【礼二郎のつぶやき】

<   2018年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

梅雨前に徒然と

公演の方は少しずつキャンセルが出て追加注文が来て、という感じで依然としてソールドアウト状態が続いています。

キャンセル待ちで申し込んで下さった皆様、お待たせして申し訳ありません。キャンセルが出次第順次ご連絡させて頂きます。

なお、16日13:00の回にてキャンセル待ちご予約をされている方々が既に数名いらっしゃいますが、この回はほぼ絶望的と言ってもいいぐらいキャンセルが出ません。もし、他の回でも大丈夫な方はお早めに変更お願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

高円寺に引っ越してきて11年と数ヶ月。いよいよ手狭になってきてどうしたものか?と考えあぐねていたらラッキーなことに同じマンションの別の部屋が空いたとの情報。今までより一間多く窓も増える。これは逃したら後悔すると思い、ほぼ即決で物件を押さえて貰いました。

昨日、管理会社と契約をしてきましたが、そこでこんなエピソードが。

『何をされている方なんですか?』
『ええ、舞台を近々創ります』
『あ、拝見しました、座高円寺でやられるとか?』
『うわ、ご存知でしたか』
『ダンスの舞台なんて私共のようなしがないサラリーマンに取っては最も縁遠いものです。興味はあってもお金を払ってまで観たいかと言われると失礼ですがそうではないんですよ』
『フツウそうですよねぇ…』

近々公開されるとあるインタビューでも僕は語っておりますが、『ダンスに興味がない方々にも楽しんで頂ける舞台を創ることが信条』と言いつつも、『お金を払ってまでダンスを観たいと思わない』それが世論というものです。今まで観たことが無かったのに急に観ることになった、そんな方はきっと無理やりお付き合いでチケットを買わされた不運な人か、よほどの物好き、でしょう。

ここをマーケティングせずして、『ダンスでみんなを幸せにする!こんなに身も心も削って創ってるんだから楽しくないわけがない!みんな絶対後悔させないから観て!』などという理想論と青い青年の主張を恥ずかしげもなく披露するには若干歳を取り過ぎました。ですから、今回もご縁あって観て下さった皆様が友人親戚縁者に『なんかよく分かんないけど興味深い舞台を観たよ。あなたも一度観た方がいいかもしれない。』と世間話の片隅にご紹介下さり、ジワジワとこの変態な世界観が広まっていったらいいなぁと少しだけ思います。

ええ、夢なんて抱きません。1000人観て下さったら3人に口コミで広がれば恩の字です。

最後にお目汚し。

やっとアートディレクション部からお許しが出て髪を切ることが出来ました。もうすぐ梅雨に入るこの時期、ちょっとでも髪が伸びると苦痛でしかありません。しかし、他の出演者はもっと過酷な要求を出されて堪え忍んでいます。あと二週間、僕も頭頂部を育てます。どんな変なヘアスタイルになるのかどうぞご期待くださいね!
a0052916_22491742.jpg



[PR]
by reijiro_kaneko | 2018-05-31 22:41

喧嘩上等

僕の舞台になくてはならないもの、それはやはり信頼の置けるダンサーの皆さんであり、心をそっと動かす音の数々であり、それらを包み込んでくれるハイセンスな照明であり、陰でそっと見守ってくれる舞台監督であり、フライヤーやパンフレットの絵やデザインを描いてくれる才能豊かな面々であり、当日お客様を優雅にご案内してくれるお手伝いの皆さんであり…

どれが一つ欠けても成立しない大切な要素です。

その中でも異色な要素が衣装です。

普通のダンス公演だったら、ダンサーの動きや存在感を邪魔しないシンプルな衣装が常套句だと思いますし、奇抜なデザインのものがあったとしても言い方は悪いですが身内受けに終始してしまいがち。

かく言う僕もこの人に出会っていなかったら何も知らずしてそれこそ衣装をファストファッションで間に合わせて悦に入っていたかもしれません。今考えるとゾッとしますが。

studio CASTの本公演には第1回から第3回まで関わってくれて、途中彼が超多忙になってしまったため二回ほどお休みし、昨年の第6回公演『Hotel』から復帰しその絢爛豪華な世界観を存分に発揮して貰いました。

彼の素晴らしいところは『ダンサーに喧嘩を売る』ということなのです。

決して動きにくい訳ではないのですが、彼の衣装を着こなし捌くためにはダンス以外の技量が求められます。それは『所作』であったり『時代考証を理解する』であったり『衣装を衣装として着ない』感覚であったり『自らの身体を衣装に合わせるセンスと努力』だったり。

ダンスの世界だけに生きていると、いかに肉体表現を極めるか?いかに感情表現を追求するか?いかにセンスの良い振付を施すか?ばかりに思考が向いてしまい、外界からどんどん引き隠り、結果一般の方々と疎遠になってしまいがちです。『映画は気軽に観れるけど、舞台、特にダンス、とりわけコンテンポラリーダンスなんてわざわざお金を払って観たいと思わない。』それが世間の多くの声です。

『そんなんだから日本の文化レベルがいつまで経っても上がらねえんだよ。勉強しろっつうの。』という声をダンサー仲間から聞くこともあります。でもそれで良いんでしょうか?

確かに今回のようなベル・エポックの時代のお話を題材に取り上げた作品を上演するとなると、当時の文献を読み漁りその時代を再現した映画を鑑賞し徹底的に勉強しなければ時代考証のつじつまが合わなくなる。平行して振付作業も進めるので頭も身体も大混乱。本当に面倒でしかないのです。

しかし、それを『面倒』と思ってしまったら表現者として片手落ちの怠惰な人間に堕ちてしまいます。僕はそんな人間には絶対になりたくない。

今回も大赤字です。でも拘るだけ拘ります。それでお客様が豊かな時間を過ごして頂けるならこの身が滅びようとも後悔はありません。

誤解なきよう申し添えますが、僕は『民衆の元に降りて行く』つもりなど毛頭ありません。しかし、『高い所から啓蒙する』つもりも微塵もありません。

ありとあらゆる素材をブレンドし、皆様がお好きなように解釈し、『あぁ、生きてて良かった!』と思える舞台を創ることに専念しているだけです。

最後になってしまいますが、僕に豊かな人生を取り戻させてくれたこの方をご紹介します。


[PR]
by reijiro_kaneko | 2018-05-27 11:01

完売御礼m(__)m

お陰様で本日前売りチケットは完売いたしました。
a0052916_16405804.jpg


当初の目標でした『本番一ヶ月前完売!』から少し遅れはしたものの、本番三週間前にソールドアウトという長年の夢を実現出来たので、これで心置きなく演出に専念できます。

今後のチケットご予約に関しましては、キャンセル待ち・先着順の条件付きご予約システムに移行いたします。現在若干名お仕事やご家庭のご都合でキャンセルされるお客様が出ています。あと三週間ありますのでまだ動きがあるかと思います。お申し込み先着順でキャンセルが出次第ご連絡を差し上げる、という形でご了承頂ける方はどうぞご連絡お待ちしております。

キャンセル待ち受付メールアドレス↓

castcontemporary@yahoo.co.jp

昨日、劇場ロビーを下見に行って来ました。物販を充実させる今回の公演ではロビー周りも重要な演出効果のひとつ。あちこち計測し、何をどこに置くか首脳会議をしました。
a0052916_16364325.jpg


物販の内容は、『Hotel』DVD、フライヤーのイラストがプリントされたTシャツ、そして衣装担当のDie-co★のオリジナルブランド『Die-co★couture』から新作アイテムを数点。

上演前・終演後、是非お手に取ってご覧ください。数に限りがあるのでありますので『イイね!』と思ったら即お買い求め頂くことをお勧めいたします。

首脳会議の後はもうひとつの極秘打ち合わせへ。

昨年、『Hotel』の受付統括をお願いし、その完璧な仕事ぶりに惚れ込んで今回も同じお仕事をお願いしている、パフォーマンスユニット・majimeito(マジメイト)のリーダーでもある大槻さんとDie-co★の3人で真剣に話し合いました。

と言いつつ、終始和気あいあいを越えて軽く宴会状態に。本当に心から楽しく豊かな時間を過ごすことが出来ました。彼女の話を聞き出す才能には脱帽です。下手なテレビ局のインタビュアーなんかよりよっぽど素晴らしいです。でもね、本職にはして欲しくない。今のままの大槻さんで居てね、とエールなんだかよく分からない言葉をかけました。

この打ち合わせの模様は後日もしかすると皆様のお茶の間でご覧頂けるかもしれません。どうぞ淡い期待を持ち続けてください(笑)

最後になりますが、大槻さんがこんな嬉しいことを仰ってくださいました。

『礼二郎さんの創る世界は、コンテンポラリーと謳ってはいますが全く小難しくて理解できない物でもないし眠くなってしまう物でもありません。ダンスや舞台に興味のない方々が観ても楽しめる珍しい舞台だと思います。何が楽しいのかは上手く説明が出来ませんが、とにかく訳が分からないままにいつの間にか楽しんでしまう舞台です。』
a0052916_16371040.jpg
a0052916_16371073.jpg

[PR]
by reijiro_kaneko | 2018-05-25 16:35

アマルコルド

a0052916_21493362.jpg

フェリーニ、という人を僕はあまり知りません。独特の映画を何本も撮ったイタリア人映画監督、ぐらいの認識しかありません。

何故、今、彼の後期作品『アマルコルド』を観ようと思ったのか。特に興味がある作品でもないのに何故吸い寄せられるようにこの映画のBlu-rayを取り寄せたのか。

やはり、見えざる手の仕業としか言い様がありません。

観終わって呆然としています。

欠けていたピースがまた一つ埋まりました。

映画の感想?そんなものは語りたくありません。万人のお茶の間でウケる映画でもありませんし、映画オタクの皆さんの中で絶讚・酷評真っ二つに分かれてやいのやいの言ってるのも白けた目で見てしまいます。

映画も舞台も絵画も、明確な感想が出てくるものは所詮娯楽の域を抜け出ないものだと思います。言葉を失わせてこそ、不明瞭ながら腹立たしく腑に落ちる何かを感じさせてこそ、芸術だと思い知らされた、とだけお伝えしておきましょう。

烏滸がましくて、僕もそこを目指している、などとは口が割けても言えませんが、単なる娯楽作品には絶対にしたくないという強い気持ちはずっと抱いています。だからと言って誰も理解が出来ない作品を創り上げて鼻高々にもなりたくありません。

ただひとつ言えることは、この作品で皆さんを泣かせようなどとは全く考えていない。むしろ、ふと肩の荷が降りて微笑んで帰路に着いて頂けたら、それだけを考えて最後の演出に取り掛かっています。

本日、音楽の編集作業に立ち会ってきました。去年の『Hotel』に引き続き音響スタッフを引き受けて下さったKさんにどんな舞台か説明し、いざ編集に取り掛かってみると以前はただ並べていただけの音楽達がみるみる息づき色彩豊かになっていく様を目の前で見せられ、ここでもまた欠けていたピースが音を立てて嵌まりました。

彼の言葉がまだ頭の中で鳴り響いています。

『悲劇を創るならちゃんと悲劇を創ってくださいね。上澄みだけを掬って創ると安い涙は簡単に引き出せます。でもきちんと創られた悲劇は逆に爽快ですから。』



[PR]
by reijiro_kaneko | 2018-05-22 21:23

腹括りました

a0052916_00565924.jpg

本日もリハーサル。

まだ埋まっていない箇所がチラホラと。

細かい事は後回しにして、とにかく繋がってない部分を大雑把に繋げ、無理矢理全部を通してみました。

去年の『Hotel』でも感じたことですが、自分は一体なにを創っているのか全く分かりません。ただ、自分がこれまでに見聞きしてグッときたものの集大成がそこに在ります。

『グランド・ブダペスト・ホテル』のウェス・アンダーソン監督の世界観、Netherland Dance Theaterの流麗な動き、ヴィスコンティの退廃感、伊坂幸太郎の不条理。そんなエッセンスが今は雑然とした物置のような状態で詰め込まれています。

ここからどうしたものか…

迷いながら帰宅し、無意識に『Hotel』を全編鑑賞。

やはり、創りたいものは同じなんだとようやく分かりました。

載せた写真のパートはゲストの皆さんに課したほぼダンスではない箇所。でも、こういうことにキラキラとした目で臨んで下さることが本当に嬉しいし楽しいのです。

もう、迷いはありません。

皆様、16日13:00以外の回はまだ余裕が御座います。是非ご家族ご友人ご親戚お知り合いお誘い合わせの上、チケットご所望くださいませ!
[PR]
by reijiro_kaneko | 2018-05-21 00:56

遺稿

a0052916_07193427.jpg

a0052916_07193479.jpg


毎度お騒がせ失礼いたします。

僕の手元にあるチケットが全て無くなりました。出演者全体の集計の結果、16日13:00の回はソールドアウトとなりました。このままの勢いで行くと現状では間もなく全回ソールドアウトとなりそうです。

現時点でご都合がハッキリしている方は早めにお知らせください。

チラチラと匂わせておりましたが、明確にお知らせいたします。この【Plaisir Coupable】という作品を持ちまして、90分もの長編大作は遺稿とさせて頂きます。今後、ここまでの大河ドラマは創りません。何故ならこの作品で僕の真髄は全て出し切ってしまいましたので。

今後は長くても60分、それ以下の短編は量産するとは思いますが、長編は今回で見納めです。

皆様どうぞ最後の子供達を見守ってやってください。
[PR]
by reijiro_kaneko | 2018-05-15 07:18

気付き

昨日のリハーサルは衣装のフィッティングがあったため、いつもよりガッツリ踊る時間は少なくなり、その代わりにメンバー各自が自分も含めて皆がどんな衣装になるのか段々見えてきて世界観を共有して貰うという意味では貴重な時間になりました。加えてシーンとシーンの間を繋ぐ新たな場面を振り付けしている現場を残りのメンバーが観察することで、より理解が深まったのではないでしょうか。

リハーサル終了後、【Plaisir Coupable】の初演女性メンバー3人と今回も主役を演じてくれる旧友と呑みに行きました。そこで本当に貴重な素晴らしい時間を過ごすことが出来ました。

それぞれがどんな想いでこの作品と向き合って下さっているのか、これから必要なことは何か、男とは?女とは?

ざっくばらんに話すその中にダンスや舞台に対する真摯な気持ちが溢れ、共演者に対する限りない愛情を惜し気もなく晒し、カラカラと笑い合う彼女達を見ていて、この人達にオファーをさせて頂いたことを改めて感謝しつつまた一つ好きになりました。

と同時に、自分のこの呑みの席に残念ながら参加できなかった他のメンバーに対する信頼感と愛情にも大きな変化が訪れていることにも気付きました。他人を容易に信頼せず一匹狼で突き進んできた僕ですが、ここに来てようやく人並みの愛情表現が出来るようになったかと半ば呆れながら、そこへ導いてくれる人達が周りに居てくれることに深い感謝の気持ちがこんこんと涌き出てきます。

頭の中の蝉時雨も止みました。今はとても穏やかで静かな気持ちです。

明日は大切なメイド達の自主練にこっそりお邪魔して、思いの丈をぶつけてこようと思います。彼女達ならきっと僕の本気を受け止めてくれるはずだから。


[PR]
by reijiro_kaneko | 2018-05-14 10:09

チケット残り僅かです

またまた宣伝失礼します。

本番まで残すところ1ヶ月となり、リハーサルも両手で数えられるぐらいしか行うことが出来ず、いよいよ仕上げの時期になってきました。

今回も一体自分は何を創っているのか、毎日模索し続けています。ポッと光明が灯ることもあれば、深い霧が立ち込めることもあります。

昨日51歳の誕生日を迎え、タイミング良く届いた『グランド・フィナーレ』を二年ぶりに鑑賞し、光明どころか一気に視界が開けて自身の作品の全容が見渡せた瞬間に何故かとてつもなく寂しい感情が押し寄せてきて項垂れてしまいました。心配したパートナーがデニーズに連れ出してくれましたが、まぁ、いつものことなので食後少し回復した僕を見てほっとしてはいたようです。

この寂しさは、作品を創り終えいざ上演に向かう時の寂しさと似ています。我が子が独立し独り暮らしをするその背中を見守る親の気持ち、とでも言いましょうか…

まだまだやらなければいけないことは山積みなんです。でも、やらなければいけないことが全て見えているので、長らく張り詰めてきた気持ちがふと弛んでしまったようです。

凄いものが出来上がりつつあります。これを創り終えたら今後暫くは大作は創らない、いえ、創れないほど満足するものが完成しつつあります。

ですので、この機会をお見逃しになるとここまで濃厚で純粋な金子礼二郎ワールドは暫くご覧頂けません。

出演者全体で見るとまだチケットは余裕がありますが、僕がかかえているチケットはどの回も残り一桁台となってきました。

お急ぎください。

castcontemporary@yahoo.co.jp

a0052916_09183253.jpg

a0052916_09183244.jpg



[PR]
by reijiro_kaneko | 2018-05-11 09:02

51歳になりました

本日、めでたいのかそうでもないのか分かりませんが無事に51歳の誕生日を迎えることが出来ました。

普通に朝起きて、普通に仕事をして、普通に公園で鳩に餌をやって、普通に回転寿司で少しだけ食べて、普通に昼寝をし、尋常ではない精神状態で『グランド・フィナーレ』をDVDで鑑賞し、普通にデニーズで夜食を食べています。

普通な一日を過ごしましたが、とても沢山の事を考えました。人生について。ダンスについて。身体について。鳩の習性について。

今日のニーチェの言葉は『人生を楽しめ!』でした。あっけらかんと楽しむ境地に至るには程遠いですが、煎餅の粉を撒いた瞬間に急に距離を詰めてくる鳩たちと語らうぐらいの心の余裕はあります。

なんだか『鳩大好きおじさん』みたいな日記になってしまいましたが、こうやって平和に誕生日を迎えられたこと、感謝です。
a0052916_00472628.jpg


[PR]
by reijiro_kaneko | 2018-05-11 00:13

蝉時雨

怒涛のGWが終わりました。

木曜日から連日リハーサルを組み、荒っぽいけれど一曲だけ残して全てのシーンに着手まで漕ぎ着けました。

頭の中の蝉時雨は徐々に酷くなっているし、痛めている足首が遂に両足になってしまうし、何かを聞かれてパッと答えられない愚鈍な脳になってしまっていますが、何とか生きています。

これまで書き留めてきた振付ノートは最早出版出来るレベルまで分厚くなり、演者に要求する手直し文章は軽いエッセイみたいになっちゃってます。

いよいよ明日、このPlaisir Coupableという作品の心臓部のシーンに着手します。男性だけによる集団コンタクトシーンとなる予定です。これまで事前に細かく振付をノートに書いてリハーサルに臨んでいましたが、このシーンだけはおおまかな流れのみ書いておけば現場で楽しくわいわい言いながらいつの間にか出来上がってしまう確信に似た予感があります。

公演1ヶ月前に全てを完成させるという目論見が現実化しつつあるこの状況で俄に鑑賞意欲が沸々と沸いていて、先ほどDVDをAmazonで三枚注文。

もう既に手直しが決まっているシーンに更に容赦なく緻密な演出を掛けるために必要な欲求なのでしょう。

オフの今日一日もそんな訳で頭の中の蝉時雨は大合唱となる予定ですが、本当に幸せです。
a0052916_09353701.jpg


[PR]
by reijiro_kaneko | 2018-05-08 09:21



ダンサー兼インストラクター『金子礼二郎』が気ままに呟いています。
カテゴリ
タグ
最新のコメント
うーん、怪我ですか。心配..
by Annie at 14:33
yukiさん ほん..
by reijiro_kaneko at 12:10
慣れです、慣れ。 がんば..
by yuki at 11:49
ハニョポンタさん ..
by reijiro_kaneko at 22:59
昨夜アバターを観てきまし..
by ハニョポンタ at 13:29
ふぁるさん 初めま..
by reijiro_kaneko at 12:41
初めましてです。 私も..
by ふぁる at 02:15
ひさえさん おー!..
by reijiro_kaneko at 23:54
H先生、以前カザミアで受..
by ひさえ at 15:03
美保子さん とても..
by reijiro_kaneko at 11:23
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧