を失わない独特なデザインです。

これらの椅子を調達して下さったのが、株式会社シロマルさん。お世話になっている8ppy.さくらさんのメンバーでもあり、中野スタジオにも通ってくれているFさんの旦那様が経営するリサイクル会社にタイミング良く集まってきた椅子をお借りした、という訳なのです。

根気よく捜し続けてくれたFさんと旦那様にはもう足を向けて眠れません。本番を観て下さったお二人に後で感想を聞いたところ、我が子達の初舞台を本人達以上に緊張して見守ったそうです。

演出ではこの椅子達に最初無造作に布がかかった状態から始まります。いかにも長らく営業を休止していた古いホテルのムードを演出したいが為でしたが、布がかかった状態ですら存在を主張できる個性的な椅子達。彼らこそが『HOTEL』の主人公だったのです。

作品の最後に誰も舞台上に立っていない状態で一つずつスポットライトを浴びていく彼らを本番前日に初めて観て、思わず唸りました。

千秋楽、スポットライトを浴びた彼らの間で、エンドロールの光を浴びながらソロを踊っている時に彼らの囁き声が聞こえ、とうとう僕も常軌を逸したかと不安になる瞬間もありました。しかし、それが逆に心地好く守られている実感も同時に感じたのです。

a0052916_00241210.jpg


彼等はきっとこの後どこかのおうちに引き取られていくのでしょう。どんな生活が待っているのか、想像するだけでワクワクします。寂しさはありません。もしかするとまたどこかで逢えるかもしれないから。
by reijiro_kaneko | 2017-06-12 00:03

『HOTEL』終演いたしました

2005年に五人だけで創り上げた初演『HOTEL』から12年…増築新装開店した新生『HOTEL』もあっという間に2日間の営業を終え、再びどこか遠い国の名も知らぬ町の山奥に姿を消しました。

述べ人数1000人ものお客様にお泊まり頂き、築300年の建物がいつ崩れるかとヒヤヒヤしておりましたが、幸い大きな事故もなく、お客様の皆様は当HOTELを堪能されてお帰りになられたようで支配人共々ホッと胸を撫で下ろしております。

この度の新装開店にあたり、実は『悲しくないのに勝手に涙が止まらなくなるデトックスマシーン』を各部屋に装備させて頂き、10段階レベルの8に設定させて頂きましたので、お客様の殆どの方が『何故涙が止まらないの?』とクレームの電話が殺到しメイド達が東奔西走するという事態になりまして、『副支配人どうか涙マシーン止めてください!』と懇願されたのですが、私は『それは出来ない』と断固としてスイッチを切らなかったため、とあるお部屋では浸水事故も起こっていたようです。心から陳謝申し上げます。

運転手には『切ないけれど微かな希望を感じられるセレクトCD』を渡してあります。お帰りの道中、万が一運転手が居眠りを始めないように後部座席にてオペラのアリアなど熱唱されつつご無事でお屋敷にお着きになられますようお祈り申し上げます。

また、当HOTELの営業再開まで幾ばくかの月日を要します。その日まで皆様のご幸運とご繁栄を祈念いたしまして、総支配人の肖像画をトランクに忍ばせて頂きました。魔除けにも最適ですのでどうぞエントランスに飾って頂ければ、と思います。

それでは皆様、また12年後にお逢いいたしましょう。

HOTEL 干支 副支配人 金子 礼二郎

a0052916_19160653.jpg






by reijiro_kaneko | 2017-06-11 19:07



ダンサー兼インストラクター『金子礼二郎』が気ままに呟いています。
カテゴリ
タグ
最新のコメント
うーん、怪我ですか。心配..
by Annie at 14:33
yukiさん ほん..
by reijiro_kaneko at 12:10
慣れです、慣れ。 がんば..
by yuki at 11:49
ハニョポンタさん ..
by reijiro_kaneko at 22:59
昨夜アバターを観てきまし..
by ハニョポンタ at 13:29
ふぁるさん 初めま..
by reijiro_kaneko at 12:41
初めましてです。 私も..
by ふぁる at 02:15
ひさえさん おー!..
by reijiro_kaneko at 23:54
H先生、以前カザミアで受..
by ひさえ at 15:03
美保子さん とても..
by reijiro_kaneko at 11:23
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧