人気ブログランキング |

【礼二郎のつぶやき】

<   2018年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

亥年に向けて

2018年も残すところあと二日、となりました。

今年は戌年だったのだなぁと年末になって気付く有り様(笑)

そういえば『戌』という字を書くけど、戌年ってどんななの?とふと疑問に思って調べてみました。

すると、『戌』はもともと『滅』と表記され草木などが枯れる様を表していたけれど当て字として『戌』が使われるようになったのだとか。

そして、『戌』はお産が軽いので安産祈願は戌の日を吉日として祈念される云々を知り、道理で多産の一年になったのか…と妙に納得。

ちなみに来年の干支『亥』はもともと『閡({門<亥})』と書かれ、草木の生命力が種の中に閉じ込められている状態を表しているのだそうです。

猪突猛進、というぐらいですから亥年はグイグイゴウゴウ更に邁進なんだろうなぁと思っていたのに、何故か年末になって古き良きスタイルの振付家に心を奪われることが続き、ゴウゴウ邁進も良いけどキチンと基礎を大切に積み上げる美学を世に問いたいと思い始め、やたら量産することよりも一つ一つの作品に真摯に向かい合いたいと思うに至りました。

そんなキッカケとなった二人の振付家をご紹介します。

まずはMark Meismer氏。
a0052916_08081449.jpeg
Instagramで彼が発信してくる動画はどれも新体操上がりの身体能力抜群な超絶技巧のダンサー達ばかり。

御本人はおなかがポッチャリした人の好いおじちゃま。しかし、指導は熱血型。ダンサーの至近距離で発破をかける姿は最初こそ笑ってしまいましたが何度も観ているとその的確なタイミングと愛情深い在り方に次第に感動するようになってきました。


この動画を観て、彼が決してグニャグニャグルグルグルグルな人間離れしたダンサーだけを育てている訳ではないと気付きました。

冒頭の彼女は勿論素晴らしいのですが、2本目のブラックの彼は柔軟性やプロポーションこそ1本目の彼女には劣りますが、彼の本来の持ち味である力強く情熱的な表現力は同じ振付ながら存分に発揮されています。Mark氏はそれらを正しく尊重しているのです。

Markさんとは完璧に対照的ではありますが、Al Blackstone氏という御方もご紹介してみましょう。
a0052916_08083301.jpeg
YouTubeの関連動画として流れてきたこちらの映像を観てすっかりファンになりました。
a0052916_08090418.jpeg

彼の他の作品も徹底的に観てみましたが、どれもTheater Jazzを丁寧に踏襲し、色っぽくどこかコミカルで人間愛に溢れた作品ばかり。

SYTYCDというオーディション番組でも幾つも小作品を提供していて、流行りの暴力的かつ機械的なムーブメントや疎外感とは一線を画したオールドスタイルな観ていてホッとする作風を貫いています。中でもこちらの天才少年ダンサーJT ChurchをフィーチャーしたMr.Bojanglesは秀逸です。

僕としては珍しくどちらもアメリカの振り付け師に今回は惹かれています。『アメリカ人という人種はどいつもこいつも雑で大味で派手で力任せで大嫌いだ』という先入観を頑固に持ち続けてきましたが、それを実に軽く打ち砕いてくれたお二人に感謝です。

まだ見ぬ可能性を秘めた種の年である2019年、先入観も捨て去りパーソナルトレーニングでどんどん変わっていく身体を愛でつつ、Olmpic Yearの2020年に何らかの形で花開く結果を出せるように猪突猛進はひとまず置いておいて丹精に丁寧に在りたい、そんな抱負を抱くに至りました。

今年よりも更に手厳しいことを散々口にするかと思いますが、それもこれもダンスをこよなく愛する皆さんが表面的にチャラチャラ踊って満足を得るのではなく例え綺麗に踊れなくても言われたことに真摯に向かい合って下さったら必ず良い結果が出るように導きたいという僕の心の底からの願い故のことなので、どうぞご容赦ください。

2018年は本当に沢山の皆様に支えられて充実極まりない一年となりました。有り難う御座いました。

2019年はその恩返しの一年とさせて頂きたいと思います。
a0052916_08084665.jpeg

by reijiro_kaneko | 2018-12-30 07:12

使い分けるセンス

今日の名言は『バリエーションを沢山持っていればその日のコンディションによって使い分けできます』

本日のパーソナルトレーニングはまたまた新しい種目を与えられました。それもひとつではなく数種類。

ハッキリ言って覚えられません。

以前教えて頂いたベースの形の発展形もあれば、まるで新しいものも幾つか。

その全てが決められたセット数をこなすと如実に身体が変わるのです。

しかし、問題はどれとどれを組み合わせると効果が出るのか、その順番が覚えきれない、ということです。

それをポロッと訴えたら冒頭の言葉が返ってきました。

『いいんですよ。きっちり全部順番通りにやらなくても。やってるうちに自分の身体でどれが相応しいか分かるようになってきますから。』

B型にとっては本当に有り難い励みになる言葉です。出来ることなら労少なくして最大の効果を出したい性格ですから、『自分で要領よくやりなさい』なんて都合が良すぎます(笑)

でも、結局彼の指南してくれていることは全てそういうことなのです。

そもそも応用力や想像力、そして与えられたものをこなすのではなく如何にベストなものを選んでいくかのセンスが備わっていないと、折角の素晴らしいメソッドも意味の無いものになってしまいます。

同じようなことは僕自身も常に考えています。

レッスンを受講して下さる皆様はそれぞれ身体の構造や考え方が似ているところもありますが、それを遥かに凌ぐ相違点だらけ。違って当たり前の心と身体を一つのメソッドで縛り付けてしまっては、折角育つチャンスがある芽を摘んでしまうようなもの。

このスクスクと伸びる可能性がある芽を如何に健やかに伸ばすことが出来るか、その一点に僕の指導の目標は絞られると言っても過言ではありません。

a0052916_19395262.png


そんな話をパーソナルトレーナーの彼とシェアした訳でもないのに、サラリと冒頭の言葉を掛けられたらジーンとしない筈がありません。

なのにジーンとなんてしてられないキツい種目の応酬。ちょっとは浸らせてよぅ…と思いつつも60分しかない貴重な時間を無駄には出来ませんので顔真っ赤にして頑張り続けました。

はい、今日も全身整いました。

そして、既に筋肉痛がジワジワと訪れています。明日が怖いです。


by reijiro_kaneko | 2018-12-27 19:37

Merry Christmas

素敵なクリスマスイヴになりますように☆



by reijiro_kaneko | 2018-12-24 09:16

期間限定クリスマスコレオ

期間限定でクリスマス振り付けにします。
a0052916_23324781.jpeg
明日の新百合ヶ丘店・久喜店、そして24日クリスマスイヴの久喜店本番と3回のみの振り付けです。本番のイベントには参加できないけど是非楽しく踊りたい!という方々、お越しくださいませ。

眉間に皺寄せて切なく踊る辛気臭い振り付けはもうおしまいです。心の底から楽しくノビノビと踊りましょう。

なお、12/27の五反田店以降の振り付けは来年1月からの振り付けを前倒しして『明けましておめでとう振り付け』にしてしまいます。こちらもオーソドックスなオールドジャズスタイルで楽しくカッコ良くをモットーに参りますので、年の瀬ではありますがお時間のある皆様、気持ち良く身体を使って明るい年越しにしましょう!




by reijiro_kaneko | 2018-12-20 23:23

無垢と無関心

DVD鑑賞会をキッカケに様々な想いが湧き上がり、たまにはちょっと真っ直ぐな自分の想いを書き記してみようかと考えました。

『Plaisir Coupable』は登場人物達の思惑が絶えず交錯し絡まり合いまるで蔦が壁を覆い尽くすようにハイライトである主人の死へと繋がっていきます。

財産目当てで自分の命を狙っていることに気付きながらも深い愛情を注いできた妾三姉妹を屋敷に呼び寄せる主人の唯一の心配は残される息子のこと。

誰の心にも見えない『良心』が主人の危機を察して主人の忠実な下僕である庭師を誘導し企みを阻止しようとしますが、それも徒労に終わり打ちひしがれた庭師は心を病んでしまいます。

妾三姉妹に唆され主人に毒を盛った運転手も三姉妹に邪険にされ人間不信に陥り同じく精神病を患ってしまいます。

一方で、妾三姉妹は全てを手に入れ優雅に屋敷を去っていくまさにその瞬間に『良心』の存在に気づき蒼白になります。

屋敷のメイド達は好奇心で事の成り行きを終始覗き見しては噂話に余念が無く主人の命が危ない時でさえ富と権力を持った男性に勝利した三姉妹を称賛します。

しかし、この作品には心が全く動かない二人の登場人物がいました。

それは、執事と息子。

執事は全てを掌握していながら全く何もせず傍観するのみ。かたや、息子は父の死ですら認識出来ない重度の知的障害。

この『無関心』と『無垢』の二つの『無』に支配された物語の中で『良心』だけが慌てふためき声を限りに叫び続けるが誰の耳にも届かない…

なんという非情な世界なのでしょう。

このシナリオを書き上げた時に僕は本当にゾッとしました。どうしてここまで辛い内容の作品を人様に見せようとしているのか。

それはやはり己の中で中途半端にしてきた事への懺悔の気持ちからでしかなかったのです。

『世の中で一番悪いことは罪を犯した人間よりもそれを見て見ぬふりをした無関心な人間である。』

『健常者と言われる人間が果たして本当に優れているのか。もしかして世の中は全て反対で、障害を持っている人間の見ている世界の方が本当は優れているのではないのか。』

この二つの命題は人生の大切な時期に何度も深く考えさせられていながら、日常生活に埋没していくと忘れ去ってしまっていました。

無関心を平野亙さんに演じて貰うことは、ご本人がそれを嬉々として受け入れてくれたのもあって何の抵抗もありませんでした。

しかし、無垢を自分が演じることには幾ばくかの不安がありました。演出をしなければならない身でそんなあまりにも重要な役回りを自分が担うのは如何なものかと。

しかし、若かりし日々に高い評価を得たバカ息子役をこの最期の長編作品でもう一度やらせて貰う我が儘を貫くぐらいのことは赦されるかもしれない、そう思えたのはやはり出演者の皆さんの懐の深さ故、でした。

本番を観て下さったある方が仰って下さいました。

『貴方の演じた息子のピュアでイノセントな在り方に思い出してもまだ涙が止まらなくなります』

最高の賛辞です。

物語の骨格はあくまでも美しい三姉妹と死にゆく主人、そして心を痛める良心、という構図ですからそこに注目して下されば僕は満足なのです。

でも、お客様の中でこんなポケーッとしているバカ息子に視線を注ぎ涙を流すほど共感して下さった方が一人でも居たら、それはまさに僕の長編作品でのダンサーとしての引退への餞に相応しいことでした。

ただ、表現者としての在り方ではなくダンスの見た目としての美しさという点ではあんな幕引きでは納得できない!と野次を飛ばされる方々が多かったこともあり、ダンサーとしての引退は先日の『四大元素』にて僕の長年追究してきた『流麗・清廉・官能・重厚』の四大要素の総括としてお見せするつもりで臨みました。

今となってはどれがどんな風であったかなどどうでもいいというのが正直な心境です。演者として評価されることよりも僕は作家として指導者として評価されることの方が比較にならないぐらい嬉しいので。

うーん、それも文章にしてみたら違う気がしてきました。

評価自体に無関心、なのかもしれません(笑)
a0052916_21434083.jpg


by reijiro_kaneko | 2018-12-17 21:41

『Plaisir Coupable』鑑賞会

昨日は上演から半年経ってのようやくの出演者のみでのDVD鑑賞会でした。

a0052916_11460560.jpg


半年も経ってしまっているので、皆さんすっかり他人事。食い入るように画面に見入っていて、シーン毎の合間の暗転中にホウッと溜め息をついたり唸ったり泣いたり笑ったり、挙げ句の果てに『すごいねぇ』感嘆の声を漏らすという
完全に一般のお客様なご様子。

でも、そういう彼等だからこそ僕が出演をお願いするに至った訳ですし、作品を委ねられたのです。

舞台人としての最低限の義務や計算は持ちつつも、屁理屈を捏ねず無駄な自己顕示欲を抑え、無心で作品のために尽くす。

きっと、本番直後にお客様から色々な言葉を掛けて頂いても本人達は何とも答えられなかったことと思います。

だって、自身の目で客観的に作品全体を見渡せていなかったのですから。それこそ全員が不安で仕方なかっただろうと察します。しかし、作者の僕を信じて心と身体を預けて下さった結果、あんな凄いものが出来上がってしまいました。

DVDで観ても相当凄いのですからこれをライヴでご覧になった皆様はどうお感じになったのでしょうか…皆さんの脳に入れるものなら入って全てを感じ取りたい気持ちで一杯です。

出演者全員のそれぞれの役割に対する理解と探求心から成る圧倒的な存在感、世界観にあくまでもソッと寄り添いそこはかとないエロティシズムを漂わせる絶妙な照明、出演者もお客様も気付かぬように繊細且つ大胆に心を揺さぶる音響、微妙な心理戦がテーマであることを本能的に察知して構築してくれた衣装のグラデーション、そして全てを舞台裏で愛情豊かに見守ってくれていた舞台監督。

全ての絶妙なバランスの上に成立していた脆く崩れそうなのに頑強に揺るがない世界観が、実はあることによって完璧に仕立てられていたのです。

それは、メイドが扱っていたハンガーラック。

稽古の殆んどをラックの幅のタオルを二人で引っ張った状態でこなしていて、本番仕様の布をきちんと張った状態で練習できたのは本番数日前の一回のみ。それも他の演者が居ないシチュエーション、且つ抜き稽古だった訳ですからよくぞ本番四回を完璧にこなせたものだと心底驚いています。

こなす、という表現は相応しくありません。こなすどころか彼女達はラックと一体化し、まるでラックに自らの意志があるかのように滑るように動き続けそれぞれのシーンを際立たせていたのです。

裏話を彼女達から聞くと相当大変だったようです。全ての順番を正確に把握しているメンバーは一人も居らず、絶えず声を掛け合って気持ちを合わせて動かしていたそうです。

彼女達10人のメイドの人選はこれまた本能的なものでした。長きに渡り尽力してくれているメンバーもいれば、知り合って数ヶ月のメンバーも居ました。しかし、『この10人ならいける!』と微塵の不安も持っていませんでした。思い返せばかなり早い時点で彼女達はチームとしての団結力を表していました。全員がフワフワとしていてリーダー不在の強固な団結力。そんなナンセンスな奇跡が起こっていたからこそ、僕も安心して全体の演出に没頭出来ました。

そんな彼女達なのに、昨日はすっかりいつも通りの天真爛漫な在り方。画面を子供のような顔で見つめながら『すごいねぇ、素敵だねぇ』を連発する彼女達に、『いや、それ、貴女達が成し得たことだから』とツッコミたくなる気持ちをグッと抑えて穏やかな気持ちで見守っていました。


DVDの販売予約は12/15(土)にて終了してしまいましたので、本番を見逃しDVDご予約もタイミングを逸してしまった皆様、いつかどこかでまたお目にかかる日をお楽しみに!


by reijiro_kaneko | 2018-12-17 11:43

出来ない幸せ

何故か物好きな皆様が僕のパーソナルトレーニング報告を楽しみにされているらしいのでまた昨日のトレーニングの様子をご報告いたします。

毎度のことですが、激務の水曜日の翌木曜日は身体が悲鳴をあげています。昨日はレッスンが始まる前から頭痛に悩まされ、レッスン後も軽減されるどころか酷くなってしまい、トレーニングが始まるまでになんとか治めたいとあれやこれや試してみましたが徒労に終わりズキズキする頭でトレーニングスタート。

『こんにちは。では始めましょう。体調どうですか?』
『頭痛がありますが、トレーニングすれば大抵解決するので大丈夫です。』
『そうですか。運動すれば頭痛は治りますから。』
『ええと、今レッスンをしてきましたが…』
『あれは運動ではないです。どちらかと言うと事務作業です。身体より頭使ってるので頭痛は治りません。』
『…』

15:50時点でのやりとりです。
衝撃的でした。確かに教えの場合はのべつまくなし動いている訳でもないし、左右を均等に使っていない・見本を見せる時もフルアウト(全力)で踊っている訳でもない、という実感はありつつも、運動になっているのかと聞かれたら自信を持って運動していますと答える用意がありました。

しかし、彼の一言でレッスン後に度々訪れる不調の原因が明確に分かったのです。

そう、教えている時は身体よりも頭脳を酷使しているので頭痛が起こりやすくなるのです。なんのトラブルもなくスムーズに進行し皆さんがノビノビと気持ち良さそうに踊っている姿を観ていてつい乗せられて自分も心地好く踊ってしまうことがたまにありますが、そんな時は全く頭痛は起こりません。逆に不馴れな方々が多かったり注意をする箇所を入念に考えておいたにも関わらず何らかの理由でそれが皆さんに届かず、どう伝えればすんなりと受け入れて貰えるだろうかと必死で考えてしまったりした時には必ずと言っていいほど頭痛が起こります。

今まではこの頭痛は電解質バランスの不具合や脱水症状から来るものだと思い込んでいましたが、どうやらそれだけではなさそうです。

とは言え、頭を使わずにレッスンし杓子定規な事をロボットが喋るように連呼し結果受講者が怪我人だらけになり怪我を回避出来たとしてもクソ面白くないありきたりな身体の使い方で踊るブロイラー集団を作るぐらいなら死んだ方がマシなので、今後も三回に一回ぐらいの割合で激しい頭痛に悩まされることが予想されますがそれで良いと思っています。頭痛の理由が判明したことで僕はすっかり晴れやかなのです。

そんな訳で昨日は開始早々、先制特大ホームランを打たれたルーキー投手のような敗北感を味わいましたので、その後のトレーニングは傲りや思い込みやプライドなどというものから完全に解放されて楽しくて仕方がないトレーニングとなりました。

そんなに楽しかったらさぞ色んな事が上手に出来たのでしょう?と思われますか?

いえいえ、それが本当に酷い有り様だったのです。

何をやっても運動神経0のド素人状態。出来る事が増えているのでトレーナーがハードルを上げてくれたとは言え、運動の端くれを教える身としては完全に落第点。

なのに、ですよ。楽しいんです。無様な自分を憐れんでいる暇など無く、出来ない事が目の前にうず高く積まれていくことが楽しくて仕方がないのです。

特に楽しかったのがこれ。
a0052916_15540447.jpeg
何が楽しかったかは皆さんの妄想にお任せします(笑)


by reijiro_kaneko | 2018-12-14 15:51

12/24 ティップネス久喜店 イベントについて

12/24 ティップネス久喜店のイベントについてご説明差し上げます。

a0052916_18404438.png

このようなスケジュールになっておりまして、『やさしいジャズダンス45』にて踊って頂くクリスマスソングでの振付を、その後に予定されております『お客様発表会』(16:15~17:15)にて踊りたい!という皆さんのためになんと振付練習クラスが設けられています。

『やさしいジャズダンス』で覚えて頂いたワンフレーズ(8×8)だけでなくショーとして成立させるためにもう少し演出を施し、なんとか突貫工事でフレッシュなまま発表、というかなりスリリングな段取りになりますが、日頃のレッスンの成果を存分に発揮して頂けるよう僕も精一杯手を尽くしますので、どうぞ皆さん奮ってご参加くださいね。

なお、使用曲はこちらになります。

『Pentatonix / Sleigh Ride』
a0052916_18500347.jpg

by reijiro_kaneko | 2018-12-10 18:36

叔父との共通点

昨日は入院中の叔母の見舞いに行って来ました。父の秋の展覧会には必ず毎年三人の従兄弟家族も引き連れて顔を見せてくれ、僕の舞台にも頻繁に足を運んでくれ、何かというと従兄弟の一人と僕がよく似ていると嬉しそうに言ってくれる叔母が大きな手術を受けたと聞いてから気もそぞろでしたがなかなか日程が合わず数週間が経ってしまっていました。

昨日は生憎の天気にも関わらず母と叔父夫婦も急遽来れることになり、四人で賑やかに病室を訪れました。

持参したTAKANOのプリン・アラモードは『プリンしか喉を通らない』と言う叔母のために見た目が少しでも楽しくなるようにとただのプリンではなくフルーツや生クリームが色々乗っているものをチョイス。肝心の叔母は昼食を終えたばかりでお腹が減っていないらしいので、見舞い客四人で美味しい!を連発しながら完食。それもなんだかなぁ…と思いつつも、その後も兄弟間の思い出話に花が咲き随分と賑やかな病室に。笑うのも辛そうな叔母の様子を見ながら、彼女のことなんて関係なく大笑いしている姉と弟、そして底抜けに明るい弟のお嫁さんを見ていたら、『あぁ、これで良いんだ』と納得。もともと、辛気臭いのが苦手な叔母ですからああじゃなきゃ『早く治して帰らなきゃ!』という気にならないと思うんです。それでなくても病院というところは気が滅入りますものね。

担当の執刀医もリハビリ担当の理学療法師も看護師さん達も皆さんどこかテキトーであっけらかんとしていて、とても安心しました。年内にもう一度お見舞いに行けたらいいなぁ。

話はズレまして。

昨日来ていた音楽家の叔父と以前からウマが合うことは実感していたのですが、気持ち悪いほど色んなことが合致していて二人で大笑いしたその内容を幾つか記して今日はおしまいにします。

①なんでも自分で全部やらないと気が済まない
②普段は穏やかだけど偉そうにしている人に喧嘩を吹っ掛けられると受けて立ってしまう
③思考体系が点でも線でもなく面である
④半端なくシニカルな考え方の持ち主である
⑤それでいて一度信用すれば一生変わらない
⑥芸術を愛してはいるが溺れることはなくどちらかと言うと芸術が死に絶えてしまったらそれはそれで仕方ないと諦めている
⑦独りでは生きていけないのに独りの時間が無いとこれまた生きていけない

写真はTAKANOのショーケース。こちらより高級でデザイン性も高いお店は沢山ありますが、僕はこちらのお店の商品を見ると何だかホッとしますし、素直に美味しそうだなと思うのです。
a0052916_15453362.jpg


by reijiro_kaneko | 2018-12-07 15:41



ダンサー兼インストラクター『金子礼二郎』が気ままに呟いています。
カテゴリ
タグ
最新のコメント
うーん、怪我ですか。心配..
by Annie at 14:33
yukiさん ほん..
by reijiro_kaneko at 12:10
慣れです、慣れ。 がんば..
by yuki at 11:49
ハニョポンタさん ..
by reijiro_kaneko at 22:59
昨夜アバターを観てきまし..
by ハニョポンタ at 13:29
ふぁるさん 初めま..
by reijiro_kaneko at 12:41
初めましてです。 私も..
by ふぁる at 02:15
ひさえさん おー!..
by reijiro_kaneko at 23:54
H先生、以前カザミアで受..
by ひさえ at 15:03
美保子さん とても..
by reijiro_kaneko at 11:23
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
フォロー中のブログ
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧