人気ブログランキング |

【礼二郎のつぶやき】

<   2017年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

11月のティップネス・ジャズダンスは

Stevie Hoangの新譜から『Wrapped Up』にて振付します。

曲をお聴きになりたい方はこちらのリンクからどうぞ↓
Wrapped Up
動画はこちらからご覧下さい↓
Wrapped Up 参考動画
a0052916_16281401.jpg


10月のしっとり切ないバラードから一転、アップテンポで明るいムードの曲になります。

アップテンポではありますが、基本的にリリカルジャズ(未だに質問が来るので念のため書いておきますが、リリカルジャズとは比較的スローな切なげな曲でいかにも切なそうに踊るジャズダンス、だと認識して下さればさほど問題ないと思います)のアプローチなんですが、ダラダラと切なくブンブン踊るだけというのが死ぬほど嫌いな性格な故、随所にカチッとした動きが挟まれうっとりとした流れをわざと阻害します。こうしないと大脳辺縁系の働きも悪くなりますし、新陳代謝も落ちますし、何より尿失禁を助長してしまいます。

あ、後半はだいぶテキトーです(笑)

『んもー、ダラダラと酔いしれてユラユラとなんとなく踊るだけで私は満足なのにぃ、先生ったらいつもそうやってイケズな仕打ちをするんだからぁん』とクネクネしているそこのアナタ、本当にごめんなさい。まあまあそう言わずにノセラレちゃっていつの間にか楽しくなっちゃってみてくださいよ。

さあ、皆さん、そんな訳で思いっきり青春しながら時々ASIMOのようにコキコキとぎごちなく動いて、一体何が楽しいのか分からない金子マジックにまんまと騙されちゃってくださいね!



by reijiro_kaneko | 2017-10-27 16:15

11月のstudio CASTは

今年も残り僅かとなってきました。

11月~12月のstudio CASTのお休みは

11/22(水)全日
12/27(水)19:00以降のクラス
12/30(土)全日

となります。ご了承下さい。

a0052916_15385091.jpg


先日、Instagramにて動画を上げました振付に手を加えて11月のstudio CASTでも踊っていただきます。

参考動画はこちら↓

The winner takes it all 参考動画 その2

Carla Bruni(カーラ・ブルーニ)さんの『The winner takes it all 』という曲です。

この曲は元はABBAの曲です。マンマ・ミーアやダンシングクイーンに比べると少し地味な楽曲ではありますが、旋律の美しさと派手ではないけれどじんわりとドラマティックな構成が昔から好きでした。

違う曲目当てで購入したカーラ・ブルーニさんの新譜にまさかこの曲が入っているなどとは思いもよらず、WSの前日に家で流し聴きしている時に『あれっ?』と思い、何度聴き直しても心に引っ掛かるので、ならば使おうじゃないか!と決心し鼻歌混じりに身体を揺すっていたらとても自然に振りが出来てしまった、という経緯があります。

こんなにも優しく深い歌声が元スーパーモデルにして元フランス大統領夫人のカーラさんのものだと納得するのに少々時間を要しましたが、この違和感も含めて創作意欲を刺激してくださったことは間違いありません。

前半は音楽を尊重し、歌を邪魔しないゆったりとした動きに始まり、徐々にフロアーも含めたテクニカルなムーブメントもこなして頂きながら、僕が感じた『違和感』を皆さんにも味わって頂きたいと思います。


by reijiro_kaneko | 2017-10-27 15:23

インスタ効果

先日の8ppy.さくらさんのWS動画をInstagramに上げたところ、カーラ・ブルーニさん御本人がご自分のアカウントでその動画を転載して下さり、素敵なコメントまで付けてくださいました。

a0052916_15200311.jpg


a0052916_15200521.jpg


内容を要約しますと『音楽に国境はない。私の新譜の曲を日本のコンテンポラリー・ダンス・クラスで使ってくれたの。素敵でしょ?』

これをキッカケに動画の再生数が普段の倍に増え、どこぞの国の方々か分からない方が続々とフォロワーになって下さり、数時間の間に過去の動画にもどんどんイイね!が増えていきました。

当の本人はただただ驚いているばかり。

数年かけてWSをさせて頂いている8ppy.さくらの皆さんの踊っている姿が歌っている御本人の目に止まったこと、本当に嬉しく思います。

これからは遊び半分で付けていたハッシュタグ(#)のやたら長い文章だけでなく、アーティスト名や団体名をちゃんと記していこうとも思い直しました。
by reijiro_kaneko | 2017-10-27 15:10

大丈夫じゃないと思います

本日、某店舗にてウォーミングアップ中にスタッフから声を掛けられ、『体験のお客様でジャズダンスのレッスンに参加してみたいと仰っている方がいらっしゃるのですが、大丈夫でしょうか?』と聞かれたので、以下のようにガイダンスすべしと答えました。

『おそらく慣れていらっしゃらない方は大丈夫ではないと思います。ただし、興味とヤル気の方が重要なので参加されることは全く問題ありません。月初めに参加された方が振付も短めで丁寧にリードするので安心かと思いますが、長めの振付を目の当たりにしてカルチャーショックを受けるのも何となく出来たような気になって程々の満足感と共にスタジオを後にするよりよっぽど得ることが多いと思います。そして、最後にインストラクターとの相性という点がとても大きい要因でもありますので、試しに参加されてみてとても楽しいと思えたらまた是非参加なさってみてください。』

そのスタッフは神妙な面持ちで再びお客様の元へ。遠くで説明している様子を観察していましたが、お客様の顔付きが不安そうになってきたので助け船を出すことに。

担当であることを告げ、今日はいつもより参加人数が少ないこと・スローな曲なので動きを追いやすいことも併せてご説明差し上げ、最後にダメ押しの一言。

『今日はチャンスかもしれません』

インストラクターと直接話せたこともあってか、そのお客様はレッスンに参加され、途中でリタイアされることもなく最後まで彼女なりに頑張ってくださいました。

終わってから再び話し掛けてみると、満面の笑みでこう仰いました。

『普通だったらスポーツクラブでは【大丈夫ですよ!】としか言ってくれません。ところが先ほどのスタッフの方はそうは言ってくれませんでした。そこでアレ?と感じたんです。大丈夫でないことが当たり前なのだから大丈夫ではないですと告げてくれる正直さにコレは脈ありかも?と思ったんです。本当に何も出来なかったんですけど、それでも楽しくて仕方ありませんでしたし、何より観るもの聴くものが全て素敵だと思えたことは本当に貴重なひとときでした。』

大丈夫ですよ!と安易に言ってしまえば仕事としてはとても楽なのに、敢えて僕の言葉を一生懸命お客様に伝えようとしてくれたスタッフの真摯な気持ちにも、このお客様の情報をきちんと咀嚼して勇気を持って参加して下さり何か大きなお土産を持って帰られたことにも、何とも言えない嬉しい気持ちでいっぱいです。

連日のハードワークが祟ってあわや風邪?!な状態を綱渡りで何とか回避していましたが、今日はちょっと足を踏み外しそうになっておりまして、そんな時にこんな出来事がありぐずついている天気と身体に反して心は晴れやかです。

そして足元も。
a0052916_16575607.jpg


長年ショップを横目で見ながら通りすぎていたCamperでしたが、遂に手を、いえ足を出してみました。

PatrickのMarathonや、NikeのCortezも素晴らしいシューズだと信じて疑いませんでしたが、このCamperのBeetleというモデルは目から鱗でした。

足を横からキュッとサポートしてくれるのに爪先は全く窮屈な感覚は無く、朝夕で1㎝ぐらいサイズが変わる僕の足にもしっかり対応してくれる優れものです。

お値段がそこそこするのですが、商売道具の足を守るために思いきって購入してみて本当に良かった。

この靴のお陰で暫く避けていた全身真っ黒コーディネートが復活し、この冬は度々真っ黒な僕をどこかで見かけるかもしれません。真っ黒ですけどいつもと変わらずオープンなのでどうぞ臆せず話し掛けてくださいね(笑)
by reijiro_kaneko | 2017-10-20 16:25

平常心

今週新たなリハーサルが始まりまして、無意識のうちに普段のレッスンでもリハーサルでも気持ちがピリピリしていたことに気付き、こんなことではどんなに良いものを創ろうとしてもキチンと皆さんに伝えられない…と深く反省し穏やかで端正ないつもの自分に軌道修正しました。

ダメですねぇ、やはり初めましての方々が多いと必要以上に身構え虚勢を張り神経質に強いアプローチを掛けてしまいがちです。僕の嫌いな自分の性格の中の一つ、『エエカッコしい』がムクムクと頭をもたげてしまうのです。

今回の気付きには素晴らしい美術展を鑑賞したことも大きな影響を与えてくれていますが、それよりも身近な人々の何気ない言葉の数々にハッとさせられたことが大きいように思います。

彼らはきっとピリピリしている僕に気付いていなかったかもしれません。本当にごく普通のやり取りをしていただけなのですが、『本来の貴方はそうではないでしょう?いつも通り、丹念に丁寧に面白おかしく在ればきっと受け取る側も素直に受け入れてくれるはずではないかしら?』というアドバイスをこれまた意図せずに授けてくれていると思います。

こういうことがとても意味深く有難いと感じれるようにいつの間にかなってきたなぁと、ささくれだっていた昔を懐かしく思い出す秋雨前線停滞中の日曜の夕刻。

雨はいけませんね、余計なことばかり考えさせてくれて…(笑)

そんな独り善がりなことを考えつつ、本日は年末上演若者企画の振付リハーサルをつつがなく終了してきました。今日は一人一人とじっくり向き合いつつ和気あいあいな雰囲気の中、とても建設的且つ効率的なリハーサルが出来たと自負しています。この雰囲気を壊さず皆の力を借りて素敵な作品仕上げたいと思います。
a0052916_17423763.jpg


a0052916_17423828.jpg


a0052916_17424088.jpg

by reijiro_kaneko | 2017-10-15 17:27

リゲル

伊坂幸太郎氏の新書『ホワイトラビット』を読み終えて放心状態の金子です。

a0052916_21485343.jpg


以前から感じていたことではありましたが、この作品で確信を得たことがあります。

伊坂幸太郎、という人は勧善懲悪を良しとする作家ではなく、悪人にも悪人の常識があり善人にも善人の規範があるということが大前提でお話を進めていくので、気が付くと盗人の登場人物にひどくシンパシーを感じていたり常識人の登場人物に対して嫌悪感を抱いていたりするのです。

とは言え、悪が悪のまま放任されることはなく彼らが主張していたモラルが呆気なく崩壊し倍返しで懲らしめられるパターンは多いので結果痛快な気分にさせて貰えるのですが、そうは言っても彼らのあの主張は極めて正しいのでそこまで裁きを下されるのは可哀想…と同情してしまうこともしばしば。

一方、善人達の煮え切らない論理に苛つかされることも多く、だからこそ悪人達の潔い言い訳やユーモアの心を愛しいと感じさせてしまう手腕には毎回アッパレと思うわけです。

これだけ人生の酸いも甘いも味わい尽くして達観してるように感じる伊坂氏はさぞ人格者なんだろうと思っていた時期もありましたが、『ホワイトラビット』を読み終えて印象はガラリと変わりました。

きっと彼は人格者などではなく、『変態』で『キチガイ』で『クルクルパー』だと思います。

念のため解説しておきますが、ここで使っている賛辞の言葉はいずれも一昔前の精神病や性的嗜好に対しての蔑視的な意味合いはゼロです。

常識をよく心得た上での『変態』であり『キチガイ』であり『クルクルパー』。なんと素晴らしい芸術家でしょう。逸脱し切ってしまわないギリギリの崖っぷちで善きも悪しきも天秤にかけて嬉しそうに見ている、それが伊坂幸太郎という作家さんだと僕は思います。

昨日、カンディンスキー、クレー、ネーベル、シャガールといった天下一品のクルクルパーなアーティストの作品を心地好く鑑賞したからでしょうか。伊坂氏に対しても同じキチガイの匂いを感じ、己の『自称・変態』なんてまだまだ甘いな、と爽快な敗北感を抱き、秋の始まり恒例のモヤモヤも吹き飛びました。

外部依頼仕事2件への突破口も開いた気がします。虚勢など張らず僕自身を素直に彼等に見せることこそが大切なんだなと改めて感じました。
by reijiro_kaneko | 2017-10-13 21:47

オットー・ネーベル展

現在僕のFacebookアカウントは、ほぼInstagramのシェア程度の利用と化していますが、好きなアーティストの情報をチェックするためにたまにスルスルスル~とスクロールして流し見をしています。

昨日、数日ぶりにスクロールしていたら、この画家さんの展覧会の情報を見つけ、スケジュール帳とにらめっこして今日のレッスンとリハーサルの合間しかチャンスが無いことが分かったので急遽渋谷へ。

オットー・ネーベル展

a0052916_00115589.jpg


a0052916_00115708.jpg


a0052916_00115864.jpg


a0052916_00115907.jpg


カンディンスキーやクレーは昔から好きで画集も持っているのですが、このオットー・ネーベルという画家が彼らと同じ時代にバウハウスに在籍していたことは全く知りませんでした。

『あぁ、クレーの画風に似た画家だから多分好きなはず』ぐらいのテンションで展覧会会場に足を踏み入れましたが、そんな感覚はたちまち消え、明らかに違うそのタッチにたちまち魅了されました。

a0052916_00120032.jpg

展覧会のメインの売りである、この『避難民』という絵も確かに心に響くものがありましたが、展示されていた全ての絵が愛しくそのままウチに持って帰りたい衝動に駆られる作品ばかり。

あまりにも好きすぎて、その後のリハーサル会場にて本日初めましてのメンバーさん達に挨拶そっちのけでホワイトボードに一心不乱に向き合って描いたのがこちら。
a0052916_00120171.jpg


a0052916_00120210.jpg


いやぁ、酷いもんです…

でも、巧くなろうなんて烏滸がましいことは一切考えていませんし、このド下手な絵を『ヘタウマ画風を売りにする芸能人』のように売り出す気もサラサラございません。

己への戒めとして載せたまでです。

あ~、しかし、酷いクオリティ…穴があったら入りたい…(-_-;)




by reijiro_kaneko | 2017-10-12 23:45

10月の課題曲

10月の課題曲をまとめてご紹介します。

studio CAST(混乱する方がいらっしゃると思いますので改めて記しますがstudio CASTとは中野スタジオでのコンテンポラリーレッスンのことです)ではこちらの曲で緩急自在に踊って頂きます。最近復活させたフロアワークも引き続きしっかりとマスターして頂きつつ、ジャンプやターンなどもバランスよく配合して、またまたハァハァ息切れのする作品になりそうです。

余談ですが、このLoic Nottetさん、歌手でありながらフランス版芸能人社交ダンス部のような番組でコンテンポラリーを踊らされ、これがプロ顔負けの見事なダンスを踊れる方なのです。下にリンクを貼りました動画でも少しだけ踊っていますが、声に見合わず野性的な力強いダンスを披露してくれています。

『Loic Nottet / Million Eyes』
https://youtu.be/68EnJITH-5Q

a0052916_12390707.jpg


ティップネス・ジャズダンスの課題曲はこちら。

『Randy Crawford / Almaz』
a0052916_12390891.jpg


ご存知の方も多いと思いますが、この曲はバブル末期に放映された『もう誰も愛さない』というドラマの主題歌として使われて有名になりました。ドラマは散々な内容でしたが、この曲の美しく切ないメロディーはそれからずっと心に残り、20数年経ってようやく振り付けをしたいと思えるようになりました。

実はこの曲で来年明け早々にある方々に踊って頂きます。どんな仕上がりになるのかも併せてお楽しみに。

https://youtu.be/n6vlSgaKeG8
by reijiro_kaneko | 2017-10-01 12:38



ダンサー兼インストラクター『金子礼二郎』が気ままに呟いています。
カテゴリ
タグ
最新のコメント
うーん、怪我ですか。心配..
by Annie at 14:33
yukiさん ほん..
by reijiro_kaneko at 12:10
慣れです、慣れ。 がんば..
by yuki at 11:49
ハニョポンタさん ..
by reijiro_kaneko at 22:59
昨夜アバターを観てきまし..
by ハニョポンタ at 13:29
ふぁるさん 初めま..
by reijiro_kaneko at 12:41
初めましてです。 私も..
by ふぁる at 02:15
ひさえさん おー!..
by reijiro_kaneko at 23:54
H先生、以前カザミアで受..
by ひさえ at 15:03
美保子さん とても..
by reijiro_kaneko at 11:23
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧