人気ブログランキング |

【礼二郎のつぶやき】

<   2018年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ほぼ出家

音楽ネタが続いておりますが、今日も懲りずに音楽関連のお話をします。

a0052916_16153601.jpg

とある目的で作ったiPodのプレイリストに耳も心も占有されながら中距離移動の本日。

僕の場合、放っておくと薄ら寂しい幸薄い選曲をしがちです。公演や提供作品となると話は別で、ずっと聴いていたい曲ではないセレクトを敢えてする場合も多々あります。それはやはり『誰しもが僕の嗜好と同じではないし、こんな死んでしまいそうな曲ばかり聴いていたら精神衛生上よろしくない』と分かっているからであり、『自分が踊って気持ちいい曲ではなく敢えて不快な曲に振付を施すことで皆さんが楽しめることの方を優先する』というポリシーからなのです。

ですので、たまにアンテナがバッチリ合って『あなたの選ぶ曲を全部教えて!』と懇願されることもありますが、そんな時は『不幸になるから辞めておけ』とお伝えします。

音楽、とは『音を楽しむ』ものですから、音を聴きながら余計なことに妄想を膨らまし過ぎて苦悩するようなことがあってはいけない、と思うのです。

そんな思いもあり、先述のプレイリストはどこにも陰の無い穏やかで明るい曲ばかりをセレクトしました。例えば日曜の午後にこのプレイリストを流しながら掃除をしていたら、とても気分が高揚して効率よくはかどった、とか、これをBGMにドライブをしたら例え渋滞に巻き込まれても全くイライラせずに目的地に着いた、とか、愛する人と何をするでもなく一緒に居る時間にこれが流れていたら自然とお互い微笑んでしまう、とか、そんな効能を産むことだけを考えてダークサイドの部分は完全に排除しました。

正直、引っ越しを機にこんなことを考えられる心の余裕が生まれるとは予想外でした。

出掛ける直前までベランダの観葉植物達を愛でるだけでは収まらず語り掛け、鳩麦茶をガブガブ飲みながらこのプレイリストをコンポから流す。そんな時間が愛しくてたまりません。

創作意欲に必要な邪の要素は完全に払拭され、『Plaisir Coupable』はやはり遺作だったんだ…とシミジミ実感しております。間もなくDVDも届く予定ですが、それを観て一体どんな感情が沸き上がるのか、全く予測できません。

もし、『あら~、こんな素敵な作品、一体どこのどなたがお創りになったのかしら?』と思ったら、本当に完全に創作活動は打ち切りなので、皆さん、『チキショー!こんな駄作を遺作なんて言えるかバカヤロウ!絶対にリベンジしてやるー!』と思うことを切に祈っていてくださいね(笑)
by reijiro_kaneko | 2018-08-31 16:14

9月のstudio CAST は

9月のお休みは、9/22(土)となります。お間違えなきよう宜しくお願いいたします。

9月のstudio CAST のレッスンもティップネス同様『A song for you』を使用します。ティップネスでは不可能な床技を入れたり身体の使い方に関して緻密な指示を加えたりと一見同じムーブメントながらだいぶ異なる印象の振付に仕上げていきたいと考えています。


ティップネスでは既に先週の金曜日夜の久喜店を皮切りにこちらの振付がスタートしておりますが、どこの店舗で披露しても皆さん一様に『楽しい!やり甲斐がある!曲がたまらない!』と仰ってくださいます。

studio CASTではDonnyの声の襞一枚一枚にまで拘って動きを乗せていきますので、難易度は高めですが極めて頂ければグッタリと消耗しつつも心はとても軽やかでお帰り頂けると信じています。

またどちらのクラスでも共通項を何点か提示しますが、『お尻を妥協なく使う』『体幹の捻りを徹底する』『動きの緩急に気付く』『足裏の母子球と踵で作るアーチを育てる』は選挙カー並みに連呼しますので、どうぞ覚悟して臨んでくださいね(笑)

どんどん緻密になる金子ワールドではありますが、これも長年言わずして伝われば良いと放置してきたことを敢えて全て言葉と動きで指示をキッチリ出しているだけのこと。基本的には何も変わっておりません。studio CASTのテーマである『持続的(Continuous)で正確(Articulate)で官能的(Sensous)なトレーニング(Training)』に立ち返ってご指導させて頂いておりますので、言われたことを全て実行して下されば身体が激変すること間違いなし、です。

では、9月もスタジオにてお待ちしております!
a0052916_09400241.jpg




by reijiro_kaneko | 2018-08-29 09:20

美ピアノアルバム

美しい音を身体に注ぎ込みたい欲求が高まっています。ティップネスのジャズダンスクラスで振付を始めたDonny Hathawayの『A song for you』然り、現在平行して振付を進めている三曲然り、普段自宅で必ずといっていいほどiPodをコンポにドックして流しているGlenn Gould然り。

そんな時は例のアンテナがムクムクと頭をもたげて更なる美音へと誘導してくれます。

昨晩早々とリハーサルを終え、そのまま直帰すると阿波踊りのクライマックスの時間にバッティングしてしまうので、回避するために新宿で途中下車してタワーレコードへ。

お目当てはOlafur Alnaldsの新譜だけだったのですが、他に二枚もOlafurさんに負けるとも劣らないアルバムを発掘し、最近ほぼ二食は自炊してエンゲル係数を減らしているご褒美にエイッと購入。

こちらが収穫品です。
a0052916_11235103.jpg

a0052916_11264546.jpeg

a0052916_11265618.jpeg

by reijiro_kaneko | 2018-08-27 11:15

次回のジャズダンスは

来週8/27(月)のティップネス久喜店でのレッスンを皮切りにこちらの名曲にて振付をさせて頂きます。

a0052916_17332744.jpg


Donny Hathaway 『A Song For You』

この曲はとても思い出深い曲なのです。
まだまだダンス駆け出しの頃、足繁く通っていた外国人の先生のクラスである日この曲で振付をして頂き、その頃はShazamなんて使えない時代でしたからクラスが終わるや否や先生に駆け寄ってアーティストと曲名を教えてもらい、その足で近くのCDショップに直行しすぐに買い求め、帰宅して号泣しながら何度も聴きました。

あまりにも素晴らしい振付だったこともあり、それを越える振付など自分で産み出せる訳もなく、気がつけば30年近く時が流れてしまっていました。

最近のiPodに持っているCDを片っ端から放り込むブームの火付け役にもなったこのアルバム。

大切に振付を考えてみたいと思います。

クラスではレコーディングされた音源にて踊って頂きますが、参考までにこちらのライブ音源を載せておきます。これが鳥肌もの。ライブでこのクオリティ。どれだけ凄い歌手だったんだろう…若くして亡くなってしまったことが惜しまれます。


by reijiro_kaneko | 2018-08-24 17:31

台風と頭痛とギムニクボール

はい、台風が2つもやってきてるが故に突発性の頭痛に悩まされている異常体質の金子です。

昨日夕方頃から酷くなり、今日もしっかり身体を解してからクラスに臨んだにも関わらずジンジンと痛む右脳を恨めしく思いながら帰宅。

しかし、信頼できる筋から入手した秘密のツボ刺激のお陰で嘘のように頭痛は治まりました。

ですが、僕の中では台風20号が徳島に上陸してしまったので頭痛も治まったと勝手に思い込んでおります。

そうなんです、台風が遥か彼方の南洋上にある時、そして、成長しながら本土に近づいている時にこの頭痛や膨満感や肌荒れが起こります。上陸してしまうとそれらの症状は呆気なく消え去ってしまう…

一体なんなんでしょう…

ええと、そんな話をするつもりではありませんでした(笑)

頭痛が酷かったので、今日のクラスの前にいつもより入念にソフトギムニクボールで背骨を解し全身をユルユルにしてからクラスに入ったのです。頭痛は多少軽減され、朝起きた時の今日は絶対動けないだろうとの予想に反してとても動きやすい身体に変化していました。それでも頭痛のダメージは大きく途中熱中症を疑う症状が出かかったので急遽大量に水分を補給して事なきを得ました。

そんなワケで、今日は完全勝利とはいきませんでしたが、通常ならば初期の風邪症状や酷い筋肉痛・食欲不振などはこのソフトギムニクボール・メソッドでたちまち消えてしまいます。

こんな良いことばかりのボール・エクササイズではあるのですが、これが万能とは限らないのです。

僕の場合は、身体が全て柔らかい鎖で繋がっている感覚なのでこのボールで解す手法が一番効果的ではあるのですが、人によってはパーツ毎に切り離して操作することが動きやすいと感じていたり、全身を緊張させて動くことに美意識を抱いていたりする訳ですから、そんな方々にこのボールで体内の鉄条網を全て切断する施術をしたらきっと身体が弛くなりすぎて動けなくなってしまうでしょう。

なので、僕はみだりにこのボールの効能を声高らかに説いたりしません。『この人は全身の連動で動きたいはずなのに何らかの理由でそれを知らなかったり拒んでいたりする。僕が手を差し伸べたら劇的に変化したり本人が嬉しく思う可能性がありそうだぞ。』と直感で感じる方にはこっそり勧めたりします。

でも一番良いのは僕の動きを美しいと思って下さって、その動きの秘密の一つにこのボール・メソッドがあることを知り、是非トライしてみたいと貪欲な興味を持ってくださることです。

昨日今日と執拗に解したお陰でドロンドロンの身体になってしまって、その上尋常でない鳩麦茶攻撃を上乗せしているので、今僕の身体は半熟卵のような感覚になっています(笑)

明日はさぞ身体が楽だろうなぁ…

台風に感謝です。
a0052916_22173640.jpg


あ、そうだ、先日劇場で鑑賞して大満足した『犬が島』のDVDをネットで予約していて、めでたく昨日我が家に届きました。先ほど再び観賞しましたが、やはり大好きな映画だと再確認しました。でもこれもまたマニアックな映画であるためお勧めは出来ません…(-_-;)
a0052916_22203093.jpg


by reijiro_kaneko | 2018-08-23 21:49

「人生を変えた10のアルバム」

a0052916_00083855.jpg

ええ、暫くシーンとしてたワケはですねぇ、これをやってました。

「人生を変えた10のアルバム」を紹介せよ、という友人から回ってきたバトン。

『生涯のお気に入りアルバムを10枚。毎日ひとつずつジャケを投稿する。』が趣旨だそうで、「10枚しか選べないなんて辛いなぁ…」と思いつつも面白そうなのでやってみました。

結果はご覧の通り、何も一貫性のないセレクトになりました。

傾向を強いて分析すれば、コラージュ写真の上半分は割りとポップ勢、下半分はちょっと癖のあるアーティスト勢、ぐらいでしょうか。

ベビーメタルも民謡もJ-POPもカントリーもグレゴリオ聖歌も入っていないので、色んなジャンルを網羅しているとは胸を張って言えませんが、それでもだいぶ脈絡のない趣味ではあると自負しております。

このベスト10には惜しくもエントリーしなかった90枚はまたいつの機会にかご紹介したいと思います。

ええ、私、「人生を変えた100のアルバム」と最初読み間違えていたんです…(^^;


by reijiro_kaneko | 2018-08-21 00:08

晩夏のお勧め

とても久しぶりにお勧めCD紹介なんてことをしてみたいと思います。

しかしその前に言い訳を少しだけ。

先代のパソコンがまだサクサクと動いていた頃はよくやってたんです、CD紹介をね、嬉々として。しかし、動作が重くなってしまいパソコンを開くことすら面倒になってから数年間、紹介はおろか今クラスで使っている曲名すら覚えることも拒否。

こんなに趣味の良い音楽を沢山クラスで流して下さる先生なのに、興味がある人はすかさずShazamで勝手に調べなさい、なんてあまりにも自分勝手で酷い仕打ちだわ~(T-T)とシクシク泣いていらっしゃった皆様、これからは気が向いた時にこうやって少しずつご紹介しますので、そんなことを言いつつも絶対あの人は飽きっぽいからまた数年放置するかもしれない…とハラハラしながら、ごくたまに紹介されるCDを店頭で注文し到着まで数週間待たされ、いざ手に取ってから大切に数年愛聴しつつお待ちくださいね。

さて、今回は『晩夏』に似合う三枚をご紹介しましょう。

a0052916_11353548.jpg

【Kenmochi Hidefumi / Tiger Lily】

彼の他のアルバムの曲を2009年の公演で使ったことがあります。その本番の音響を担当してくれた音響さんから鼻息荒くアーティスト名を教えろ!と迫られたのをよく覚えています。

どんな音楽か、と一言で申しますと、『トライバルでバレリアックでカラフルなアコースティック・エレクトロニカ』です。一体何を言っているのか自分でもよく分かっておりません(笑)

分かりやすく表現すると、所謂ノリ系のクラブミュージックではあるのですが、ピアノやギターの生楽器の音色を損なわないミキシングを施しているので複雑且つ高揚感のあるリズムに押し潰されることなく美しいメロディーを聴いていられるのです。彼は個人名義ではこのアルバムを含め四枚リリースしていますが、その中でもこちらの『Tiger Lily』は秀逸です。無性に車を飛ばして(残念ながら車を所持しておりませんが)海へ行きたくなります…

a0052916_11444429.jpg

【Till Bronner / Blue Eyed Soul】

このアルバムを購入したのが10数年前。当時は本当に衝撃を受けました。ジャズなのにエレクトロニクスを駆使し、それでいてまるでコンピューターで作り出したようなトランペットの音色が実は殆ど加工されていない生の音だと知って更に衝撃。敷居が高かったジャズというジャンルにふんわりと馴染ませてくれたのも他でもない彼でした。

チェット・ベイカーに似ていると評されるその音色は、チェットよりも小粋でスパイシー。彼の歌声もまたチェットを引き合いに出されることが多いですが、Tillの方が飾り気がなく朴訥とした男性的な味わいだと僕は思います。

a0052916_12005663.jpg

【Jamie Isaac / (04:30) Idler】

既出の二枚は割りと昔のアルバムですが、こちらは出来立てピチピチホヤホヤです。

一言で言うなら、『Maxwellの淫靡さとSadeの孤高のリリシズムとDonald Fagenの厭世感をミキサーにかけてスムージーにした感じ』でしょうか…しかしまたまた何を言っているのか自分でも全く分かりません(笑)

こんなことを言ったら誰も食指をそそられなくなってしまうと思いますが、僕はどうしても彼の音楽はポリバケツの中で体育座りで蓋にポツポツと当たる雨の音を恨めしく聞き続けている感覚が湧いてきます。

トタン屋根したのガレージじゃダメなんです。狭いポリバケツじゃないと彼の音には似つかわしくないのです。

ほんとに僕は何を言ってるんでしょう…

『ほんと?そんな音楽なら是非聴いてみたいわ!』という変人の皆様、是非お近くのTSUTAYAへお急ぎください。

今回は偶然にも全て男性のアーティストとなりました。僕にとって『晩夏』は男性形容詞なのかもしれません。

では皆様、よいお盆を。
by reijiro_kaneko | 2018-08-10 11:26

『11』

只今並行して2つの振付を進めています。

一つは9/24の本番。
a0052916_02001535.jpg


昨年末、外部依頼にも関わらず異例の20分大作を創ってしまい、二度と声を掛けて頂けないと思っていたら何と今回また有り難いことにお話を頂き、こんな僕の作品に11人もの若者達がエントリーしてくれました。

いやぁ動く動く!痛快なまでにバンバン動く彼らを観ているとポジティブな感情しか生まれてきません。もっと上手にしてあげたい、もっと表現の幅を広げてあげたい、もっと音楽と寄り添う快感を教えてあげたい、そう思わずにはいられません。

昨日、三回目のリハにして既に土台は完成してしまったのでこれからあちこち手直しして、全員が見せ場を持てるよう、それでいて全員で紡ぐ絵が見せられるよう誘導して行こうと考えています。

もう一つは一週間後の9/30が本番の作品。
a0052916_02080224.png


こちらはすっかりお馴染みになった8ppy.さくらさんの第二回自主公演のための作品。

奇遇なことに前者と同じ11人。何故か『11』という数字がキーワードのようです。こうなったらチーム名をどちらも『オーシャンズ』とでもしようかしら…

8ppy.さくらさんへの作品提供はこれで三作品めとなります。毎回ステップアップし、今回は簡単なコンタクトに挑戦して貰ったり、カウントがズレた振付にトライして貰ったり、そしてメロウでダークなジャズ曲でシックに踊って頂いています。

こちらも次回でほぼ振付完成予定。凄いことです。

どちらのリハーサルに立ち会っている時にも感じることですが、皆さんの感性がとても心地好いのです。音に、動きに、他人との関わり合い方に真摯で愛情深い。そういう方々に対しては無条件で僕も全霊を尽くします。

本番で彼等がしっかりと輝けるように、そしてこれらの作品を通して大きく成長出来るように、最大限のサポートをさせて頂こうと思います。
by reijiro_kaneko | 2018-08-07 01:58

人としての正常な生活

毎日、暑いですね…皆さんはよく眠れていますか?僕は寝付きから二・三時間で必ず目が覚めてしまい換気扇の下でもそもそ煙草を吸うのが日課になっています。

あ、そうなんです。旧居ではところ構わず喫煙していましたが退去するにあたり高額なリフォーム代金を請求されすっかり懲りたので、新居は換気扇の下とベランダ以外禁煙、という決まりを作り今のところ二人で健気に守っている状況です。

加えて隙あらば中古で購入した空気清浄機をかけっぱなしにして無味無臭の素敵なマイホームを着々と築いております。

同じく中古で購入した巨大な冷蔵庫には、僕の中で最近流行っている『スムージー各社飲み比べ』が常備されているので、どれにしようかな?と選び、メルカリで購入した中古macbook proに片っ端から放り込んだ音源を同期させた同じくメルカリで仕入れたiPod classicで今まで聴かず終いだった埋もれた名曲を聴きながら深夜に換気扇の下で煙草を燻らす、というのが毎日の日課になりつつあります。

朝までグッスリ眠れない、という症状は確かに困ったことではあるのですが、この深夜のひとときが意外と気に入ってはいるのです。

公演態勢だった1ヶ月前までの数ヶ月、更に遡って数年間、いや旧居に越してからの12年弱もの間、こんなに精神的に豊かな生活は過ごせていなかった気がします。

もともと綺麗好きな性格ではありましたが、独りで生活し好きなように住居環境を整えられる状況では無いので、お互いの増え続ける荷物をセーブすることに失敗し続け、煙草のヤニに覆い尽くされ、ろくに掃除もしないのでお化け屋敷のテイすら醸し出していた旧居で、今では考えられない劣悪な環境に甘んじていました。

よくもまぁ10年以上もそんな生活に耐えたなぁと感心します。

それもこれも、闇雲に創作活動と日々の仕事に没頭していたから、なのかもしれません。

『長編作品はこれを以て遺作とさせて頂きます』と断言し、ありったけの魂を込め創り続けていた最中にこの新居への移転を決め、公演が終わると共に見事な断捨離を決行しつつ引っ越しを敢行。一体どこからそんなエネルギーが涌いてきたのか、不思議になります。

それほど汚い環境に意識下で辟易し切っていたのかもしれません。

この数年、ボイコットしていた自炊も復活しつつあります。

数日前、得意の天ぷらを揚げました。
a0052916_02482509.jpg

二週間前には以前一度取り寄せたことのある静岡の農場から再び新鮮地のもの野菜詰め合わせを取り寄せました。
a0052916_02312259.jpg


Die-co★の友人のホームパーティーにお呼ばれしこの世のものとは思えない美味しいバターを頂きました。
a0052916_02342366.jpg


起動するまでに10分もかかるポンコツのパソコンを処分し、中古ではあるけれど状態の良いパソコンを購入した序でに、これまたポンコツだった先代iPod miniを処分し40,000曲も貯蔵できるiPod classicという既に生産中止となっている品物をメルカリで買う、という少々頭のオカシイことをしています。
a0052916_02491028.jpg
ベランダには観葉植物が並び、整頓された部屋ではなんと大の字で寝転ぶことが出来ます。と書くことがまず異常ですよね(^^;
a0052916_02500626.jpg

寝転ぶことは勿論歩くことすらままならない部屋だったのですから…

旧居の写真をお見せできないのが歯痒いですが、それよりも今の生活が快適過ぎるので何も不満はありません。

明日も綺麗な新居で放り込まれた音をiPodに詰め込んでレッスンに向かいます。音自体は何も変わりませんが、気持ちが晴れ晴れとしているのできっと皆さんに届く周波数には歴然とした差があるはずです。だって、毎回皆さんがマラソン完走したかのようなお顔でスタジオを後にされるのですもの。

by reijiro_kaneko | 2018-08-04 02:03

8月のstudio CASTは

8月のstudio CASTのレッスンは8/15(水)がお休みとなります。ご了承下さい。

8月のコンテンポラリー・クラスはこちらの曲で久しぶりに長めの振付に挑戦して頂きます。

聴いて『あらっ?』と思った方もいらっしゃるかもしれません。先日の公演で金子演じるアホ息子がソロを踊った曲です。実はこの曲、2バージョンございまして、Calum Scott本人のソロ・バージョンとLeona Lewisとのデュエット・バージョンがあるのです。今月はそのデュエット・バージョンにて割りと感情的な表現をして頂こうかな、と考えております。

a0052916_16240908.jpeg

先月末の8ppy.さくらさんのワークショップでも好評でしたので自信を持ってお届けいたします。



by reijiro_kaneko | 2018-08-03 15:36



ダンサー兼インストラクター『金子礼二郎』が気ままに呟いています。
カテゴリ
タグ
最新のコメント
うーん、怪我ですか。心配..
by Annie at 14:33
yukiさん ほん..
by reijiro_kaneko at 12:10
慣れです、慣れ。 がんば..
by yuki at 11:49
ハニョポンタさん ..
by reijiro_kaneko at 22:59
昨夜アバターを観てきまし..
by ハニョポンタ at 13:29
ふぁるさん 初めま..
by reijiro_kaneko at 12:41
初めましてです。 私も..
by ふぁる at 02:15
ひさえさん おー!..
by reijiro_kaneko at 23:54
H先生、以前カザミアで受..
by ひさえ at 15:03
美保子さん とても..
by reijiro_kaneko at 11:23
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧